Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    タグ:□ スポーツ ( 4 ) タグの人気記事
    ミリオンダラー・ベイビー / Million Dollar Baby
    ● ミリオンダラー・ベイビー / Million Dollar Baby [アメリカ / 2004年 / PG-12]

    b0055200_0124693.jpg美しい語り口と哀歓の描き方。クリント・イーストウッドの持ち味が十二分に発揮された、濃厚なヒューマン・ドラマ。アカデミー賞4部門にて最優秀賞に選ばれたものの、賛否両論を生む理由がある。万人には勧めにくいものの、重要な議題を与えてくれる一作であった。



    監督と「フランキー・ダン」役には、「ルーキー」「ミスティック・リバー」のクリント・イーストウッド。「マギー・フィッツジェラルド」役には、「ボーイズ・ドント・クライ」のヒラリー・スワンク。「エディ・"スクラップ・アイアン"・デュプリス」役には、「ショーシャンクの空に」のモーガン・フリーマン。「デンジャー・バーチ」役には、「あの頃ペニー・レインと」のジェイ・バルチェル。「ショーレル・ベリー」役には、「セレブの種」のアンソニー・マッキー。「ビッグ・ウィリー」役には、マイク・コルター。

    "Beyond his silence, there is a past. Beyond her dreams, there is a feeling.
     Beyond hope, there is a memory. Beyond their journey, there is a love. "
    「フランキー・ダン」は、ロサンゼルスにある古びた小さなボクシング・ジムを経営している。かつては優秀なカットマン(止血係)であった彼の指導方針は、ビッグ・タイトル獲得を焦らず、慎重かつ保守的であるため、才能に溢れる若きボクサーは皆、彼の元を去ってしまう。実娘「ケイティ」とも連絡が付かず、「フランキー」は孤独な日々を送った。31歳の女性「マギー」がこのジムに押しかけてきたのは、「フランキー」が手塩にかけて育てた「ビッグ・ウィリー」が彼に別れを告げた頃だった。不遇の人生を歩んできた「マギー」は、自身のボクシングの才能に望みを託している。そんな彼女に「フランキー」は見向きもせず、女性ボクサーは取らない、という台詞を繰り返すばかりだ。「マギー」はそれでも折れず、毎日のようにジムへと脚を運ぶ。そんな彼女の姿を見守っていた「フランキー」の親友であり、ジムの雑用係である元ボクサー「エディ」は、「マギー」の将来性を感じ、「フランキー」を説得にかかるのであった…。


      2003年の「ミスティック・リバー」と同様、監督と音楽を兼務し、「フランキー・ダン」役にて主演にも挑んだクリント・イーストウッドの意欲作。2004年に開催された第77回アカデミー賞では7部門のノミネートを受けた。不遇にも、この授賞式では11部門のノミネートを受けたマーティン・スコセッシの「アビエイター」と角を突き合わせる格好となったが、作品賞、主演女優賞、助演男優賞、監督賞と主要4部門でオスカー像を勝ち取った。意外にも、助演男優賞ノミネートでは常連のモーガン・フリーマンは、この作品で初めて最優秀賞を獲得している。

      感情表現や人間関係に滅法不器用な「フランキー」は、人を思い遣る深い心があるにも関わらず、それが上手く相手に伝わらない。どれだけ大切にボクサーを育てても、皆、彼の真意を量りかね、我慢を強いられていると思い込み、去っていってしまう。それは実の娘の「ケイティ」も同じだ。「マギー」を巡る人生は不遇の極みであった。貧しい家庭に育ち、自分を唯一可愛がってくれた父親の死後は、強欲非道な母親や兄弟に囲まれて育った。彼女はそんな家族に対しても愛情を抱え、幼少からウェイトレスで生計を立て、自分の存在意義をボクシングに見出してきた。私は、哀歓を語らせれば、クリント・イーストウッドの右に並ぶ監督はそういないと思っているが、本作では「フランキー」と「マギー」の少し性格の異なる"孤独"が、互いの出会いを以って、光を差し込んでいく語り口が最高に美しいと思った。

      慎重で保守的な「フランキー」と、ハングリーで好戦的な「マギー」という対極の人間が"孤独"という唯一の共通点によって理解を深め、相手を尊重していく。互いの頑固な信念がぶつかりあっている内はヒヤヒヤとするが、それを上手く噛み合わせていくのが「エディ」だ。もちつもたれつ3人の人間が絡み合いながら、ある意味では「マギー」が強引に「フランキー」と「エディ」を牽引しながら、物語は輝かしい予感を振り撒き、また微笑ましく展開していく。もうこのまま光を観て作品がエピローグを向かえてもいい。そう思えるほど、寡黙でありながら、彼らの人格や彼らの抱える"孤独"がありありと映像に表れているのだ。

