Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    カテゴリ:ホラー( 3 )
    ミスト / The Mist
    ● ミスト / The Mist [アメリカ / 2007年 / R-15]

    b0055200_44826.jpgフランク・ダラボンとスティーヴン・キングが再び顔を合わせた。思慮深い、文字通りの衝撃の結末が待ち受けている。予備知識を得ずに観賞することをお勧めしたいが、「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」のような感動作を期待してしまうと…。



    監督は、「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」のフランク・ダラボン。原作は、スティーヴン・キングの『霧』。「デヴィッド・ドレイトン」役には、「フェイス/オフ」「ドリームキャッチャー」のトーマス・ジェーン。「カーモディ」役には、「ジョー・ブラックをよろしく」のマーシャ・ゲイ・ハーデン。「アマンダ・ダンフリー」役には、「マジェスティック」のローリー・ホールデン。「ブレント・ノートン」役には、「グローリー」のアンドレ・ブラウアー。「オリー・ウィークス」役には、「エバー・アフター」のトビー・ジョーンズ。「ビリー・ドレイトン」役には、「バベル」のネイサン・ギャンブル。「ダン・ミラー」役には、ジェフリー・デマン。「アイリーン・レプラー」役には、フランシス・スターンハーゲン。「ジム・グロンディン」役には、ウィリアム・サドラー。「サリー」役には、アレクサ・ダヴァロス。

    "Fear Changes Everything"
    田舎町に住まうイラストレーターの「デヴィッド・ドレイトン」は、締切りが間近に迫る映画のポスターに仕上げの筆を入れていた。しとしとと窓ガラスを打っていたはずの雨は、次第に強くなり、雷を伴って町の灯りを奪っていく。記録的な大嵐になった。翌朝、半壊の一帯にはしゃぐ息子の「ビリー」であったが、「デヴィッド」の妻「ステファニー」は湖畔に浮かぶ奇妙な霧を不安がった。とりあえず物資を得るため、「デヴィッド」は「ビリー」と隣人「ブレント」と共に、混雑したスーパーマーケットを訪れた。すると、この界隈にも霧が立ち込めるようになる。騒然とする店内に悲鳴が響く。血を流した中年男性が店内に飛び込み、霧の中に何かがいる、と叫んだのであった…。


      「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」でコンビを組んだ、フランク・ダラボンとスティーヴン・キングが再び顔を合わせた。不可解な霧に覆われてパニックになっていく人々の様子を、ホラータッチによってスリリングに描いた作品。本作は、予備知識を得ないほうが堪能できるように思うが、若干のグロテスクと刺激の強い心理描写を伴っているために、レイティング(R-15)設定には留意されたい。

      本作は正直に怖い。嵐のあと唐突に霧が覆う。その舞台の整え方が、例えば「首都消失」や「クローバーフィールド/HAKAISHA」よりもニュートラルで、これらよりも閉塞感がある。さらに、単純に"パニック作品"という言葉で説明がつかない理由は、得体の知れぬ不安を描いておきながら、人間の心理の暴走も事細かに表現しているからである。不安から逃れたいのは皆同じで、そのためになら協力も惜しまないのだが、希望や救いの得方は人間によって違う。マジョリティはマイノリティを排除しようとする。狂気は次々と狂気を生んでいく。このようにして、外部と内部に異種の恐怖を映し出しているために、逃げ場がない。

      本作で最も印象的であるのは、やはり結末である。五里霧中。これはあまりに衝撃的であった。言葉では何とも表現しがたいが、地面に叩きつけられるような惨痛もあれば、上空に舞い上げられるような空虚もある。こうして真っ白な状態になった頭に、じわじわと現実感が戻り、この作品を思い返して何を思うか。作品は半ば強引に、間接的に、問いかけを残して去っている。

      冒頭でも「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」を挙げたが、フランク・ダラボンとスティーヴン・キングの組み合わせであるがゆえに、本作に感動を求めると痛い目に遭うだろう。しかし、これらの作品を並べてみると、どれもエピローグは思慮深く、本作もその点では同じである。何事も微々たる違いで、あらゆる方向に転がっていく。そう思わずにはいられない。本作は凄い。

    ● 製作代表 : Darkwoods Productions
    ● 日本配給 : Broadmedia Studios Corporation
    ● 世界公開 : 2007年11月21日 - アメリカ
    ● 日本公開 : 2008年05月10日
    [PR]
    by movis | 2008-05-17 04:59 | ホラー
    ソウ2 / SAW II
    ● ソウ2 / SAW II [アメリカ / 2005年 / R-15]

    b0055200_21504951.jpg前作を観賞してしまうと、恐怖を煽る手口が分かってしまうので、それ以上を求めてしまう。閉塞感や緊張感は前作に比べて緩やかに、そして印象の受け方も前作と少し違う。良くも悪くも、映画らしくなってしまった。しかし、気が抜けぬ、底冷えするような恐怖は相変わらずで…。



    監督は、ダーレン・リン・バウズマン。製作総指揮には、前作監督のジェームズ・ワンと、前作では「アダム」役を演じたリー・ワネル。「エリック・マシューズ」役には、「シックス・センス」「身代金」のドニー・ウォールバーグ。「アマンダ」役には、「アニー」のショウニー・スミス。「ジグソウ」役には、「ザ・シークレット・サービス」のトビン・ベル。「ダニエル・マシューズ」役には、エリック・ナドセン。

