Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    ミリオンダラー・ベイビー / Million Dollar Baby
    ● ミリオンダラー・ベイビー / Million Dollar Baby [アメリカ / 2004年 / PG-12]

    b0055200_0124693.jpg美しい語り口と哀歓の描き方。クリント・イーストウッドの持ち味が十二分に発揮された、濃厚なヒューマン・ドラマ。アカデミー賞4部門にて最優秀賞に選ばれたものの、賛否両論を生む理由がある。万人には勧めにくいものの、重要な議題を与えてくれる一作であった。



    監督と「フランキー・ダン」役には、「ルーキー」「ミスティック・リバー」のクリント・イーストウッド。「マギー・フィッツジェラルド」役には、「ボーイズ・ドント・クライ」のヒラリー・スワンク。「エディ・"スクラップ・アイアン"・デュプリス」役には、「ショーシャンクの空に」のモーガン・フリーマン。「デンジャー・バーチ」役には、「あの頃ペニー・レインと」のジェイ・バルチェル。「ショーレル・ベリー」役には、「セレブの種」のアンソニー・マッキー。「ビッグ・ウィリー」役には、マイク・コルター。

    "Beyond his silence, there is a past. Beyond her dreams, there is a feeling.
     Beyond hope, there is a memory. Beyond their journey, there is a love. "
    「フランキー・ダン」は、ロサンゼルスにある古びた小さなボクシング・ジムを経営している。かつては優秀なカットマン(止血係)であった彼の指導方針は、ビッグ・タイトル獲得を焦らず、慎重かつ保守的であるため、才能に溢れる若きボクサーは皆、彼の元を去ってしまう。実娘「ケイティ」とも連絡が付かず、「フランキー」は孤独な日々を送った。31歳の女性「マギー」がこのジムに押しかけてきたのは、「フランキー」が手塩にかけて育てた「ビッグ・ウィリー」が彼に別れを告げた頃だった。不遇の人生を歩んできた「マギー」は、自身のボクシングの才能に望みを託している。そんな彼女に「フランキー」は見向きもせず、女性ボクサーは取らない、という台詞を繰り返すばかりだ。「マギー」はそれでも折れず、毎日のようにジムへと脚を運ぶ。そんな彼女の姿を見守っていた「フランキー」の親友であり、ジムの雑用係である元ボクサー「エディ」は、「マギー」の将来性を感じ、「フランキー」を説得にかかるのであった…。


      2003年の「ミスティック・リバー」と同様、監督と音楽を兼務し、「フランキー・ダン」役にて主演にも挑んだクリント・イーストウッドの意欲作。2004年に開催された第77回アカデミー賞では7部門のノミネートを受けた。不遇にも、この授賞式では11部門のノミネートを受けたマーティン・スコセッシの「アビエイター」と角を突き合わせる格好となったが、作品賞、主演女優賞、助演男優賞、監督賞と主要4部門でオスカー像を勝ち取った。意外にも、助演男優賞ノミネートでは常連のモーガン・フリーマンは、この作品で初めて最優秀賞を獲得している。

      感情表現や人間関係に滅法不器用な「フランキー」は、人を思い遣る深い心があるにも関わらず、それが上手く相手に伝わらない。どれだけ大切にボクサーを育てても、皆、彼の真意を量りかね、我慢を強いられていると思い込み、去っていってしまう。それは実の娘の「ケイティ」も同じだ。「マギー」を巡る人生は不遇の極みであった。貧しい家庭に育ち、自分を唯一可愛がってくれた父親の死後は、強欲非道な母親や兄弟に囲まれて育った。彼女はそんな家族に対しても愛情を抱え、幼少からウェイトレスで生計を立て、自分の存在意義をボクシングに見出してきた。私は、哀歓を語らせれば、クリント・イーストウッドの右に並ぶ監督はそういないと思っているが、本作では「フランキー」と「マギー」の少し性格の異なる"孤独"が、互いの出会いを以って、光を差し込んでいく語り口が最高に美しいと思った。

      慎重で保守的な「フランキー」と、ハングリーで好戦的な「マギー」という対極の人間が"孤独"という唯一の共通点によって理解を深め、相手を尊重していく。互いの頑固な信念がぶつかりあっている内はヒヤヒヤとするが、それを上手く噛み合わせていくのが「エディ」だ。もちつもたれつ3人の人間が絡み合いながら、ある意味では「マギー」が強引に「フランキー」と「エディ」を牽引しながら、物語は輝かしい予感を振り撒き、また微笑ましく展開していく。もうこのまま光を観て作品がエピローグを向かえてもいい。そう思えるほど、寡黙でありながら、彼らの人格や彼らの抱える"孤独"がありありと映像に表れているのだ。

      しかしながら、伝統ある栄誉を与えられ、こうした非常に精巧なヒューマン・ドラマを讃えていながらも、本作には賛否両論が尽きない。その理由は、作品の核心に触るものであるために言及を避けるが、倫理学上では注意深く語られるべきであるテーマを、あまりに唐突かつ大胆に表現してしまっているからだ。それなりに予兆はあるものの、絶望が一気に噴出する。ある者が口にすること、ある者がとった行動、例えば自分が「フランキー」だったら、「エディ」だったら、「マギー」だったら、思わず深慮に耽ってしまうような憂鬱がある。私は、誰の考えも、誰の行動も、何が間違っていて何が正しいかを語ることができない。それは、自分の人生の中で、彼らのいづれの立場にも置かれたことがないためだろうか。きっと、あの"レモンパイ"の味は、当人にしか分からない。

      観る者の経験、生き方によって、本作が語るメッセージの解釈や心象は異なるかもしれず、敢えて万人に勧めることのできる作品ではないと言っておきたい。とはいえ、手抜きのない、丁寧で繊細なヒューマン・ドラマを体感でき、クリント・イーストウッドの持ち味が十二分に発揮されているといえよう。語り口も美しい。自身が本作に登場するいづれかの立場に置かれたとき、何を考え、どう行動するだろうか。心に重いが、重要な議題を与えてくれる作品だ。

    ● 製作代表 : Warner Bros. Pictures
    ● 日本配給 : MOVIE-EYE/松竹
    ● 世界公開 : 2004年12月15日 - アメリカ
    ● 日本公開 : 2005年05月28日
    [PR]
    by movis | 2009-01-27 00:21 | ドラマ