Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    タグ:■ 精神的な疲労 ( 3 ) タグの人気記事
    チェンジリング / Changeling
    ● チェンジリング / Changeling [アメリカ / 2008年 / PG-12]

    b0055200_1111466.jpg名匠クリント・イーストウッドが描く、想像を絶する驚愕の事実。彼の生み出す作品に帯びる崇高な風格は本作にも健在。イーストウッドらしさと意外性を感じえる個性的な作品でもある。アンジェリーナ・ジョリーの非凡が存分に発揮された。見応え充分、観て損は有り得ず!



    監督は、「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」のクリント・イーストウッド。「クリスティン・コリンズ」役には、"トゥームレイダー"シリーズのアンジェリーナ・ジョリー。「グスタヴ・ブリーグレブ」役には、「ザ・シークレットサービス」「マルコヴィッチの穴」のジョン・マルコヴィッチ。「J・J・ジョーンズ」役には、ジェフリー・ドノヴァン。「ジェームズ・E・デイヴィス」役には、コルム・フィオール。「ゴードン・ノースコット」役には、ジェイソン・バトラー・ハーナー。「キャロル・デクスター」役には、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のエミリー・ライアン。「レスター・ヤバラ」役には、マイケル・ケリー。「ウォルター・コリンズ」役には、ガトリン・グリフィス。「サンフォード・クラーク」役には、エディ・オルダーソン。

    "To find her son, she did what no one else dared."
    1928年、アメリカ、ロサンゼルス。電話通信会社に勤める「クリスティン・コリンズ」は、女手ひとつで一人息子「ウォルター」を育て、2人で細々と生活を営んでいた。3月10日、「ウォルター」と映画を観にいくはずだった「クリスティン」の休日。人手が足りないから出勤してほしい、という会社からのオンコールを「クリスティン」は断ることができず、ふて腐れる「ウォルター」をなだめて職場へと向かった。終業後、「クリスティン」は帰路を急いだが、自宅にいるはずの「ウォルター」の姿がない。躾には厳しいつもりだった。日が暮れても「ウォルター」が帰ってこないことに、不安が募り、「クリスティン」はロス市警に捜索願いを請う。しかし、牧師の「ブリーグレブ」がロス市警の腐敗撲滅キャンペーンを実施するように、警察組織の怠慢や跋扈した汚職に、市民は不信を極めた。仕事を続けながら関係各局を駆け巡り、邪険に扱われながらもロス市警に喰らい付く日々を送る「クリスティン」に、5ヵ月後、朗報が届く。ロス市警青少年課の「ジョーンズ」から「ウォルター」をイリノイ州で発見、無事保護した、との連絡が入ったのであった…。


      本作のタイトルである"changeling"とは、"取り替え子"の意味がある英名詞。「ウォルター」少年の失踪、「クリスティン」とロス市警の対峙と核心を握るウィネヴィラ養鶏場事件は実際の出来事であり、これをモチーフに「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッドが映画化した。第81回のアカデミー賞では、主演女優賞、撮影賞、美術賞でノミネートを受けた。

      端麗な顔立ちとスタイルで数々の作品に華を添えてきたアンジェリーナ・ジョリーが、艶やかなアプローチを潜めた、技巧的な演技を魅せる。監督のクリント・イーストウッドは、彼女の魅力を「若草物語」などの代表作を持つキャサリン・ヘップバーンらに例え、個性的で存在感がある点に言及しているが、なるほど、彼女の至近の出演作の中では、その非凡な表現力が最もわかりやすい作品であった。突然、最愛の息子が失踪してしまった「クリスティン」の落胆とヒステリック、頼みの綱であるはずの警察組織の怠慢に立ち向かっていく「クリスティン」の勇猛果敢さ。アンジェリーナ・ジョリーは「クリスティン・コリンズ」その人かと思うほど、繊細な心理心情を表現している。「17歳のカルテ」以降、遠のいていたアカデミー賞のカーペットを踏んだ彼女であるが、本作の「クリスティン・コリンズ」を観れば、主演女優賞のノミネートは納得であった。

      カタルシスを見出し難い暗鬱な作品だ。観賞を終え、件の詳細を調べてみてもにわかには信じがたい事実だ。「クリスティン・コリンズ」を襲った息子の失踪という不幸を発端に、次々と絶望が噴出する。強烈な悲劇を突きつけられるから作品にリアリティがあるかないかを言及する気もおきないのであるが、登場人物の緻密な、言葉を換えれば、地に脚ついたコミュニケーションが骨太に描かれているために、脚色を控え、事実をありのままに伝えんとする製作陣の情熱をひしひしと感じることができる。