    "We Dare You Again..."
    かつては荒くれた刑事であったが、近頃、内勤へと転じた「エリック・マシューズ」は、妻から離婚を告げられた上に、息子「ダニエル」の素行の悪さに苛立っている。心にもない言葉を彼に浴びせてしまった。嫌悪に陥っている「エリック」は、猟奇的連続殺人犯「ジグソウ」を追う女性刑事「ケリー」からの呼び出しを受けて、ある事件の現場に立ち会った。凄惨な殺人現場に「ケリー」が「エリック」を呼び出したのには、現場に「エリック」を名指しする犯人からのメッセージが残っていたからであった。「ケリー」からは協力を請われる「エリック」だが、気は進まない。自宅に戻った「エリック」は、息子に詫びようと電話をかけるが、連絡がつかず…。


    閉ざされた空間のなかから、いかに脱出するか、という閉塞感ともなう作品を"ソリッド・シチュエーション・スリラー"と呼ぶらしい。閉鎖的な空間に観賞する人間の意識を集めた前作は、その醍醐味を如何なく魅せてくれた。今作は、物語の舞台となる"内部"の世界と、それを補足する"外部"の世界がリンクしてしまい、閉所独特の息苦しさや緊張感が薄れてしまった。登場人物も各々が明確な意識を持って行動してしまうので、体験には至らず、傍観者とならざるを得ない。精神を困憊させる演出は、前作が巧い。

    そうは言っても、絶望するようなトラップのクオリティは健在だ。恐怖感を伴うサスペンスに関しては、前作よりもしっかりと機能しており、またしても驚愕のラストへと真っ直ぐに進んでいく。作品の軸が、目に見えやすくなったという点から言えば、良くも悪くも映画らしくなった。

    何とか危機を脱しようとする登場人物と同じように、早く終わってくれ、と願っている自分を知った。もちろん、進んで観賞しているにも関わらず、である。スタッフ・ロールが流れて漏れるため息。どうもこの一瞬を味わいたいがために、作品を欲しているような気がしてならない。

    ● 関連作品 in the MOVIS

    ソウ [2004年]

    ● 製作 : Twisted Pictures
    ● 配給 : Asmik Ace Entertainment
    ● 公開 : 2005年 (アメリカ / イギリス / ブルガリア / ルーマニア)
    [PR]
    by movis | 2007-12-19 00:17 | ホラー
    ソウ / SAW
    ● ソウ / SAW [アメリカ / 2004年 / R-15]

    b0055200_2249534.jpgなんとまぁ、疲れる映画だろう。観賞後の脱力感は形容しがたく、精神的に困憊した。"ゲーム"とはなるほど、興味の対象が盛りだくさんで、怖いもの見たさを煽る演出が巧い。意外性を狙った結末には、もう少し捻りが欲しかったところではあるが…。眠る前に観るべきではない…。



    監督は、ジェームズ・ワン。「ローレンス・ゴードン」役には、「グローリー」「ライアー ライアー」のケイリー・エルウィズ。「アダム」役には、原案、脚本も手掛けたリー・ワネル。「デイヴィット・タップ」役には、"リーサル・ウェポン"シリーズ、「アルカトラズからの脱出」のダニー・グローヴァー。

    "Let the games begin!"
    水を張った浴槽に沈んでいた「アダム」は、息苦しさに覚醒した。状況が把握できずに、自身は死後の世界にいるのか、とさえ思った彼だったが、声がして、眩い光が暗闇に慣れた目に突き刺さる。あまりに常軌を逸した光景であった。老朽化したバスルーム。足は鎖で、頑丈なパイプに繋がれている。中央には、頭から血を流す男が倒れている。対角線に誰かがいる。外科医の「ローレンス・ゴードン」もまた、「アダム」と同じように地獄に迷い込んでいたのである…。


    精神に疲労が襲う映画、と大まかに言ってしまえば、それはホラーに限ったことではないが、この手の作品の醍醐味は、恐怖への好奇心をいかに煽られるか、である。恐怖、とは生き物が備えた本能のひとつだと言える。"怖いもの見たさ"とは良く言い得たもので、日常では出会いたくもない状況でも、「所詮は映画」と割り切ってしまえれば、それは好奇心の対象となってしまう。現実味を捨て切っていない、という点でこの作品は怖い。

    "ゲーム"という言葉がこの作品のキーワードになってくるわけだが、その答えを導き出すためのアイテムが非常にバラエティに富んでいて、興味には事欠かない。このアイテムを用いて、観賞する人間は、二人の登場人物と謎解きを共にする。「ゴードン」の冷静さや頼りがいは、外科医という設定だけで不思議と説得力があるし、半狂乱に陥りそうな「アダム」は観賞者の心を代弁してくれる。観賞者を傍観者にさせない、この二人の主人公の立て方も巧い。

    なぜ「ゴードン」と「アダム」はバスルームにいて、誰が何の目的で"ゲーム"を要求するのか、といった物語の動機に関しては、サスペンスの要領で展開していく。目に訴えかけてくる恐怖という負のインパクトの大きさとは裏腹に、物語として不自然さが否めなかった。結末に関しても、予想すら及ばない意外性は認めるが、もう少し捻りやインパクトがあって欲しかったのが本音だ。

    それでも、眠る前に観るべきではない。目が覚めた場所が、見慣れた場所であるという保証などないのだから…。

    ● 製作 : Evolution Entertainment
    ● 配給 : Asmik Ace Entertainment
    ● 公開 : 2004年 (アメリカ)
    [PR]
    by movis | 2007-12-17 23:46 | ホラー