Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    ゆれる
    ● ゆれる [日本 / 2006年]

    b0055200_0463756.jpg出口がない、絶望的で憂鬱な作品であった。描かれる人物の心的葛藤を前に、観る側の心も揺さぶられてしまう。"羅生門スタイル"という手法の選択にテーマが隠れているようにも思える。他人が何を考え、想うのか。そこに完全な理解は存在するのであろうか。



    監督は、「蛇イチゴ」の西川美和。「早川猛」役には、オダギリジョー。「早川稔」役には、香川照之。「早川勇」役には、伊武雅刀。「川端智恵子」役には、真木よう子。「岡島洋平」役には、新井浩文。「早川修」役には、蟹江敬三。「丸尾明人」役には、木村祐一。

    "あの橋を渡るまでは、兄弟でした。"
    母親の一周忌であるにも関わらず、写真家「早川猛」の表情に悲壮感は見られなかった。道中、父親である「勇」と実兄である「稔」が経営するガソリンスタンドに立ち寄った「猛」は、そこで働く一人の女性に目を留めた。声をかけるキッカケが見つからず、ふてぶてしく古びたエンジンを始動させる「猛」。その女性もドアを叩こうと拳をつくったが、空に上げたままだった。「稔」は、後片付けを進めながら「猛」と思い出話に華を咲かせた。幼馴染の「智恵子」がスタンドを手伝ってくれている、と報告する「稔」は、かつて母親に連れられた渓谷に3人で出掛けようと提案して…。


      カタルシスが得られず、救いのない、ある意味では重厚な作品であった。これは完全に意図されたもの。解釈を観る側に丸投げしてしまう、という西川美和の意地が悪く、大胆な演出である。

      唯我独尊を貫きながらもどこか満たされない「猛」に、実直であるが人間関係に不器用な「稔」を演じた、オダギリジョーと香川照之の演技力が抜群に映えている。それぞれの強い個性を薄めることなく、至極ニュートラルに、人間らしく「早川」兄弟を表現した。セリフの一言一句にまで頑固が表れる「勇」を演じた伊武雅刀や、虚無に打ちひしがれ淡々と生きる女性「智恵子」を演じた真木よう子など、助演陣の表現も巧い。人間の、延いては日本人独特の、閉鎖的であり、乖離的な心理が優秀に映像化されている。

      作品はこうした演者の力を得て、小規模でありながらも、ひとつの出来事を複数の視点で見せて理解を乱す"羅生門スタイル"で進行していく。物語が従えたサスペンスを、この手法で描いた点が良かった。他人が一体、何を考え、想うのか。その完全なる理解は不可能である。人はそれを知っている。知っているが、理解を求めるし、理解を試みる。場所や思い出などの共通認識を以って、自分自身を確認し、安心を得る。こうした心的葛藤を包み隠さずに主張するので、作品は絶望的でメランコリックだ。そして、観る側の精神もまた"ゆれる"のである。

    ● 製作 : TVMAN UNION
    ● 配給 : シネカノン
    ● 公開 : 2006年5月24日 - フランス(カンヌ国際映画祭)
    [PR]
    by movis | 2008-03-06 00:52 | 邦画