Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    タグ:□ ファミリー ( 4 ) タグの人気記事
    ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険
    ● ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険 [日本 / 2003年]

    言わずと知れた大人気コミックのスピンオフ第4作目は初の単作公開。本編でも観られる「ONE PIECE」の魅力がコンパクトにまとまっており、「ONE PIECE」を知らない人には入門編としても最適。コアなファンには少し物足りないかも…?それでも、エピローグに向けて開放的に見せてくるあたりはさすが!
     
    b0055200_6222081.jpg
     
    監督は、「銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー」の宇田鋼之介。「モンキー・D・ルフィ」の声の担当には、田中真弓。「ロロノア・ゾロ」の声の担当には、中井和哉。「ナミ」の声の担当には、岡村朋美。「ウソップ」の声の担当には、山口勝平。「サンジ」の声の担当には、平田広明。「トニートニー・チョッパー」の声の担当には、大谷育江。「ニコ・ロビン」の声の担当には、山口由里子。「シュライヤ・バスクード」の声の担当には、宮本充。「ビエラ」の声の担当には、永井一郎。「アナグマ」の声の担当には、酒井美紀。「ガスパーデ」の声の担当には、石田太郎。「ニードルス」の声の担当には、小杉十郎太。
     
    "生き残れるか!? 大海賊が競う史上最悪のレース!!"
    時は大海賊時代。いまや伝説の海賊王「ゴールド・ロジャー」が遺した"ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)"をめぐって、幾人もの海賊達が旗をかかげ戦っていた。"偉大なる航路(グランドライン)"、ハンナバル。「モンキー・D・ルフィ」率いる"麦わらの一味"は、彼と「チョッパー」の大喰らいが原因で慢性的な金欠病に陥っていた。優秀な航海士であり"麦わらの一味"の金庫番でもある「ナミ」は、金の匂いを嗅ぎつける。それは、ハンナバルで不定期に開催される、海賊の海賊による何でもありの『デッドエンド・レース』への参加であった。その頃、とある海賊蒸気船のボイラー室。病に蝕まれ咳き込む老いたボイラーマンと、彼を"じいちゃん"と慕い、病状を心配する少年の姿があった…。

     
      尾田栄一郎が描くコミック「ONE PIECE」は、史上最速で1億冊を売り上げ、60巻発表によって2億冊を突破、初版発行部数、初動週間売上部数では国内出版史上最高記録を樹立し、世界30カ国以上で翻訳販売されている大人気少年漫画。本作は、スピン・オフ劇場作品としては4作目に当たるが、単作での公開は初めてであり、上映時間も60分を超えた。本筋のストーリーでは描かれない、完全なオリジナルのシナリオであるが、「ルフィ」が呟くかつて戦闘したキャラクターの名前や、懸賞金をめぐる一連のエピソードから"アラバスタ編"と"スカイピア編"の中間に時間軸が設定されていることがうかがえる。メディアミックスの観点では「BUMP OF CHICKEN」の"sailing day"が公式タイアップされたほか、女優の酒井美紀が「アナグマ」役で声の出演を果たしているといった話題がある。

      90分強という短かい尺ではあるが、2011年4月現在、単行本61巻にも及ぶ「ONE PIECE」の"良さ"が網羅された、凝縮された作品であった。作者の尾田栄一郎は、単行本のライナーノーツの中で「ONE PIECE」に対するポリシーを語っており、同作は"少年漫画"であることを強調しながら、多少カタストロフィや殺戮は描きながらも「ルフィ」は絶対に敵を殺さないし、キャラクターの心情の移ろいは描きながらも明示的な恋愛は描かない、としている。ある意味で物語を盛り上げる上での"制約"と言えるのかもしれないが、それでも単行本が2億冊以上も売れてしまう"魅力"がある。作品に対しての思い入れは人それぞれであろうが、大きくは、細やかな伏線の張り方と丁寧な回収の仕方、感動と悲壮のエピソードの描き方が上手いというズルさ、そして、さまざまな過去に囚われるキャラクターが救いを見出す「ルフィ」の無邪気な仲間意識、といったところであろうか。そういった魅力が、本作にギュッとコンパクトに詰まっていた。
      
