Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    <   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
    中の人がつぶやく
    ● 中の人がつぶやく [11.05.15.]
     
      突然ですけど、自分の書いた文章に、どんな特徴があって、その特徴がどんな作家と類似しているのかを診断してくれるサイトがあること、ご存じですか?

    文体診断ロゴーン : http://logoon.org/
     
      診断対象の作家は計64名。芥川龍之介や夏目漱石といった名作家から、小泉純一郎や麻生太郎といった政治家、そして何故か松たか子…。自分の書いた文章を入力して、「診断する」ボタンを押下するだけ!自分の文章は、どんな特徴があって、どんな人の文章に似ているのだろうか…。とりあえず、やってみました。

    MOVIS - ミリオンダラー・ベイビー グラン・トリノ
    ※グラン・トリノでした…。
    「ミリオンダラー・ベイビー」の「フランキー・ダン」を彷彿とさせるような堅物「ウォルト」が、些細な出来事をきっかけに隣家のアジア系住民と心を通わせていくさまを描いたドラマ。哀愁が漂い、格調の高い趣を備えた作品ではあるが、思わず噴き出してしまうようなユーモアも伴っている。「ハリー・キャラハン」や「フランク・モリス」などの名役を演じつづけてきたクリント・イーストウッドが、俳優業最後の仕事とも語る。それが真の決断だとすれば、「ウォルト」という名の偏屈で頑固なじいさんが、彼のキャリアの集大成ということか。そこに抱く特別な感情は別にしても、本作は総じて完璧。もう私にとっては、これ以上ない宝物のような作品に出会ったような気分だ。
    ほっほー。読み返すのも恥ずかしくなるくらいキザな文章ですねー。いいんです、「平凡サラリーマンのかっこつけブログ」なので!では、さっそく診断!
    b0055200_337159.gif
    これは…。もう1回やってみました。

    MOVIS - 奇跡のシンフォニー
    本作の特徴は、音楽にある。クラシック、ロック、ゴスペルと、多種多様の音楽がひっきりなしに流れている。音楽のないシーンを見つけるほうが難しい。そもそもが本作は40曲以上の楽曲をフューチャーしているのだ。"音楽映画"と称しても違和感がないほどに、作品がメロディアスな仕上がりになっている。本作は、映像化よりも先に音楽を完成させるという独創的なアプローチを以って製作されたようだが、重圧的なプレッシャーを耐え抜いて、作品を"音楽映画"という方向性へと導いたのは、ブロードウェイ・ミュージカル「ライオン・キング」で一部楽曲の作曲、編曲を担当したマーク・マンシーナの実力だ。スラッピングが印象的な"Bari Improv"や"Dueling Guitars"などの楽曲が至極心地よい。
    「楽曲が至極心地よい」ですって。文章が実態であれば殴りかかりたくなるくらいキザな文章ですねー。いいの、「平凡サラリーマンのかっこつけブログ」だから!診断!
    b0055200_3551467.gif
    Σ(゚∀゚)!アサダさーん!

      昔(今も?)、日本航空の機内誌に、浅田次郎が自身の旅を綴ったエッセイ「つばさよつばさ」が連載されていたのですが、これが逸脱で。思わず吹き出しそうになったり、"結"では社会問題を投げかけられて思わず考え込んだり。ストレスなく、最後まですんなりと読み通せてしまう。そんなに文学人でもないがそれなりに小説は好んで生きてきた身としても、これはもう衝撃。毎回衝撃。
      
      表現は稚拙かもしれないですけど、文章がリズミカルに踊ってる、そんな感じがするんです。ボキャブラリーも豊富で、「あの感じ」「この感じ」をピシャっと的確な、文章のリズムを崩さない熟語で押さえてくる。助詞や助動詞のアレンジも美しい。その分、「あとで辞書引こう…」と思う言葉も少なくないのですが…。モロに影響を受けたんです。最初の頃のレビューは、"ですます"で媚びた感じの書き方だったのですが、どの辺りからか忘れましたが、断定的に書き始めたのは「浅田次郎ならどう書くかな?」なんて意識が働きはじめたことも一因です。なので、この結果は当然?かもしれませんが、とても嬉しいこと!
      