      ところで、本作には、イーストウッドの"らしさ"と"らしくなさ"を感じ得る、不思議な雰囲気が漂っている。まずは、"らしさ"と感じた部分についてであるが、やはり隙がなく緻密で懇切丁寧な作品の仕上がりと、それに伴い崇高な品格と風格が備わっている点である。彼は監督、俳優業に留まらず、音楽に関しても才が長けていることは有名だが、決して音で作品を誤魔化さない。自動車や衣装、作品の色調にいたるまで拘りが垣間見え、決して作品の世界観を崩さない。先に記述したような、人間のコミュニケーションが活き活きと描かれ、決して超人は描かない。作品の最もわかりやすい部分を見ても、彼の業が他を凌駕する領域に達していることは明らかだ。

      一方で"らしくなさ"と感じた部分についてであるが、90年代以降の作品では顕著な、映像を追っただけでもある程度の結論は分かるが、作品のより深みに脚を踏み入れると様々な深慮のトリガーが潜んでいる、二度三度おいしい、という性格が本作では控えめだった点である。ロン・ハワードからメガホンを受け取った、という製作秘話に根拠があるのかもしれないし、彼は少し日常から離れた世界を描くヒューマン・ドラマの名匠だという先入観がそう思わせるのかもしれないが、淡々と悲壮や絶望を煽り続けられたところに戸惑いを禁じえなかった。とはいえ、母親 = 「クリスティン・コリンズ」の気丈さや勇敢さは悲劇や理屈を超えて、美しく描かれている。最凶の事実を描きながらも、品位を添えてくる辺りは、やはり彼の"らしさ"なのかもしれないけれど。

      実話に基づいた作品、かつ、それがトラジックなものであればあるほど、無邪気に観賞を勧め難いのであるが、イーストウッドの作品に帯びるロイヤルな優雅、威厳は本作にも健在。ドラマ作品としても、ヒストリー作品としても見応え充分な珠玉の一作だ。

    ● 製作代表 : Imagine Entertainment
    ● 日本配給 : 東宝東和
    ● 世界公開 : 2008年05月20日 - フランス(第61回カンヌ国際映画祭)
    ● 日本公開 : 2009年02月20日
    [PR]
    by movis | 2009-04-02 01:16 | ドラマ
    ミスト / The Mist
    ● ミスト / The Mist [アメリカ / 2007年 / R-15]

    b0055200_44826.jpgフランク・ダラボンとスティーヴン・キングが再び顔を合わせた。思慮深い、文字通りの衝撃の結末が待ち受けている。予備知識を得ずに観賞することをお勧めしたいが、「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」のような感動作を期待してしまうと…。



    監督は、「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」のフランク・ダラボン。原作は、スティーヴン・キングの『霧』。「デヴィッド・ドレイトン」役には、「フェイス/オフ」「ドリームキャッチャー」のトーマス・ジェーン。「カーモディ」役には、「ジョー・ブラックをよろしく」のマーシャ・ゲイ・ハーデン。「アマンダ・ダンフリー」役には、「マジェスティック」のローリー・ホールデン。「ブレント・ノートン」役には、「グローリー」のアンドレ・ブラウアー。「オリー・ウィークス」役には、「エバー・アフター」のトビー・ジョーンズ。「ビリー・ドレイトン」役には、「バベル」のネイサン・ギャンブル。「ダン・ミラー」役には、ジェフリー・デマン。「アイリーン・レプラー」役には、フランシス・スターンハーゲン。「ジム・グロンディン」役には、ウィリアム・サドラー。「サリー」役には、アレクサ・ダヴァロス。

    "Fear Changes Everything"
    田舎町に住まうイラストレーターの「デヴィッド・ドレイトン」は、締切りが間近に迫る映画のポスターに仕上げの筆を入れていた。しとしとと窓ガラスを打っていたはずの雨は、次第に強くなり、雷を伴って町の灯りを奪っていく。記録的な大嵐になった。翌朝、半壊の一帯にはしゃぐ息子の「ビリー」であったが、「デヴィッド」の妻「ステファニー」は湖畔に浮かぶ奇妙な霧を不安がった。とりあえず物資を得るため、「デヴィッド」は「ビリー」と隣人「ブレント」と共に、混雑したスーパーマーケットを訪れた。すると、この界隈にも霧が立ち込めるようになる。騒然とする店内に悲鳴が響く。血を流した中年男性が店内に飛び込み、霧の中に何かがいる、と叫んだのであった…。


      「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」でコンビを組んだ、フランク・ダラボンとスティーヴン・キングが再び顔を合わせた。不可解な霧に覆われてパニックになっていく人々の様子を、ホラータッチによってスリリングに描いた作品。本作は、予備知識を得ないほうが堪能できるように思うが、若干のグロテスクと刺激の強い心理描写を伴っているために、レイティング(R-15)設定には留意されたい。

