Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    カテゴリ:パニック( 6 )
    タワーリング・インフェルノ / THE TOWERING INFERNO
    ● タワーリング・インフェルノ / THE TOWERING INFERNO [アメリカ / 1975年]

    b0055200_32548.jpg時代を感じさせない迫力で、手に汗にぎるパニック作品の原点。冒頭の「この作品を消防士に捧ぐ」というメッセージ。望まずも「アメリカ同時多発テロ」をオーバーラップさせてしまう。長編作品でありながらも、まるでドキュメンタリーを観る様に、結末までが一気に進む。



    監督はジョン・ギラーミンとアーウィン・アレン。「ダグ・ロバーツ」役には、「明日に向かって撃て!」「ハスラー」シリーズのポール・ニューマン。「マイケル・オハラハン」役には、「荒野の七人」「栄光のル・マン」のスティーヴ・マックイーン。「ジェームズ・ダンカン」役には、「サンセット大通り」のウィリアム・ホールデン。「ハリー・ジャーニガン」役には、O・J・シンプソン。「ロジャー・シモンズ」役には、リチャード・チェンバレン。

    "One Tiny Spark Becomes A Night Of Blazing Suspense."
    サンフランシスコに建設された地上138階の超高層ビル「グラス・タワー」が、ついに竣工式を迎えた。誇らしげなビルのオーナー「ダンカン」と、都会を好まないビルの設計者「ダグ」はどこかよそよそしい。華やかな表とは裏腹に、ビルの内部では管理システムのチェックが進む。ところが、思ったように機能しない。悪夢がすでにビルを浸食し始めていることなど、誰も気が付くはずもなかった…。


    時代を感じさせない迫力に思わず手に汗をにぎる。終始、まるで自分も苦難をともにしているかのようだった。監督兼製作のアーウィン・アレン珠玉の大作だ。冒頭で「この作品を消防士に捧ぐ」と謳われているように、迫り来る火炎に挑む消防隊の姿が何よりもかっこよかった。後にも先にも、この作品を観た人は「アメリカ同時多発テロ」が脳裏に過ぎるのではないだろうか。いつの時代にも、人命救助を生業とする人々にはただただ頭が下がるばかりだ。

    不可避ではあったがビル火災を自責とする「ダグ」と、彼らを横に見つつ職務に真っ当する消防隊隊長「オハラハン」が、同じ使命の下に心通わせていくさまが感動的。さまざまな登場人物のエピソードにまでしっかりとスポットライトが当たっている点も魅力だ。

    しかし、そうした作品の軸に関わってくる人間があっさりと命を落としていく。あまりに容赦がなく、まるでドキュメンタリーを観ているかのようだった。物語に対して客観を崩さず、時系列にまとめ上げられている。160分を超える長編作品だが、結末までが一気に進む。まさに正統パニック作品の原点だと確信できた。

    ● DVD

    タワーリング・インフェルノ (Amazon.co.jp)
    [PR]
    by movis | 2006-04-23 04:47 | パニック
    大空港 / AIRPORT
    ● 大空港 / AIRPORT [アメリカ / 1970年]

    b0055200_3463035.jpgリンカーン空港と、それを取り巻く人々の長い夜が始まる。パニック作品のパイオニアと称しても過言ない。色あざやかな登場人物が持つ多様なドラマが、空港に集約されて、またそれぞれの道を歩む。空をビジネスとする男の渋さ、女の可憐さが憎いまでに華やかな作品だ。



    監督は、ジョージ・シートン。「メル・ベイカースフェルド空港長」役は、「泳ぐひと」のバート・ランカスター。「バーン・デマレスト機長」役は、「オーシャンと11人の仲間」のディーン・マーティン。「タニア・リビングストン」役は、「ペンチャー・ワゴン」のジーン・セバーグ。「グエン」役には、「ドミノ」のジャクリーン・ビセット。「ジョー・パトローニ」役には、「暴力脱獄」のジョージ・ケネディ。「D・O・ゲレロ」役のヴァン・ヘフリンは、この作品が遺作となった。また、無賃搭乗を常習するお茶目なおばあちゃん「ミセス・クォンセット」に扮するヘレン・ヘイズは、この作品でアカデミー助演女優賞を獲得した。

    "The #1 novel of the year - now a motion picture! "
    記録的な猛吹雪にみまわれるリンカーン空港。着陸時に滑走路を外れてしまう大型旅客機。住宅に近い「2-2滑走路」を臨時で利用したため、空港をとりまくデモ行進。GMである「メル・ベイカースフェルド」は、トランス・グローバル航空の「タニア」を相棒にして、空港機能維持に奔走する。「ベイカースフェルド」と義兄弟であるトランス・グローバル航空の「デマレスト」機長は、リンカーン空港発ローマ行ボーイング707便を離陸させる。しかし、この機体には招かざる客が搭乗していて…。