      しかしながら、伝統ある栄誉を与えられ、こうした非常に精巧なヒューマン・ドラマを讃えていながらも、本作には賛否両論が尽きない。その理由は、作品の核心に触るものであるために言及を避けるが、倫理学上では注意深く語られるべきであるテーマを、あまりに唐突かつ大胆に表現してしまっているからだ。それなりに予兆はあるものの、絶望が一気に噴出する。ある者が口にすること、ある者がとった行動、例えば自分が「フランキー」だったら、「エディ」だったら、「マギー」だったら、思わず深慮に耽ってしまうような憂鬱がある。私は、誰の考えも、誰の行動も、何が間違っていて何が正しいかを語ることができない。それは、自分の人生の中で、彼らのいづれの立場にも置かれたことがないためだろうか。きっと、あの"レモンパイ"の味は、当人にしか分からない。

      観る者の経験、生き方によって、本作が語るメッセージの解釈や心象は異なるかもしれず、敢えて万人に勧めることのできる作品ではないと言っておきたい。とはいえ、手抜きのない、丁寧で繊細なヒューマン・ドラマを体感でき、クリント・イーストウッドの持ち味が十二分に発揮されているといえよう。語り口も美しい。自身が本作に登場するいづれかの立場に置かれたとき、何を考え、どう行動するだろうか。心に重いが、重要な議題を与えてくれる作品だ。

    ● 製作代表 : Warner Bros. Pictures
    ● 日本配給 : MOVIE-EYE/松竹
    ● 世界公開 : 2004年12月15日 - アメリカ
    ● 日本公開 : 2005年05月28日
    [PR]
    by movis | 2009-01-27 00:21 | ドラマ
    GOAL!2 / GOAL II: LIVING THE DREAM
    ● GOAL!2 / GOAL II: LIVING THE DREAM [イギリス / 2007年]

    b0055200_1144493.jpgFIFAのサポートを受けて製作される"GOAL!"シリーズの第2弾作品。イングランドからスペインに舞台を移して「ムネス」が活躍の場を広げていく様が描かれている。前作と比べると、凡庸なスポーツ・ドラマになってしまったが、映像は抜群に美しかった。



    監督は、ジャウム・コレット=セラ。「サンティアゴ・ムネス」役には、クノ・ベッカー。「ガバン・ハリス」役には、「さよなら。いつかわかること」のアレッサンドロ・ニヴォラ。「ロズ・ハーミソン」役には、「スカートの翼ひろげて」のアンナ・フリエル。「グレン・フォイ」役には、「クリムト」「美しすぎる母」のスティーヴン・ディレイン。「ジョルダナ・ガルシア」役には、「仮面の男」のレオノア・ヴァレラ。実際のサッカー選手の出演は、デヴィッド・ベッカム、ロナウド、ラウル・ゴンザレス、ジネディーヌ・ジダン、イケル・カシージャス、イバン・エルゲラ、ミチェル・サルガド、ロビーニョ(2007年当時、スペイン、レアル・マドリッド所属)など。

    "The Journey Continues..."
    リーガ・エスパニョーラ、プリメーラ・ディビシオン。強豪犇くスペインのサッカー・リーグの中にあって『銀河系軍団』とも称された古豪レアル・マドリッドは息が絶え絶えとしていた。FCバルセロナをホームスタジアム、サンティアゴ・ベルナベウに招いた伝統の一戦"エル・クラシコ"で、まさかの大敗に帰す。上層部は、イングランド、プレミアリーグのニューカッスルで旋風を巻き起こす「サンティアゴ・ムネス」の姿を捉えていた。「ムネス」のマネージャー「グレン・フォイ」に届いたレアル・マドリッドからの招待状。それは、誰にとっても幸せの切符となるはずだったのだが…。


      FIFA(国際サッカー連盟)の全面協力を得て、製作された"GOAL!"シリーズの第2弾作品。第1弾作品「GOAL!ゴール!」の続編である本作は、イングランドのサッカー・リーグであるFAプレミアリーグから、情熱の国スペインのサッカー・リーグであるリーガ・エスパニョーラに舞台を移し、「ムネス」の更なる活躍と、レアル・マドリッドのUEFAチャンピオンズリーグへの挑戦が描かれている。実名のクラブ・チームやプレイヤーが続々と登場する豪勢な演出は健在であるが、ロナウジーニョ、メッシ、エトー、アンリ、リバウドなど、レアル・マドリッド以外のクラブに所属する選手も撮影に参加している点を観れば、前作以上に贅沢であった。実際に行われたゲーム・シーンのモンタージュばかりでなく、日を改めて試合を再現し、選手にもゲームを"演じさせた"という。