      とはいえ、まだまだ浅田次郎の足もとにも及びません。暇つぶしに読むのにちょうどいい。そんな文章が書けるように精進します!
      
    b0055200_4232616.jpg

      「ONE PIECE」にえらハマりしてから、漫画が生活に入り込んでくるようになったんです。この歳になって…。良い歳して…。でも、大人も楽しめる、感化される漫画ってたくさんあるんですねー。「宇宙兄弟」。これも衝撃でした。

      近未来の日本で、兄弟が宇宙飛行士を目指すというスケールのデカい物語。もう今の会社では中堅なんですけど、それでも自分の"今"に溜め息は尽きぬもの。何か日常をブチ破るデカいことをしたい。けど、何ができるか分からないし、活力もないし。そこに喝を優しく入れてくれるんですねー。「ムっちゃん」と「ヒビト」の"宇宙兄弟"は。

      それが2012年春公開予定の映画化らしいです。「ムっちゃん」役には、小栗旬。「ヒビト」役には、岡田将生。ここまで決まってます。うーん。小栗旬は好きなんですけど。「『ムっちゃん』の適役はボンバーヘッドの佐藤隆太なんじゃないの?」とか「いやいや、大泉洋でしょ」なんて、高校生みたいな会話が昼食時に繰り広げられてます。この歳になって。良い歳して。

      その他のキャストも気になるところ。本作の登場人物は個性が強すぎて、なかなか万人が納得できるキャスティングって難しいところ。スタッフさん頑張ってねぇ。
    [PR]
    by movis | 2011-05-15 04:41 | 中の人がつぶやく
    アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ
    ● アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ / Senna [イギリス / 2010年]
      
    今や伝説のFormula-1ドライバーとして名高い「アイルトン・セナ」のレース生涯を追うドキュメンタリー。「セナ」ファン、モータースポーツファンには是非見てほしい貴重な一作。優しい表情でされど飄々とトロフィーをかっさらった「セナ」、その裏の人間臭さが本作に溢れている。
      
    b0055200_21113712.jpg

    監督は、アシフ・カパディア。使用映像の登場人物には、アイルトン・セナ、アラン・プロスト、フランク・ウィリアムズ、ロン・デニス、ネイジ・セナ、ミルトン・ダ・シルバ、ヴィヴィアーニ・セナ、ジャッキー・スチュワート、シド・ワトキンス、リチャード・ウィリアムズ、ゲルハルト・ベルガー、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセル、マーティン・ドネリー、ローランド・ラッツェンバーガー、ジェームス・ハント、ジャン=マリー・バレストル、バーニー・エクレストン、パトリック・ヘッド、ルーベンス・バリチェロ、デーモン・ヒル、ミハエル・シューマッハ、アドリアーネ・ガリステウ、今宮純、川井一仁、三宅正治、岡田美里ら。

    "The legend of the greatest driver who ever lived."
    かつてFormula-1にその名を轟かせた名ドライバー、「アイルトン・セナ」。慈善団体"アイルトン・セナ財団"の公認のもと、「アイルトン・セナ」生誕50周年を記念に製作された彼のドキュメンタリー作品。1970年代後半のカートでのキャリアから、1984年のFormula-1デビュー、1994年のイモラでの事故死に至るまでを、関係者のインタビューや秘蔵映像で振り返る。

     
      Formula-1にあまり関心のない人間であっても「アイルトン・セナ」と聞いて浮かべるイメージに、事実はそう間違ったものでもないだろう。それほど高い知名度を誇り、世界から愛された「アイルトン・セナ」は、本作では終始、物憂げな表情であった。これは私にとってはショックだった。当時から、私にとって「セナ」は英雄であり、まるでロボットのように飄々と勝ち続ける様に人間臭さは一切感じ得なかったからだ。そもそも、レースにスリルと興奮を求めるだけで、その表情を見落としていただけだろうか。「セナ」は自分に神が付いていると思っている。「セナ」は自分が死なないと思っている。「アラン・プロスト」が現役時代から常々「セナ」の無謀なドライビングを強く批判したことは有名だ。しかし、本質はどうだったであろうか。大胆の裏に秘めた繊細な一面。人間「アイルトン・セナ」が溢れた本作は、2011年サンダンス映画祭にて、ドキュメンタリー部門観客賞を受賞した。
      
