Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    カテゴリ:ドラマ - 戦争( 4 )
    地獄の黙示録 / APOCALYPSE NOW
    ● 地獄の黙示録 / APOCALYPSE NOW [アメリカ / 1980年]
    ● 地獄の黙示録 特別完全版 / APOCALYPSE NOW REDUX [アメリカ / 2002年]

    b0055200_449378.jpgコッポラが全身全霊で完成させた映画史上屈指の戦争ドラマ。ベトナム戦争を描いた作品の中では、際立って切り口が斬新。だが賛否真っ二つに分かれよう。初作から22年を経て、コッポラ自身により再編集、シーンの追加が行われた特別完全版も存在する。



    監督は、「ゴッドファーザー」シリーズのフランシス・フォード・コッポラ。「ウィラード」大尉役には、チャーリー・シーンの父親であるマーティン・シーン。「ウォルター・E・カーツ」大佐役には、「ゴッドファーザー」のマーロン・ブランド。「キルゴア」中佐役には、「ゴッドファーザー」のロバート・デュバル。「クリーン」役には、「マトリックス」シリーズのローレンス(ラリー)・フィッシュバーン。「ルーカス」大佐役には、「インディ・ジョーンズ」シリーズのハリソン・フォード。「フォト・ジャーナリスト」役には、デニス・ホッパー。「シェフ」役には、フレドリック・フォレスト。「ランス」役には、サム・ボトムズ。「チーフ」役には、「24 TWENTY FOUR Season III」のアルバート・ホール。

    "The Horror. . . The Horror. . . "
    夏を迎えたサイゴン。うだるような暑さの中、ホテルに篭る特殊行動員「ウィラード」大尉に、情報指令本部からの出頭命令が届く。彼にはある任務が言い渡される。それは「戦略行動が不健全」だという理由による、第5特殊部隊作戦将校「カーツ」大佐の暗殺だった。「カーツ」大佐は輝かしいほどの最高経歴を持つ。「ウィラード」は心中複雑ではあったが、「カーツ」の行方を求めてベトナムの河川を上流に向けて突き進むのであった…。


    戦争ドラマ、そしてベトナム戦争を舞台に描かれた作品は数知れない。その中でも、コッポラによるこの作品は他に類を見ない斬新な描き方をされている。戦争の悲惨さ、反戦を訴えるメッセージも込められているだろうが、それだけでこの作品は語れない。

    ストーリーは、「ウィラード」の目線から主体的に描かれる。「戦争は良くないものだ」と、口にするのは簡単だ。ところが、戦場は混乱(カオス)を生む。上層部と戦地の温度差。頭を銃弾がかすめ、目の前で兵士が倒れていく。万が一、自分も戦火の真っ只中に立たされたなら、周りの全てか敵に見えるのではないだろうか。銃口から飛び出した弾丸が、唯一の存在証明だと思ってしまうのではないだろうか。グロテスクなシーンは少ないが、精神を乱される点で恐怖を覚えた。戦場に終始されている点で、マイケル・チミノ監督の「ディア・ハンター」とも比較できない。

    終盤に向けて、ストーリーは観念めいたいものに変わっていく。混乱、狂気が姿なき確信となって襲い掛かってくる。もはや、不安とか死への恐怖とは言い表せない。人間の精神、それこそ観念のようなものをコッポラは描こうとしたのだろうか。

    完全版は、初作に未公開シーンを加え、エピローグのベクトルを変えた。そこでも賛否を呼んだ。「良かった、悪かった」では評価しがたい。コッポラが映画に込めたメッセージ。それを明確に読み取ろうとしても底が見えない。ワグナーの名曲「ワルキューレの騎行」だけが、はっきりと頭を巡っている。

    ● DVD

    地獄の黙示録 (Amazon.co.jp)
    地獄の黙示録 特別完全版 (Amazon.co.jp)
    [PR]
    by movis | 2006-04-26 05:51 | ドラマ - 戦争
    ディア・ハンター / THE DEER HUNTER
    ● ディア・ハンター / THE DEER HUNTER [1979年]

    b0055200_118685.jpgロシアン・ルーレットのシーンが、今までに観た映画のどんな恐怖描写よりも怖かった。ほのぼのとした青年達の群像シーンと戦場の凄惨なシーンとのギャップに戦争の狂気であったり、悲惨さといったものが際立って感じられる。デ・ニーロの原点がここに。