      『本編の魅力がコンパクトに閉じ込められた』という印象は、もしかするとズバリ制作サイドの狙いかもしれない。分かりやすい部分では、"麦わらの一味"がそれぞれの船員としての役割をこなす描写が必ず含まれているし、海軍との対峙もあるし、特徴に富んだ海賊が登場するし、といった具合だ。「ガスパーデ」をやっつける、という単純な活劇に終わらず、「シュライヤ」を巡る、ミスリードを誘うような感動的なエピソードも含まれていて、さながら本編に見られるドラマ性も保っている。「ONE PIECE」入門編とも言えるか、万人に観賞がやさしい作品だ。コアなファンに向けたケアも含まれているのか、登場する人物のセリフが、後に"麦わらの一味"が訪れることになる舞台を予感させたりもする。エピローグを開放的に見せてくるあたりもさすがである。
      
      しかし、本編が10巻程度のボリュームでひとつの舞台をまとめあげるのに対して、90分という時間で新しい舞台を描き切ってしまうので、淡泊な印象も否めない。「ルフィ」と「シュライヤ」が強調して描かれるので、必然的に"麦わらの一味"の連携のとれた大暴れは影を潜めてしまうし、強靭な敵を相手に「ルフィ」はどう攻略していくのか、という状況打開のスリルにも乏しい。「ONE PIECE」の魅力がコンパクトにまとまっている代わりに、本編にあるような奥深さが伴わず「観た!」という満足感は得難い点だけは残念であった。それでも、親子が同じテンションで観られる作品がどれほどあるだろうか、と考えると、本作しかり本編しかり、子供も楽しめる活劇の分かりやすさと、大人も楽しめる物語の奥の深さが、絶妙なバランスで描かれている点は改めてすごい。

      「ONE PIECE」好きで有名な「さまぁ~ず」三村マサカズ。某番組で相方の大竹一樹に対して「お前は、イースト・ブルー止まりだな!」と真顔で突っ込むが、理解してもらえず失笑を買う。分かる人には分かるんだけどなあ!
      
    ● 製作代表 : 東映アニメーション
    ● 日本配給 : 東映
    ● 世界公開 : 2003年3月1日 - 日本
    ● 日本公開 : 2003年3月1日
    [PR]
    by movis | 2011-04-30 06:32 | アニメーション
    ウォーリー / WALL・E
    ● ウォーリー / WALL・E [アメリカ / 2008年]

    b0055200_1225492.jpgさすがはピクサー、さすがはスタントン、ロボットの所作を手掛けても可愛らしく演じさせてしまう。虚しい未来に輝く、あまりに眩しく、あまりに純粋なロボットのラブ・ストーリー。『本作は傑作』と胸を張って伝えられる。どこかで本作に感じる不思議な"違和感"の正体とは…。



    監督は、「レミーのおいしいレストラン」のアンドリュー・スタントン。「WALL・E」と「M・O」の声の担当には、ベン・バート。「EVE」の声の担当には、エリサ・ナイト。「マクレア」の声の担当には、ジェフ・ガーリン。「シェルビー・フォースライト」役には、フレッド・ウィラード。「ジョン」の声の担当には、ジョン・ラッツェンバーガー。「メアリー」の声の担当には、キャシー・ナジミー。「アクシオム・コンピュータ」の声の担当には、"エイリアン"シリーズのシガーニー・ウィーヴァー。

    "An Adventure Beyond the Ordinar-E"
    時は29世紀。人間たちが、汚染し尽された地球を捨て、新たな入植地を求めて宇宙船"アクシオム艦"で飛び立ってから700年もの歳月が経とうとしていた。荒廃し、砂ぼこりが舞い上がる不毛の地で、せっせとゴミを片付けるロボットがいた。彼の名前は「WALL・E(ウォーリー)」。仲間たちは皆壊れてしまい、唯一相棒と呼べるのはゴキブリの「HAL(ハル)」だけ。ゴミの中からお気に入りのガタクタを見つけることが楽しみで、古びた『ハロー・ドーリー!』のフィルムを見ては、人恋しさを募らせる寂しい日常を繰り返した。ある日、突然、上空から巨大な宇宙船が降りてきた。そこから降ろされたのは、丸みを帯びた白く輝くロボットで…。


      「レミーのおいしいレストラン」や「ファインディング・ニモ」を手掛けた、アンドリュー・スタントンが送るファンタジー・アニメーション。孤独な生活を送ってきた男の子という設定の「WALL・E」と、とある目的の為に地球に降ろされた女の子という設定の「EVE」の交流を描く。