      1994年5月1日、Formula-1世界選手権第3戦サンマリノGP。イモラサーキットでの7周目に起きた出来事は、F1界、モータースポーツ界に留まらず、全世界に悲しみをもたらした。「アイルトン・セナ」は34歳という若き生涯を終えるまで、とにかく勝ちまくった。当時のフォーミュラ・カーのドライビングは属人傾向が色濃く、とにかくドライバーの腕が試された。「セナ」はレコードラインを果敢に攻め、ラップを刻み、マシンがアンダーステアでコースから逃げ出そうとしても、オーバーステアでアグレッシブな状態になろうとも、美しいまでのドライビングでレースをまとめあげた。マシンの開発、機能向上にも積極的に参画し、ロン・デニスとともにマクラーレン・ホンダの黄金期を築き上げた。ピュアにレースを愛する姿勢は多くのモータースポーツファンを虜にしたが、それ以上に、不安定な内政が続いた「セナ」の祖国、ブラジルの国民にとって、彼は生きる希望であり、そして神にも等しい存在であった。
       
      プロローグとエピローグ、過去を振り返った質問を受けて「セナ」は1978年、1979年に戻りたいと答えた。政治も金もない、ただ純粋にレースを楽しめていた頃に。優男のような淡麗な風貌でありながら、レースともなるとアグレッシブを極めた。学業も疎かにせず、レースにおいても賢明を発揮する「セナ」であったが、世渡りは不器用だった。互いが頑固な信念を貫くゆえに生まれてしまう、チームメイト「アラン・プロスト」との確執は、エンターテイメントとしてのFormula-1を大いに沸かせ、私もそれを楽しんだクチだけれども、内情はシリアスを極めていた。Formula-1の政治を理解し、うまく立ち回る「プロスト」との対立は、まるで精巧なドラマを観ているようであった。Formula-1も時代が遷ろう。1992年、名門ウィリアムズがトラクション・コントロール機構や電子サスの導入に踏み切ったことを皮切りとして、フォーミュラ・カーにも電子制御の波が訪れる。そして、ホンダのエンジン供給撤退。「セナ」は、自分が追い求めてきた純粋なレースをすることの楽しさと現実とのギャップに苛まれ、葛藤を繰り返しながら、それでも世間には笑顔を振りまいて観客を沸かした。
      
      2011年5月1日現在、ちょうど17年前のこの日「セナ」はこの世を去った。そもそも、1994年シーズン第3戦は荒れた。同郷であり、インタビューでは「セナ」と隣り合って緊張を隠せぬ初々しい「ルーベンス・バリチェロ」が金曜日のプラクティスでマシンを浮かせる大クラッシュを起こせば、土曜日の公式予選ではマシンの不調に不安を露わにしながらコースに出た「ローランド・ラッツェンバーガー」が事故死した。本編終盤には、当時のフジテレビの生中継映像も使用されている。「川井一仁」がこう伝えた。日曜日決勝のパドックで「セナ」に出場の迷いが見えたような気がする、と。また、DVD/Blu-ray初回限定盤の特典インタビューにて「プロスト」は、「セナ」が当日のイモラのスクリーンに、「プロスト」を想うメッセージを映し出していたことを告白する。幾度とぶつかった彼との付き合いの中で最も嬉しかったとも、今となってはなぜそのような演出をしたのか分からないとも。「セナ」はあの日何を思っていただろうか。何も分からないまま、彼と、彼を取り巻いたエピソードは神格化されていく。彼はFormula-1から人間としてたくさんを学んだと語った。私はそんな「セナ」から初志や信念を体現し、貫いていくことの美しさを学んだ。
       
    ● 製作代表 : Universal Pictures
    ● 日本配給 : 東宝東和
    ● 世界公開 : 2010年10月07日 - 日本(鈴鹿サーキット/プレミア上映)
    ● 日本公開 : 2010年10月08日

    (2011/05/14: 出演者情報 追加/修正、本文 修正)
    [PR]
    by movis | 2011-05-01 21:15 | ドキュメンタリー