    この作品の監督、マイケル・チミノは1978年度のアカデミー監督賞を受賞した。「マイケル」役にはご存知、ロバート・デ・ニーロ。「ニック」役には、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」にも出演したクリストファー・ウォーケン。彼は上記同アカデミー賞において、この作品で助演男優賞を受賞した。「リンダ」役には、メリル・ストリープ。「スティーブン」役には、ジョン・サヴェージ。また、「スタンリー」役のジョン・カザールは病の為42歳で他界。この作品が遺作。

    ヴェトナム戦争時代のペンシルベニアの田舎街。3人の若者達が戦場へと赴くことになった。恋人や友情を残し故郷を離れ、戦場で再会し、戦場で別れ…。

    ペンシルベニアでの青年達の日常、ヴェトナムでの戦場の日々、そして戦争から帰還した日々と3時間に渡るこの作品は大きく3部で構成されている。それぞれのシーンも唐突に切り替わるのだが、そのメリハリ、ギャップに気持ちが追いついていかない程感情を揺さぶられた。

    ただ、ペンシルベニアでの前半群像シーンとヴェトナムの戦場シーンのギャップという演出は見事だと思う反面、あまりに間延びするその前者に退屈を覚えたのも確か。「こんな極有り触れた日常を送る青年達が、ありとあらゆる意味を含めて戦場で犠牲となる」様なメッセージ性は暗黙の内に感じられたけれども、誘引条件となり、記憶にも残る重要なシーンは指折り数える程度しかない…。

    全体的には「間延びするシーンに退屈を感じた」という点を除けば、反戦作品の傑作だと思う。戦場で精神的に極限まで追い詰められた男達の、まるで別人になってしまったかのような変貌振り。人の命で金が動く、ロシアン・ルーレットという賭博。そして兵士達の帰還の無事を祈る故郷の愛情や友情。一体、戦争が何を人々に残すのだろうか、と考えさせられる作品。特にロシアン・ルーレットのシーンには、今まで観て来たどんなグロテスクなシーン、スプラッターなシーンよりも恐怖を感じた…。リボルバーがクラックする「ガチッ」という銃独特の金属音。これだけでまるで自分も気が狂いそうになった…。

    ● DVD

    ディア・ハンター (Amazon.co.jp)
    [PR]
    by movis | 2004-11-27 21:00 | ドラマ - 戦争
    ライフ・イズ・ビューティフル / Life Is Beautiful
    ● ライフ・イズ・ビューティフル / Life Is Beautiful / La Vita E Bella [1998年]

    b0055200_132681.jpgほのぼのとしたシーンに思わず微笑み、まるでチャップリンを彷彿とさせる様なロベルト・ベニーニの演技に思わず笑い、そして父親の子を思う愛に思わず涙する。戦争の悲惨さを痛感する悲しいストーリーながらも、気負いをせずに観ることの出来る感動作。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    監督、脚本、そして主演をこなすロベルト・ベニーニは1998年度アカデミー賞で監督賞、脚本賞、主演男優賞の3部門にノミネートされ、内主演男優賞でオスカー像を手にした。「ドーラ」役には、ロベルト・ベニーニの妻、ニコレッタ・ブラスキ。

    1939年、舞台はイタリアのトスカーナ。ユダヤ系イタリア人の「グイド」は、小学校の教師「ドーラ」と恋に落ち、そして結婚。息子「ジョズエ」をもうけ、彼らは平穏な暮らしを送っていた。しかし、やがて第2次世界大戦の影響から彼らに強制収容所への収監命令が下り…。