      「WALL・E」と「M・O」の声を担当したベン・バートの本職はサウンド・デザイナーであり、本作でも音響エンジニアを兼務している。彼は、2005年5月にピクサー社に籍を置くまでは、28年間ルーカスフィルムに在籍し、"スター・ウォーズ"シリーズではお馴染みの「R2-D2」や「チューバッカ」の声から、ライトセイバーの効果音にいたるまで、音響界では巨匠と呼ばれるような功績を残してきた。スタントンは最新型ロボットという設定を与えた「EVE」のデザインを、iPodのデザインを担当したジョナサン・アイヴに依頼し、彼も快諾したという。加えて、スティーヴ・ジョブスを巡るピクサー社とアップル社の深い関係性は、「WALL・E」の起動音がマッキントッシュの効果音であったり、「WALL・E」がiPod nanoを使っているシーンにも表れている。物語はさておき、製作の背景が面白い一作でもある。

      さすがはピクサー製作とアンドリュー・スタントン、「WALL・E」と「EVE」を筆頭として劇中に登場するロボットの所作は、思わず目を細めんばかりに可愛らしい。「トイ・ストーリー」は例外として、スタントンはロボットというモチーフを初めて採用したが、無機質なキャラクターにも温かい感情を与え、彼のファンの期待を裏切らない出来であると言えよう。ところが、これまでのスタントンの作品と比較すると、不思議な違和感を得る作品である。爽やかなファンタジーであって、余韻には文句なく感動や解放感が帯びているにも関わらず、どこかでアンニュイが禁じえない。ある意味では、スタントンが製作総指揮を担当し、本作と同時上映される「マジシャン・プレスト」のほうが余程"らしい"とさえ思ってしまうのである。

      例えば、"BNL(Buy N Large)社"の創設者「シェルビー・フォースナイト」は、アニメーションでなく、フレッド・ウィラードその人の演技、つまり作品には唯一であるものの、生身の人間が登場すること。例えば、ようやくお家芸の"人間らしさを捨てた人間"が登場するものの、その造形に思わずギョッとしてしまったこと。「WALL・E」が生きる街はファンタジーらしからず荒廃していて埃っぽく、キャラクター動作の神がかったテンポも潜んでしまっている。この、これまでのスタントン作品との"何かが違う"という違和感は、現実味を持って地球の行く末を絶望的に暗示されているからのように思えてならないのだ。

      臆病で内気な「WALL・E」は、短い時間ながらも「EVE」と過ごした時が新鮮で、ひとりぼっちには戻りたくなくて彼女を懸命に追いかける。「EVE」は時々任務の邪魔をする「WALL・E」を疎ましく思いながらも、次第に彼の純心に惹かれていく。目標を失った未来人たちは、変わり映えのしない一定の生活を送っている中、この「WALL・E」と「EVE」の純愛に、忘れていたはずの何かを蘇らせていくのだ。違和感のあるどこか現実味のある世界観の絶望の中で、ロボットの純愛があまりに眩しく、やがて希望となっていく。『生き残るより、生きたいんだ』という台詞が心を掴んで離さない。

      絶望と希望のコントラストは見事なほど鮮やかに映えていたが、観賞後に感じた最後の違和感は、これほどメッセージが鋭い作品がスタントンやピクサーの作品にあっただろうか、という点だ。地球環境の悪化や世界情勢の傾斜が憂鬱な昨今、そこに希望や深慮を与えんとする作品が増えてきているなか、スタントンやピクサーにおいても新境地を開拓し、人々に活力を与えんとしているのか。それが図星か、私の過慮なのか、そこに答えはないが、絶対であるのは「WALL・E」と「EVE」の純愛に、身が震えたということ。本作は、もしかすると子供には少し難しいかもしれないし、もしかすると大人にはもっと難しいかもしれない。しかし、観て損は有り得ないはずだ。お世辞なし、正直な胸の内、本作は傑作だ。

    ● 関連作品 ※レビュー対象外
    マジシャン・プレスト [2008年]
     → 「ウォーリー」と同時上映。ショートアニメーション。

    ● 製作代表 : Pixar Animation Studios
    ● 日本配給 : Walt Disney Studios Motion Pictures
    ● 世界公開 : 2008年06日23日 - アメリカ(ロサンゼルス/プレミア)
    ● 日本公開 : 2008年12月05日
    [PR]
    by movis | 2009-01-24 12:35 | アニメーション
    幸せの1ページ / Nim's Island
    ● 幸せの1ページ / Nim's Island [アメリカ / 2008年]

    b0055200_623387.jpg最近の映画では教えてくれない、今更なことを嫌味なく教えてくれる絵本のような作品。しかし、その恩恵を被るためには、余計な突っ込みはしないこと、無心に映像を楽しむことが必要。ジョディ・フォスターとアビゲイル・ブレスリンの暴れっぷりが作品の見所。