    登場人物たちが持つ、それぞれの思惑やエピソードを克明に描き、ある一点に思いが集約する。このような群像描写は、のちに「グランド・ホテル方式」と呼ばれる様になり、この作品はまさに草分け的な存在である。この表現方法は「SMAP」草彅剛主演「ホテル・ビーナス」が分かりやすい。一見すると関係もない者たちの視線が一点を向く様は、まるで自身も当事者になったかのような緊迫感が伝わってくる。空港という壮大な舞台がテーマにも関わらず、スリムにまとまっている。

    空港長、機長、客室乗務員、整備士、グランドスタッフ、管制官など、多岐に渡る航空ビジネスを、わずか2時間で有機的に魅せてくれる。それぞれの配役バランスも良く、それぞれに内容たっぷりのストーリーがある。バート・ランカスター、ディーン・マーティンの渋さもさることながら、ジーン・セバーグ、ジャクリーン・ビセットの可憐さが憎い。脇を固める俳優陣も噛めば噛むほどに味がある。

    70年代に製作された作品だが、短絡的な「古さ」は感じなかった。航空ビジネスの魅力、切ないラブ・ロマンス、危機感迫るパニック。すべてがスッキリと、それでいてディテールを捨てずに描かれている。思わず唸ってしまった作品だ。

    ● DVD

    大空港 (Amazon.co.jp)
    [PR]
    by movis | 2006-04-18 04:39 | パニック
    アルマゲドン / ARMAGEDDON
    ● アルマゲドン / ARMAGEDDON [1998年]

    b0055200_1344285.jpg隕石が地球を滅ぼす。SF作品で使いまわされたテーマだが、テンポ良く、分かり易く、スマートに表現されている点で評価出来る。「お涙頂戴」が匂うあまりにストレートなドラマだが、それがハリウッド作品の良さだろう。政治的視点は排除して、目に映るものを楽しんで欲しい。



    監督は「バッドボーイズ」シリーズ、「ザ・ロック」のマイケル・ベイ。製作の一員には「コヨーテ・アグリー」「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」でも知られるジェリー・ブラッカイマー。「ハリー・S・スタンパー」役には、お馴染みブルース・ウィリス。「グレース・スタンパー」役には、「Aerosmith」のボーカリスト、スティーブン・タイラーを父に持ち「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでも活躍したリヴ・タイラー。「A.J.フロスト」役には、「トータル・フィアーズ」「ペイチェック 消された記憶」のベン・アフレック。脇を固める俳優陣も、ウィル・パットン、スティーヴ・ブシェミ、ピーター・ストーメア、オーウェン・ウィルソン、マイケル・C・ダンカン、ウィリアム・フィッチナー等非常に豪華。

    スペースシャトルに搭乗し、宇宙空間で任務をこなす宇宙飛行士を小隕石が襲う。だが、それは人類滅亡に向かう地球崩壊へのプロローグに過ぎなかった。アメリカ航空宇宙局が原因究明を急いだところ、2週間後にはテキサス州の国土面積に相当する巨大アステロイドが地球と衝突することが判明。回避方法は核によって内部から隕石を砕き、軌道を変えることしかない。ワラをもすがる想いでNASAが着眼したのは「ハリー」率いる石油採掘のプロフェッショナル達だった…。

    1999年のラジー賞では、ワースト主演男優賞にブルース・ウィリスが選ばれる等、世間の作品に対する評価はイマイチ。同時期に公開された映画「ディープ・インパクト」と競合する形になった。製作にジェリー・ブラッカイマーが参加し、「パニック」映画に分類されるものの、気負いすることなく観ることが出来るエンターテイメント作品だ。わざとらしい「お涙頂戴」演出もあれば、アメリカが主導で問題解決に挑む様があるから、悪評の存在も否定できない。

    一方で私見としては、なかなか好感を持てる作品だった。個性豊かな14人の主人公達は、誰もがヒーロー風貌でないから親近感も沸く。ストーリーの展開にもスピード感があるし、理解もし易い。得てして感情移入も難しくないから、単純に感動して胸が詰まったし、満足感も感じた。