    この作品に対しては好不評、様々な評価がある様ですが、個人的には好きな作品です。コメディ映画か、と思わせるシーンがあったり、演出過剰と感じる点も存在し、何より「シンドラーのリスト」と言った映画の様なリアリティは存在しません。戦争をテーマにした映画は沢山ありますが、こうした軽いタッチ(語弊があるかもしれませんが)で描かれた作品は珍しいですよね。そういった点で「甘い」であるとか、「ハッピーエンドで終わるべき」等の意見もあって当然の様に思います。

    しかし、テーマこそ悲しいものではありますが、悲しいものを悲しいと思わせることだけが全てじゃない。喜劇性志向の作品ではありますが、それでいて戦争の悲惨さ、そして事実はきちんと伝わってきます。ホロコーストを描いた作品だと言うことで、勉強の内、と覚悟を決めてスクリーンに挑んだ為に若干肩透かしを喰らった様な気持ちになりましたが、観賞後には数々のシーンが走馬灯の如く頭を巡り思わず目頭が熱くなってしまいました。自分が何年後か先に子を授かったなら、もう一度この作品を観たい。これからご覧になる方は、この作品に対する評価は、是非参考程度に。観て何を思ったか。10人居れば10通りの捉え方があるでしょうが、それこそを大事にすべきだと思います。

    ● DVD

    ライフ・イズ・ビューティフル (Amazon.co.jp)
    [PR]
    by movis | 2004-11-26 21:00 | ドラマ - 戦争
    K-19 / K-19: THE WIDOWMAKER
    ● K-19 / K-19: THE WIDOWMAKER [2002年]

    b0055200_21214121.jpg原子力潜水艦「K-19」の狭い船内で体感する男性社会。潜水艦内での人間関係におけるシーソーゲームやトラブルを描いた作品は数々ある。しかし、実際の事件を基盤にストーリーが構成されているこの作品は、鉛を呑まされたように重くて、そして悲しい。



    男性社会を見せつける、この作品の監督は何と女性監督キャスリン・ビグロー。「K-19」の艦長、「アレクセイ・ボストリコフ」役には「スター・ウォーズ」シリーズ(エピソード4、5、6)、「インディ・ジョーンズ」シリーズ等、数々のヒット作で主演をこなしてきた名優ハリソン・フォード。副長、「ミハエル・ポレーニン」役は「シンドラーのリスト」で1993年のアカデミー賞で主演男優賞にノミネート、その後も「ラブ・アクチュアリー」や日本では来年以降に公開される「バットマン ビギンズ」等にも出演し、年齢を重ねてもまだまだ名実劣らないリーアム・ニーソンが務める。

    時は1961年の冷戦時代。ソ連軍は軍力の一環として開発した原子力潜水艦「K-19」の処女航海を行い、艦長には「アレクセイ・ボストリコフ」、副長には「ミハエル・ポレーニン」を任命する。政治的な「アレクセイ・ボストリコフ」と、部下の信頼も厚い実目軍人「ミハエル・ポレーニン」は度々意見の相違から衝突するが、「K-19」に課せられたテストは成功を収めていく。しかし突如、冷却装置にヒビが生じていることが判明。原子炉の温度が次第に高まり、放射能漏れによる大惨事が免れない状態に追い込まれ…。

    1961年。表沙汰にはならなかった実際の事件をもとに作られた作品。「K-19」事故の生存者からは「事実無根のシーンがある」との反発もあったようだ。事実が歪曲して描かれている可能性があっても、どれだけこれが痛ましい事故であったかは、作品を観るだけで十分に理解できる。淡々とした展開や重くて悲しいエピローグには居心地の悪さを感じたが、この作品がドキュメンタリーとして機能しているのだとすれば致し方ないだろうか。原題に添えられている「THE WIDOWMAKER」は直訳で「未亡人にさせるもの」。つまり、「K-19」に乗船した艦員達は生きて帰ることができない、という意味が込められている。

    「U-571」や「レッド・オクトーバーを追え!」など、潜水艦をテーマとした作品と比べると「やや及ばず」といった印象である。しかし、単なる反戦作品とは違って、事実をベースに作られている点では貴重と言えるかもしれない。

    ● DVD

    K-19 (Amazon.co.jp)
    [PR]
    by movis | 2004-11-11 21:00 | ドラマ - 戦争