      極貧の状態からプレイヤーズ・ドリームを勝ち取った「ムネス」が、遠い存在になってしまった。活躍の舞台が確約されている、という条件から始まる作品であるがゆえ、致し方ないともいえる。しかし、「ムネス」の生い立ちに焦点を当て、彼が栄光を掴みとれるか否かの紆余曲折が絶妙なバランスで描かれていた前作と比較してしまうと、凡庸な内容であった。一流プレイヤーになってしまったがための「ムネス」の憂鬱がシリアスに描かれているものの、どこかで白々しく、狙った効果は発揮できていないように思える。「ムネス」の非凡さを謳ってしまったために、決して彼の思いを共有できない、一方通行な人間ドラマとなってしまった。そう考えると、三部作構成の2作目が、いかに重要で、いかに製作が困難なのか、を改めて体感した気もする。

      この"GOAL!"シリーズ三部作には異なる監督がアサインされている。ダニー・キャノンに代わって、2弾作品の製作に挑んだのはスペイン出身の新鋭ジャウム・コレット=セラである。原案に携わったプロデューサ、マイク・ジェフリーズが彼を「移動カメラと巧みな編集を用いて驚くべき仕事をしてくれた」と評価した通り、映像が非常に美しかった。UEFAチャンピオンズリーグ予選第3戦、トロンハイムにて行われたノルウェーのサッカー・クラブであるローゼンボリBKとレアル・マドリッドのゲームの描写は、舞い落ちる粉雪がキラキラと輝いていて最高に幻想的であった。映像として、サッカーや人間を美しく見せることに成功した作品であるといえよう。

      いよいよ次回作で"GOAL!"シリーズが完結する。ダニー・キャノン、ジャウム・コレット=セラと繋がれてきた「サンティアゴ・ムネス」という夢のシンボルを、マイケル・アプテッドがどう昇華していくのかに期待したい。

    ● 関連作品 in the MOVIS

    GOAL!ゴール! [2006年]

    ● 製作 : Milkshake Films
    ● 配給 : 東芝エンタテインメント
    ● 公開 : 2007年2月9日 - イギリス / 2007年5月26日 - 日本
    [PR]
    by movis | 2008-04-12 11:49 | ドラマ
    GOAL!ゴール! / GOAL!
    ● GOAL!ゴール! / GOAL! [アメリカ / イギリス / 2006年]

    b0055200_18525233.jpgFIFAの強力なサポートを受けて製作された、男性版シンデレラ・ストーリー。サッカーならではの迫力、フォーメーション展開の繊細さなど、実際のゲームには敵わない部分も多いが、万人に楽しめる素直なエンターテイメント作品だ。『ニューカッスル・U』の選択が憎い。



    監督は、海外ドラマ"CSI: 科学捜査班"シリーズのダニー・キャノン。「サンティアゴ・ムネス」役には、クノ・ベッカー。「ガバン・ハリス」役には、「フェイス/オフ」「ジュラシック・パーク III」のアレッサンドロ・ニヴォラ。「ロズ・ハーミソン」役には、「タイムライン」のアンナ・フリエル。「グレン・フォイ」役には、「スパイ・ゲーム」のスティーヴン・ディレイン。また、実際のサッカー選手の出演は、アラン・シアラー(2006年当時、イングランド、ニューカッスル・ユナイテッド所属)、スティーヴン・ジェラード(2006年当時、イングランド、リヴァプールFC所属)、デヴィッド・ベッカム、ラウル・ゴンザレス、ジネディーヌ・ジダン(2006年当時、スペイン、レアル・マドリッド所属)など。

    "Every Dream Has A Beginning"
    アメリカの国境にほど近い、メキシコのとある街で生まれた「サンティアゴ・ムネス」。サッカーと呼ぶにはほど遠い"球蹴り"であったが、「サンティアゴ」のボール捌きには小さい頃から目を見張るものがあった。しかし、生活は貧しかった。「サンティアゴ」の実父「ハーマン」は家族を連れて、アメリカへの密入国を決行した。「ハーマン」は苦労を知っている。息子たちに愛情を注ぎながらも、"夢"には厳しかった。ロサンゼルス、20歳になった「サンティアゴ」は父親の仕事を手伝い、彼の教えを胸に秘めつつも、サッカーを忘れることはなくて…。


    FIFA(国際サッカー連盟)の強力なサポートを受けて製作され、生い立ちが貧しいサッカー少年が世界にはばたいていく様を描いたサクセス・ストーリー。三部作の第一作目であるこの作品は、イングランドのトップリーグであるFAプレミアリーグが舞台となっている。クラブ・チームのみならず、サッカー界の名プレイヤーたちも実名での出演を果たしており、ファンには思わずニンマリな豪華さも備えている。内容については、さながら"男性版シンデレラ・ストーリー"といったところ。二度三度と訪れる好機を掴んでいく「サンティアゴ」の様子と、彼を取り巻く出会いや別れが感動的に描かれている。

