Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    奇跡のシンフォニー / AUGUST RUSH
    ● 奇跡のシンフォニー / AUGUST RUSH [アメリカ / 2007年]

    b0055200_1471725.jpgこれはいい。最高だ。終始、スクリーンから流れるクラシック、ロック、ゴスペル、ジャンルを問わない多種多様の音楽。音楽のもつ力を、納得できるほど力強い楽曲と表現力を備えている。心で感じる、という言葉が相応しい珠玉の音楽映画だ。疲れが癒された…。



    監督は、カーステン・シェリダン。「エヴァン・テイラー/オーガスト・ラッシュ」役には、「ネバーランド」「スパイダーウィックの謎」のフレディ・ハイモア。「ライラ・ノヴァチェク」役には、「ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた」のケリー・ラッセル。「ルイス・コネリー」役には、「ベルベット・ゴールドマイン」のジョナサン・リス=マイヤーズ。「リチャード・ジェフリーズ」役には、「Ray レイ」のテレンス・ハワード。「マックスウェル・"ウィザード"・ウォラス」役には、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のロビン・ウィリアムズ。「トマス・ノヴァチェク」役には、ウィリアム・サドラー。「アーサー」役には、レオン・トマス三世。「ホープ」役には、ジャマイア・シモーヌ・ナッシュ。

    "An incredible journey moving at the speed of sound"
    ニューヨーク州児童福祉局員「リチャード・ジェフリーズ」が、養護施設にどれくらいいるのか、と尋ねると「エヴァン」は11年と16日だと答えた。生まれつき鋭い音感をもつ「エヴァン」は、日常のあらゆる音が旋律として結びついて聴こえた。施設の仲間からは変な奴だといじめを受けたが、「エヴァン」は音楽こそが、未だ見ぬ両親の元へと導いてくれるのだと信じてやまなかった。彼の耳に流れる音楽の源流は11年前まで遡る。それは綺麗な満月が浮かぶ夜だった…。


      監督のカーステン・シェリダンは、「マイ・レフトフット」「父の祈りを」を築いた巨匠ジム・シェリダンを父に持つ。彼女は父親の監督作「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」で脚本を担当し、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞のノミネートを受けている。本作は、日本での公開作品としては、彼女の初の監督作品である。好調フレディ・ハイモアを主演に迎え、「M:i:III」で顔を合わせているケリー・ラッセルとジョナサン・リス=マイヤーズ、「ハンティング・パーティ」ではリチャード・ギアと共演したテレンス・ハワードなど、フレッシュな面々が脇を固めている。

      本作の特徴は、音楽にある。クラシック、ロック、ゴスペルと、多種多様の音楽がひっきりなしに流れている。音楽のないシーンを見つけるほうが難しい。そもそもが本作は40曲以上の楽曲をフューチャーしているのだ。"音楽映画"と称しても違和感がないほどに、作品がメロディアスな仕上がりになっている。本作は、映像化よりも先に音楽を完成させるという独創的なアプローチを以って製作されたようだが、重圧的なプレッシャーを耐え抜いて、作品を"音楽映画"という方向性へと導いたのは、ブロードウェイ・ミュージカル「ライオン・キング」で一部楽曲の作曲、編曲を担当したマーク・マンシーナの実力だ。スラッピングが印象的な"Bari Improv"や"Dueling Guitars"などの楽曲が至極心地よい。

      マーク・マンシーナのみならず、ジェフリー・ポラック、ジュリア・マイケルズ、アナスターシャ・ブラウンといったアドバイザーが参加していること、ジョン・レジェンドやデヴィッド・クロスビーなどのアーティストが協力していること、ギターや指揮を勉強したフレディ・ハイモアと、本作で初めてチェロに触れたケリー・ラッセルなど、音楽に関しては話題が尽きないのであるが、ジョナサン・リス=マイヤーズの歌声はとりわけ驚愕するほどに美しかった。自分自身、悲壮感を得ているとき、テンションを上げたい時に音楽に頼り、音楽には感情をコントロールできる力があると信じてやまないのだが、本作はそんな音楽の力を語るに相応な楽曲と表現力を備えている。喜怒哀楽をメロディーで表現しながら、勢いのある演者の演技が加味されるので、文句のつけようもない。物語の中には、ニューヨーク市にある名門ジュリアード音楽院が登場する。実は、ロビン・ウィリアムズはこの大学の演劇部を卒業している。若手俳優がひしめく本作にあって、クセのある「マックスウェル・"ウィザード"・ウォラス」を演じた彼の堂々とした、安定した演技には、安心感すら感じえた。

      一方で、あまりに映画の構成を音楽に頼ってしまったがために、ロジックを欠いてしまった。運を頼ったストーリーであり、好転が繰り返される状況は現実的に不自然である。しかし、個人的には、淡白なエピローグに勿体なさを感じただけで、大いに感銘を受けた。「奇跡のシンフォニー」というレトロな心象の邦題が付いているものの、スピーディで、幻想的で、初々しい作品である。とにかく、スクリーンから流れてくる旋律を楽しむべき。『心で感じる』という言葉が実に相応しい。日常の疲れが吹き飛んだ。

    ● 製作代表 : CJ Entertainment
    ● 日本配給 : 東宝東和
    ● 世界公開 : 2007年10月06日 - アメリカ(HATCHfest Film Festival)
    ● 日本公開 : 2008年06月21日
    [PR]
    by movis | 2008-06-16 01:55 | ドラマ