    監督は、「小さな恋のものがたり」のマーク・レヴィン、ジェニファー・フラケット夫婦の共同。原作は、ウェンディー・オルーの『秘密の島のニム』。「アレクサンドラ・ローバー」役には、「羊たちの沈黙」のジョディ・フォスター。「ニム・ルソー」役には、「幸せのレシピ」のアビゲイル・ブレスリン。「ジャック・ルソー」「アレックス・ローバー」役には、「オペラ座の怪人」のジェラルド・バトラー。

    "Be the hero of your own story."
    太平洋上のとある孤島、11歳の少女「ニム」は、海洋生物学者として名が高い父親「ジャック・ルソー」と共に、自給自足の生活を送っている。学校に行かなくてもいいし、トドの「セルキー」、トカゲの「フレッド」、ペリカンの「ガリレオ」がいるから寂しくない。そして、冒険小説に登場する「アレックス・ローバー」が憧れだった。ある日、「ジャック」が新種のプランクトンを採取するため、島を離れた矢先に近海を嵐が襲う。心細い「ニム」は父親のパソコンの1通のEメールに目を向けた。送信者は、なんと憧れの「アレックス・ローバー」。「ニム」は彼に助けを求めた。ところが、そのメールは「アレックス・ローバー」が登場する冒険小説の著者「アレクサンドラ・ローバー」が、執筆に行き詰まり、「ジャック」に協力を求めて送信したものであった。加えて彼女は極度の潔癖症で家を出られず、門前のポストに辿り着くのもやっと。「ニム」のSOSに呆然とする彼女は…。


      自分が描く冒険小説のヒーローとは対象的に、極度の潔癖症で外出もままならない、頼らない「アレクサンドラ・ローバー」と、父親と孤島で暮らす逞しい「ニム」の交流を描く。原作『秘密の島のニム』のファンだという、ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラーが、オーストラリア・クイーンズランドの自然を舞台に"冒険"を表現した。

      どうも様子がおかしいと思ったら、トドがツリーハウスでリズムを刻んでいるし、女の子はトカゲを抱いてベッドに潜り込んでいた。リアリティとは一線を画して突っ走るファンタジー作品だということはプロローグからも読み取れる。サスペンスやドラマを好んで観賞してきた。だから、前後関係を整理しようと躍起になっていたのだが、そんな自分が滑稽に思えた。もしも、小学生の頃にこの作品に出会っていたなら、作品の価値は星のようにキラキラと輝いたかもしれぬ。

      現実的な突っ込みがナンセンスな本作の見所は、ジョディ・フォスターとアビゲイル・ブレスリンの暴れっぷりにある。英知と勇気で戦況を引き裂くような性格は影を潜め、コミカルな役を与えられたジョディ・フォスターは楽し気だ。極度の潔癖症で、消毒アルコールは必須。変身願望もあるにはあるが、クモ1匹にヒステリックな女性「アレクサンドラ」を堂々と演じ上げた。「リトル・ミス・サンシャイン」や「幸せのレシピ」では、人間関係に敏感で繊細な演技を求められてきたアビゲイル・ブレスリンも、ムシを調理するは、トカゲをぶん投げるは、文字通りの大暴れである。嵐を耐え抜き、島を私利私欲から守り抜こうとする「ニム」の純心がまぶしい。優しい父親「ジャック」と力強い「アレックス・ローバー」を演じ分けたジェラルド・バトラーの存在感も敵わない。

      自然や生き物は大切に、などということをストレートに語る映画を最近観ないような気がする。本作は恥ずかし気なく嫌味なく、そういった教えを説き、そしてアウトドア志向である。ロケーションがユネスコ自然遺産に数えられるクイーンズランドということもあって、風光明媚な映像が自然尊重に対する何よりの説得力だ。しかし、本作では外に引っ張り出されるのが、TVゲームに興じる子供というわけではなく、良い歳をした女性であるわけである。ストーリーはハチャメチャだ。

      こうして作品は、プロローグからエピローグまで一貫して映像のジュブナイルとなり得た。まるで絵本であるが、「ニム」の語りで物語がはじまるあたり、製作の意図とも思える。結局のところ、『なぜ』『どうして』を自問して観賞してしまったが、子供のように、めぐる映像をただ楽しめばなかなか愉快な作品だろう。ただ残念なのは、邦題か。原題"Nim's Island"のままのほうが、よっぽどワクワクするのに…。