    あれこれ考え出すとキリがない。目で見たものを楽しんで欲しい作品だ。

    ● DVD

    アルマゲドン (Amazon.co.jp)
    [PR]
    by movis | 2004-12-24 14:33 | パニック
    激突!/ DUEL
    ● 激突!/ DUEL [アメリカ / 1973年]

    b0055200_10252415.jpg巨匠スティーヴン・スピルバーグの足跡を辿る。シンプルな構図に、斬新な着眼点を得たアイデアが強烈に効いている。現実味を捨て切っていない点もいい。しがない男が不意に感じた命の危機。あなたなら、"Duel"に立ち向かえる覚悟はあるか…。



    監督は、スティーヴン・スピルバーグ。原作、脚本は、リチャード・マシスン。「デイヴィッド・マン」役には、テレビ映画で活躍したデニス・ウィーヴァー。

    "Terror in your rear view mirror."
    サウス・ストリートの混雑を抜け、カリフォルニアを南へ走る。国勢調査の世帯主は妻でもいいのか。ラジオのバラエティに笑い声をあげる。爽やかなドライブの予感がした。「デイヴィッド」は排気ガスを撒き散らす40トンの大型タンクローリーを、ただ追い抜いただけであった。それが彼の長い1日の始まりであることなど露知らず…。


      もともとはテレビ映画として製作された作品であり、本国アメリカでの劇場公開はテレビ放映の10年以上も後のこと。しかし、この作品こそ、業界から世界へ、無名であったスピルバーグの存在感を一気に高めたのである。とかく低予算であったことが有名だが、チープ感を感じる隙がなく、むしろダイナミズムに満ち溢れている。ファンタジー・サイコスリラー作品を対象としたフランスの映画祭、アボリアッツ・ファンタスティック映画祭の第1回グランプリに選ばれた。

      一度追い越しただけでタンクローリーに追われ続けるはめになった、不運な男の物語。それだけで説明がついてしまうほどの至極シンプルな作品なのだが、これが面白い。相手が見えない、動機が分からない、というアイデアが強烈に効いているからだ。恐怖の対象は、運転手から、やがてタンクローリーそれ自体へと変わっていく。バックミラーに映るタンクローリーが、まるで意志を持っているかのように威圧感を寄せてくる。

      作品が現実味を捨て切っていないという点もいい。煽られる、という日常で有り得るシチュエーションも然ることながら、デニス・ウィーヴァーの演技が非常にニュートラルである。水をがぶ飲みし、被害妄想だと自身に言い聞かせる。道中、カフェでの一コマは、この作品に不可欠である。

      逃げられぬ絶望感にさいなまれる「デイヴィッド」と、人間味を失った無情の暴走タンクローリー。対極の立場を見事に描き分け、シンプルな攻防の中にも奥の深さがある。全てのシーンに無駄がない。ラジオに笑う「デイヴィッド」もまた、妻の尻にしかれたしがない男なのだ。平凡なる暮らしの中で、予期せぬ危機と対峙したとき、あなたなら"Duel"に闘争心を揺り起こせるだろうか。

    ● 製作 : Universal TV
    ● 配給 : Cinema International Corporation
    ● 公開 : 1971年11月10日 - カナダ(TV放映)、 1973年1月13日 - 日本(劇場公開)
    [PR]
    by movis | 2004-11-14 21:00 | パニック
    ザ・コア / THE CORE
    ● ザ・コア / THE CORE [2003年]

    b0055200_105212.jpgSF作品では使い古された、宇宙にベクトルが向くストーリーに挑戦状を叩きつける。我々が脚付けるこの地球にも未知なる世界は広がる。ありそうで、実は数少ない斬新なテーマに心が躍る。しかしながら、終始、「あの作品」が頭を過ぎってしまった。



    監督は「エントラップメント」のジョン・アミエル。主人公「ジョシュ・キーズ」役には、「ペイ・チェック 消された記憶」「エリン・ブロコビッチ」のアーロン・エッカート。「レベッカ・ベック・チャイルズ」役には「ギフト」「インソムニア」のヒラリー・スワンク。「コンラッド・ジムスキー」役には、「ロード・トゥ・パーディション」「ターミナル」、また邦画のハリウッドリメイク「Shall We Dance?シャル・ウィ・ダンス?」のスタンリー・トゥッチ。

    ペースメーカーを使用している人間が集団で突然死。鳩の群れが人間を襲う。スペースシャトルの計器が異常を示す。ある日、怪現象が立て続けに発生する。シカゴの大学で地球物理学の教授として教鞭を振るう「ジョシュ・キーズ博士」は、一連の現象が地球の「コア」回転が停止したことに由来していると推測。それは後に人類が滅亡することを暗黙的に示していて…。