    スポーツがテーマの作品にはひとつの難関となるのが、"本物"を知っているファンをいかに黙らせることが出来るか、ではないだろうか。その点では、残念ながらこの作品も玄人の関心を得るほどではない。フォーメーション展開の繊細さ、ワン・プレイが戦況を左右する緊張感などのディテールは描ききれておらず、サッカーならではの迫力は実際のゲームに敵わないのが事実だ。逆を反せば、万人共通で楽しめる作品とも言える。"ボールがネットを揺らせばゴール"だという基本さえ知っていれば、それだけでゴール・シーンの爽快感は得られる。サッカーに興味さえあれば、受け入れてくれる寛容さがある。

    素直で単純な物語であったが、ドラマ性とドキュメンタリー性の融合が巧みで、この点を高く評価したい。プロ選手になることがいかに困難で、トップ・クラブでプレイすることがいかに光栄であるか。経験者でないとなかなか痛感できない、プロ・サッカーの偉大さを垣間見ることができる。そういった意味では、『マンチェスター・ユナイテッド』でも『チェルシー』でもなく、『ニューカッスル・ユナイテッド』を夢舞台に設定した点、これが非常に憎い!個人的には続編が大いに楽しみである。

    ● 関連作品 in the MOVIS

    GOAL!2 [2007年]

    ● 製作 : Milkshake Films
    ● 配給 : 東芝エンタテインメント
    ● 公開 : 2005年 (フランス)
    [PR]
    by movis | 2007-12-31 22:43 | ドラマ
    ベッカムに恋して / Bend It Like Beckham
    ● ベッカムに恋して / Bend It Like Beckham [2002年]

    b0055200_21293758.gifブレア英国首相に「この作品を誇りに思っている」、ベッカム本人に「ものすごく気に入った」とまで言わしめた作品。全国の恋愛に、日々の生活にお悩みの女性の方々。この作品を観れば元気が湧いてきますよ !! …たぶん。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    世の女性達がワールドカップに、そして、何よりもベッカムに酔いしれた2002年。まるで、ベッカム旋風が吹き荒れることを予想したかの様に姿を現したのがこの作品。主人公で、サッカーが大好きなインド系イギリス人の女の子「ジェスミンダー・バームラ(以下愛称:ジェス)」役には、パーミンダ・ナーグラ。そして、ジェスの才能に惚れ込み、彼女を自分が所属する地元の女子サッカーチームに引き抜こうとする「ジュリエット・パクストン(以下愛称:ジュールズ)」役には、「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」にも出演経験のあるキーラ・ナイトレイ。

    サッカーとベッカムをこよなく愛する「ジェス」は、インドの慣習に厳しい両親から「女の子がサッカーをするなんて」と叱咤されているが、その目を盗んで地元の男の子達と公園でサッカーをするのが日課となっている。そして、彼女のボール捌きに見惚れた地元女子サッカーチームの「ジュールズ」は「ジェス」を自分のチームに引き抜こうと説得を試みて…。

    単刀直入に感想を述べるなら、可もなく不可もなく、と言ったところでしょうか。何の気負いもなく観ることの出来るホーム・ドラマならぬホーム・ムービー、と言った印象です。が、決して詰まらない映画ではないと思います。ストーリー展開も淡々と進むし、ピッチの芝の緑とユニフォームの色とのコントラストも映えているし、音楽もアップテンポで軽快で。観ていて楽しい気分になってきます。映画に温かみ、ハッピーエンドを求めている方にオススメします。

    自分はサッカーが好きなので、それをキッカケに観た作品なのですが、残念な点を挙げるとすれば、あまりに予想通りに展開が進んでしまう点でしょうか。もう少しどんでん返しな要素があっても面白かったかな、とも思います。が、キャラクターの設定もしっかりなされていますし、この作品の世界観は自分は決して嫌いではありません。また、リネカーやハンセン、バーンズと言ったイギリス屈指の名プレイヤー達も出演していますので、夜中の欧州リーグ観戦まで時間を持て余しておられるサッカー好きな方々も是非一度ご覧になっては如何でしょうか。

    「ここまで長々語っておいて、ベッカム様には触れないのかよ !!」とお怒りの女性の方々。お待たせしました。ベッカムは…映画を観てのお楽しみ、ということにしておきましょうか。(笑

    ● ベッカムに恋して / Bend It Like Beckham 公式サイト(日本)

    http://www.albatros-film.com/movie/beckham/

    ● DVD

    ベッカムに恋して (Amazon.co.jp)
    [PR]
    by movis | 2004-11-03 21:00 | ドラマ - 青春