    ● 製作代表 : Walden Media
    ● 日本配給 : Kadokawa Pictures
    ● 世界公開 : 2008年04月03日 - オーストラリア
    ● 日本公開 : 2008年09月06日
    [PR]
    by movis | 2008-09-14 06:27 | ファンタジー
    スパイダーウィックの謎 / The Spiderwick Chronicles
    ● スパイダーウィックの謎 / The Spiderwick Chronicles [アメリカ / 2008年]

    b0055200_2595420.jpgILMが放つ特殊効果が抜群のパンチ力を放つ一作。ここまで違和感なく、実写と特殊効果が融合するものか、と驚きを覚えた。2役を演じ分けるフレディ・ハイモアの存在感が鋭い。導入部こそ、子供には難解かもしれないが、裏を反せば大人も楽しめるファンタジーだ。



    監督は、「フォーチュン・クッキー」のマーク・ウォーターズ。原作は、製作総指揮にも参加しているホリー・ブラック、トニー・ディテルリッジの『スパイダーウィック家の謎』。「ジャレッド・グレイス」「サイモン・グレイス」役には、「ネバーランド」「チャーリーとチョコレート工場」のフレディ・ハイモア。「マロリー・グレイス」役には、「イン・アメリカ / 三つの小さな願いごと」のサラ・ボルジャー。「ヘレン・グレイス」役には、「フライド・グリーン・トマト」「レッド・ドラゴン」のメアリー=ルイーズ・パーカー。「アーサー・スパイダーウィック」役には、「ボーン・アルティメイタム」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のデヴィッド・ストラザーン。「マルガラス」役には、「ケープ・フィアー」「ホテル・ルワンダ」のニック・ノルティ。

    "Their World Is Closer Than You Think"
    森の奥に大きな屋敷がひっそりと建っている。様々な書籍と生物の標本で埋まった雑多な部屋に、不思議な生物を採集した、ひとりの男が飛び込む。彼は怯えた様子で、この生物を観察ノートに記すと、これを封印してしまう。そして、彼の叫び声が轟いた。80年の時を経て、荒廃した古い屋敷に「グレイス」一家が越してきた。「ジャレッド」の悪態を皮切りに始まる「マロリー」「サイモン」の兄弟喧嘩に、声を荒げる母親「ヘレン」。彼らが円満な家庭関係を築けていないのも、そもそもの引越しの理由も、夫婦の関係が悪化していたからだ。「ジャレッド」が家族に強い反抗心を持つのも、離れた父親を慕っていたからであった。そんな折、家族の持ち物が次々となくなってしまう、という現象が襲う。例によって、「ジャレッド」が責められるのであったが…。


      何といっても、映像美に圧倒される。特殊効果のスペシャリスト集団"ILM"のSpFXが、いかに強力であるかを体感できる作品だ。そもそも空想のクリーチャーやモンスターは、特殊効果によって表現するほかないのであるが、いまや実写と自然に相容れている様を目の当たりにして、ただ驚愕するばかりである。スタッフ・ロールに見つけた、上杉裕世をはじめ、多くの日本人の名前が嬉しかった。

      "フレディ・ハイモア"、"ファンタジー"と聞けば、本作と公開日が至近である「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を思わず浮かべてしまったが、両作品での共通点は、単純な子供向けのジュブナイルではないことである。大人の思惑や事情に対して、子供が正確にリアクションを返しているので、思わずドキッとするほどシリアスに展開していく。しかしながら、こうした人間関係の不協和音が、恐怖や不安を共有することで解消されていく、というモチーフ自体は新しいものではないので、構成は至極シンプルである。

      こうした予定調和的なストーリーにあって、攻撃的で勇敢な「ジャレッド」と内向的で知的な「サイモン」の2役を演じ分けたフレディ・ハイモアの存在感が鋭い。唖然とするような衝撃のエピローグに向けて、「ジャレッド」が逞しく導いてくれるので、安心して観賞することができる。

      導入部が子供には少々難解かもしれないが、裏を反せば、大人でも十分に楽しめる内容である。昨今、大型のファンタジーでマーケットが賑わっている中、本作は96分という短い尺でスッキリとした完結を堪能することができるので、リラックスして観賞して頂きたい。やはり、映像のもつパンチ力が強い作品であるので、劇場の大きなスクリーンで本作を楽しむのがお勧めである。

    ● 製作会社 : The Kennedy/Marshall Company
    ● 配給会社 : Paramount Japan
    ● 世界公開 : 2008年1月31日 - アメリカ(ハリウッド/プレミア)
    ● 日本公開 : 2008年4月26日
    [PR]
    by movis | 2008-04-13 03:04 | ファンタジー