    物語の序盤。鳩の大群が人間を襲うシーンは、名作アルフレッド・ヒッチコック監督の「鳥」を彷彿とする様な迫力がある。ペースメーカー使用者の突然死、スペースシャトル計器の異常など、何の脈絡もなさそうな出来事を続け様に見せるところ、観賞者の興味をそそるシーンの挿入、演出は巧みだ。SFパニックと言えば、まずはストーリーに宇宙が噛んでくる。それとは逆に、地球内部をテーマに持ってきたところにも斬新さは感じた。

    ただ残念な点も少なくない。中、終盤で描かれる地球の内部があまりにゴテゴテのCGであった。地球内部の写真など見たことがないし、CGで描かざるを得ないことは承知している。それにしても、地球を旅しているストーリーを観賞中に忘れてしまうくらいだから、もう少し別の切り口もあったのではないか。そして、何よりも「アルマゲドン」に何もかもが酷似してしまっている。観賞してすんなり入り込めるストーリー、登場人物の魅力、といった観点から見れば「アルマゲドン」に軍配があがろう。

    とは言え、観賞を終えると手に汗を握っていた。パニックは観たいが、宇宙ものはコリゴリしている。そんな方には、お勧め…かもしれない。

    ● DVD

    ザ・コア (Amazon.co.jp)
    [PR]
    by movis | 2004-11-10 21:00 | パニック
    バックドラフト / BACK DRAFT
    ● バックドラフト / BACK DRAFT [1991年]

    消防士の果敢な活躍を追ったドキュメントの様な作品か、と思っていました。実は兄弟愛そして女性との愛を描いた作品であり、肝心のストーリーはミステリー、サスペンス仕立て。決して詰まらないわけではないけれど、可もなく不可もなく、と言ったところ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    「ビューティフル・マインド」でも監督を務めたロン・ハワードは、現在爆発的人気でレンタルショップを嬉し泣きさせているテレビドラマ「24 - TWENTY FOUR -」シリーズでも製作指揮を執っている。消防署で隊長を務める「スティーブン・マカフレイ」役に扮するはカート・ラッセル。彼の弟「ブライアン・マカフレイ」役にはウィリアム・ボールドウィン。また、ロバート・デニーロやジェニファー・ジェイソン・リー、更に「「24 - TWENTY FOUR -」で主人公「ジャック・バウアー」に扮するキーファー・サザーランドの実父ドナルド・サザーランド等も出演している。

    バックドラフト」現象の犠牲者となった父親の後を継いで消防士になろうとシカゴに舞い戻った「ブライアン」が配属されたのは、彼の実兄「スティーブン」が隊長を務める第17部隊だった。そんな彼らの前で「バックドラフト」現象を伴う連続放火殺人が繰り返されて…。

    この作品のテーマ曲は、フジテレビ系列の「料理の鉄人」でも使われていたことから、ご存知の方も多いのでは。やはり、大前提として消防士がテーマである様に、まるで生き物の如く彼らに襲いかかる炎の描写は観ているこちらも息苦しくなり、恐怖に駆られる位リアルで素晴らしい。男同士の兄弟愛も熱く描かれており、何もかも総括して「熱い」作品であることには間違いないでしょう。

    ですが、所々の台詞や演出に若干「大袈裟じゃないのか」と感じる部分も。決して不自然ではありませんが、少し登場キャラクター達を美化してるのかな、やはり映画だな、と思ってしまいました。映画自体は普通に楽しめますし、上記でも述べた様に「インダストリアル ライト アンド マジック」が手掛けた炎の描写には圧倒されますし、何より消防士をテーマに描かれた作品ってそう多くないですよね?そういった意味でも観て損はしない作品だと思います。

    閑話休題ですが、ユニバーサルスタジオ・ジャパンには、この作品がテーマになっているアトラクションがある様で。自分は関西出身ながら恥ずかしくも、USJを訪れたことがないのです。このアトラクションに搭乗経験がある方は、是非その感想をお聞かせ下さい。(笑

    バックトラフトとは…

    外部との大気の流れが遮断された密室空間の中で酸素の燃焼が進むと、所謂、酸欠状態となって炎が上がらない、火が燻っている状態が続く。この一見して「火の勢いは大したことがない」と思える状況こそが危険で、ドアを開ける、ガラスを割る、等の行為で密室内に外気(酸素)が雪崩れ込むと、その酸素の供給で一気に部屋が爆発してしまう。これをバックドラフト、と言う。実際、この現象で命を落としてしまう消防士も少なくない。

    ● DVD

    バックドラフト (Amazon.co.jp)
    [PR]
    by movis | 2004-11-07 21:00 | パニック