Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    カテゴリ:TV( 2 )
    狙撃者/ボーン・アイデンティティ / The Bourne Identity
    ● 狙撃者/ボーン・アイデンティティ / The Bourne Identity [TV / アメリカ / 1988年]

    b0055200_022436.jpgマット・デイモン主演の"ジェイソン・ボーン"シリーズと同じく、ロバート・ラドラムの『暗殺者』を原作としたTVムービー。序盤はスパイ・アクションよろしく、スピーディに展開し、ストーリーもなかなか秀逸。しかし、華を添えるだけであってほしいロマンスの主張が過ぎる…。



    監督は、TVムービーを数多く手掛けるロジャー・ヤング。「ジェイソン・ボーン」役には、「タワーリング・インフェルノ」のリチャード・チェンバレン。「マリー・サン・ジャック」役には、"チャーリーズ・エンジェル"のTVムービー・シリーズに出演したジャクリン・スミス。「ジェフリー・ウォッシュバーン」役には、"インディ・ジョーンズ"シリーズのデンホルム・エリオット。

    [NO TAGLINE]
    荒れ狂う海に漂う一隻のクルーザー。大きく揺れる甲板では銃声が轟き、船室から飛び出した1人の男が闇に包まれた水面に吸い込まれていった。フランス南海岸の小さな村の老医師「ウォッシュバーン」の下に、銃創を負った男が担ぎこまれる。治療の甲斐もあり、男は一命を取り留めたが、彼は一切の記憶を喪失した。「ウォッシュバーン」にも成す術はなく、男の素性を知る手掛かりは、彼の臀部に埋め込まれたマイクロ・フィルムだけであった。そこには、"ゲマインシャフト銀行 チューリッヒ"という文字と、不規則な数列が小さく刻印されていて…。


      マット・デイモン主演の "ジェイソン・ボーン" シリーズ初作「ボーン・アイデンティティー」と原作、タイトルが同一であり、前後編でメディア放送されたTVムービー。邦題の "ボーン・アイデンティティ" の文字は、DVDのリリース時に添えられた。90年代、日本で民放放映された際には「スナイパー/狙撃者」というタイトルであった。

      ロバート・ラドラムの『暗殺者』という原作を共用しているだけあって、「ボーン・アイデンティティー」と酷似しているシーンも多い。ストーリーの展開や結末、ひいては"ジェイソン・ボーン"の個性などの印象は両作品で異なる。また、この作品を観賞しても、マット・デイモンの"ジェイソン・ボーン"シリーズの観賞に支障はない。(この作品がネタバレにはならない)

      影のあるプロローグを置いて、対話式に、極めてゆったりと展開していく。踊るようなアクションが魅力の「ボーン・アイデンティティー」を先入観としてしまうと、冗長ともいえる。しかし、記憶を求めて苦悶する「ボーン」の葛藤や、彼を取り巻く裏事情など、物語自体を噛みしめるように楽しめる。フィルム・ノワールとして、なかなか面白い。

      ところで、ロマンスも込められているだが、これが少々作品をかき乱しているように思う。ストーリーに華を添える程度の控えめさが欲しかった。哀愁漂うロマンス、センチメンタルなロマンス、と評価してもフォローしきれない、この点だけが残念だった。

    ● 関連作品 in the MOVIS

    ボーン・アイデンティティー [2003年]

    ● 製作 : Alan Shayne Productions
    ● 配給 : N/A
    ● 公開 : TV / 1988年5月8日 - アメリカ
    [PR]
    by movis | 2007-12-06 22:17 | TV
    24 TWENTY FOUR 1ST SEASON
    ● 24 TWENTY FOUR 1ST SEASON [TV / 2001年-2002年]

    b0055200_2371533.jpg真相を求めて先へ、先へ。24話の中に散りばめられた完成度の高いどんでん返し要素に息を呑むこと間違いないだろう。ストーリー上、展開に若干の強引さを感じる場面も多々あるが、そこはご愛嬌。1つ1つの点が24時間後に1本の線になる快感。是非、観賞されたい。



    監督は「プレデター2」のスティーブン・ホプキンス。製作総指揮の一員には「アポロ13」「ビューティフル・マインド」の製作にも携わったロン・ハワード。「ジャック・バウアー」役には、「スタンド・バイ・ミー」「フォーン・ブース」「テイキング・ライブス」のキーファー・サザーランド。「ディビット・パーマー上院議員」役には、「メジャー・リーグ」シリーズのデニス・ヘイスバート。「ジョージ・メイソン」役には、「ターミネーター2」「ザ・ロック」「エアフォース・ワン」等にも出演したザンダー・バークレイ。「キンバリー・バウアー」役には、「ラブ・アクチュアリー」のエリーシャ・カスバート。


    "I'm federal agent Jack Bauer, and today is the longest day of my life."
    アメリカの公式政府機関CTU(テロ対策ユニット)ロサンゼルス支局のチーフを務める「ジャック・バウアー」。彼とその妻「テリー」は年頃の実娘「キンバリー」に手を焼いている。ある晩、大人しく部屋に戻ったように見えた「キンバリー」が家を抜け出し、頭を抱える「ジャック」と「テリー」。そんな心労がある中で「ジャック」はCTUから緊急招集が。その旨は大統領候補「ディビット・パーマー」に企てられているという暗殺計画の阻止だった。一方、行方の知れない「キンバリー」は中々家に戻らずに…。


      アメリカの架空連邦機関"CTU(テロ対策ユニット)"に所属する「ジャック・バウアー」を核に、1日のうちに起きる複数の出来事を同時進行で描いた作品。1話1時間、計24話24時間の完結という大胆かつ挑戦的なアイデアが面白い。日本においても、レンタルメディアとフジテレビ系列の宣伝によって人気が爆発。携帯電話会社「Vodafone(現:Softbank)」の動画配信とも連動し、"CTUワシントン支部"の出来事を1話1分、24話完結で描いた「24 CONSPIRACY」というコンテンツも誕生した。

      複数の出来事が結びついていく過程には強引さも否めないのであるが、一応に主な伏線はすべて回収され、エピローグへと繋がっていく。プロットの精度が高いことはもちろんのことながら、最後の最後まで緊迫のシーンを盛り込み続けた点が憎い。テンポが早く、1話を見逃せば物語の理解に支障が生まれる、という観る側にはタイトな作品でありながらも、根強い人気を誇った理由にはそうした完成度の高さが挙げられるであろう。

      折りしも、北米での放送期間は2001年11月である。この年の9月11日の出来事は「アメリカ同時多発テロ」として人々に悲しい傷跡を残した。本作は、こうした出来事を踏まえて、テロと戦っていく「ジャック・バウアー」と国家がリアルに描写されている。そうであるからして、思わず目を覆ってしまいたくなるような拷問シーンには憂いを挙げる声も少なくない。

      事態の好転にも安堵できず、悪く言えば疲労感を伴うのだが、非常に見応え十分な作品であった。ミスディレクション・サスペンスが好きな方には絶対的にお勧めであるが、ネタバレが最大の敵であるので、日常会話で本作を話題に上げる際にはご注意を…。

    ● 製作 : Imagine Entertainment
    ● 配給 : N/A
    ● 公開 : TV / 2001年11月6日 - アメリカ/カナダ
    [PR]
    by movis | 2004-12-25 03:03 | TV