      本作は正直に怖い。嵐のあと唐突に霧が覆う。その舞台の整え方が、例えば「首都消失」や「クローバーフィールド/HAKAISHA」よりもニュートラルで、これらよりも閉塞感がある。さらに、単純に"パニック作品"という言葉で説明がつかない理由は、得体の知れぬ不安を描いておきながら、人間の心理の暴走も事細かに表現しているからである。不安から逃れたいのは皆同じで、そのためになら協力も惜しまないのだが、希望や救いの得方は人間によって違う。マジョリティはマイノリティを排除しようとする。狂気は次々と狂気を生んでいく。このようにして、外部と内部に異種の恐怖を映し出しているために、逃げ場がない。

      本作で最も印象的であるのは、やはり結末である。五里霧中。これはあまりに衝撃的であった。言葉では何とも表現しがたいが、地面に叩きつけられるような惨痛もあれば、上空に舞い上げられるような空虚もある。こうして真っ白な状態になった頭に、じわじわと現実感が戻り、この作品を思い返して何を思うか。作品は半ば強引に、間接的に、問いかけを残して去っている。

      冒頭でも「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」を挙げたが、フランク・ダラボンとスティーヴン・キングの組み合わせであるがゆえに、本作に感動を求めると痛い目に遭うだろう。しかし、これらの作品を並べてみると、どれもエピローグは思慮深く、本作もその点では同じである。何事も微々たる違いで、あらゆる方向に転がっていく。そう思わずにはいられない。本作は凄い。

    ● 製作代表 : Darkwoods Productions
    ● 日本配給 : Broadmedia Studios Corporation
    ● 世界公開 : 2007年11月21日 - アメリカ
    ● 日本公開 : 2008年05月10日
    [PR]
    by movis | 2008-05-17 04:59 | ホラー
    イン・ザ・カット / IN THE CUT
    ● イン・ザ・カット / IN THE CUT [2004年]

    b0055200_20293297.jpgメグ・ライアンのイメージを覆す、彼女の艶かしい演技が拝める官能サスペンス。情景描写は美しいと感じたものの、ストーリーを含めた作品に対する印象は不気味で、決して気持ちの良いものとは感じられなかった。好評か不評か、賛否の分かれる作品ではなかろうか。



    「ピアノ・レッスン」や「ある貴婦人の肖像」を手がけた女性監督、ジェーン・カンピオン。主人公「フラニー」役には、ご存知ロマンスの女王メグ・ライアン。刑事役「マロイ」には、現在公開中であるトム・クルーズ主演の「コラテラル」にも出演しているマーク・ラファロ。また、名優ケヴィン・ベーコンも出演しており、一風変わった役柄を見せてくれる。実はこの作品、最初はニコール・キッドマンを主演に打ち立てて構想が練られたものであったが、メグ・ライアンがそれに惚れ込み、結果として彼女が主演女優となった。一方、ニコール・キッドマンは、この作品の製作に参加している。

    "Everything you know about desire is dead wrong. "
    ニューヨークにある大学で文学を教える女性「フラニー」。彼女は人間関係や恋愛に対する失望感から、他人には心を開かず距離を置く様に生きている。ある日、彼女の自宅近くで猟奇的な殺人事件が発生する。調査に携わる刑事「マロイ」は、犯人と思われる人物を目撃したとして話を聞こうと彼女の自宅に訪れて…。


    これまでのイメージを一新し、官能サスペンスに挑戦したメグ・ライアン。全てを曝け出したその演技には圧倒される。いつもの彼女とは一線を画す演技を見られる点では満足だが…。

    この作品は単なる「官能ストーリー」ではなく、猟奇的殺人を伴った「官能サスペンス」である。猟奇的なサスペンスと言えば「羊たちの沈黙」から始まる「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」や「セブン」と言った作品の様に、不気味さ、気持ち悪さは付き物だが、この作品には独特の不気味さ、気持ち悪さがある。観賞者に「犯人はあの人かな?この人かな?」と思わせる演出があり、サスペンスそのものとしては作りこまれている。だが、ただでさえ猟奇的描写が気味悪いのに、そこに偏狂的な官能描写も入り混じってくるのだから、グロテスクな演出には若干耐性がある自分でさえ二重苦と感じてしまった。

    「赤」が終始鋭く、映像美は逸脱しているし、ストーリーも隙がないのだが、観賞には覚悟が必要であろう。少なくとも、メグ・ライアンのラブシーンだけを期待して観賞するには絶対にお勧めできない。

    ● DVD

    イン・ザ・カット (Amazon.co.jp)
    [PR]
    by movis | 2004-11-06 21:00 | サスペンス / ミステリー