Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    タグ:□ ロマンティック ( 6 ) タグの人気記事
    ウォーリー / WALL・E
    ● ウォーリー / WALL・E [アメリカ / 2008年]

    b0055200_1225492.jpgさすがはピクサー、さすがはスタントン、ロボットの所作を手掛けても可愛らしく演じさせてしまう。虚しい未来に輝く、あまりに眩しく、あまりに純粋なロボットのラブ・ストーリー。『本作は傑作』と胸を張って伝えられる。どこかで本作に感じる不思議な"違和感"の正体とは…。



    監督は、「レミーのおいしいレストラン」のアンドリュー・スタントン。「WALL・E」と「M・O」の声の担当には、ベン・バート。「EVE」の声の担当には、エリサ・ナイト。「マクレア」の声の担当には、ジェフ・ガーリン。「シェルビー・フォースライト」役には、フレッド・ウィラード。「ジョン」の声の担当には、ジョン・ラッツェンバーガー。「メアリー」の声の担当には、キャシー・ナジミー。「アクシオム・コンピュータ」の声の担当には、"エイリアン"シリーズのシガーニー・ウィーヴァー。

    "An Adventure Beyond the Ordinar-E"
    時は29世紀。人間たちが、汚染し尽された地球を捨て、新たな入植地を求めて宇宙船"アクシオム艦"で飛び立ってから700年もの歳月が経とうとしていた。荒廃し、砂ぼこりが舞い上がる不毛の地で、せっせとゴミを片付けるロボットがいた。彼の名前は「WALL・E(ウォーリー)」。仲間たちは皆壊れてしまい、唯一相棒と呼べるのはゴキブリの「HAL(ハル)」だけ。ゴミの中からお気に入りのガタクタを見つけることが楽しみで、古びた『ハロー・ドーリー!』のフィルムを見ては、人恋しさを募らせる寂しい日常を繰り返した。ある日、突然、上空から巨大な宇宙船が降りてきた。そこから降ろされたのは、丸みを帯びた白く輝くロボットで…。


      「レミーのおいしいレストラン」や「ファインディング・ニモ」を手掛けた、アンドリュー・スタントンが送るファンタジー・アニメーション。孤独な生活を送ってきた男の子という設定の「WALL・E」と、とある目的の為に地球に降ろされた女の子という設定の「EVE」の交流を描く。

      「WALL・E」と「M・O」の声を担当したベン・バートの本職はサウンド・デザイナーであり、本作でも音響エンジニアを兼務している。彼は、2005年5月にピクサー社に籍を置くまでは、28年間ルーカスフィルムに在籍し、"スター・ウォーズ"シリーズではお馴染みの「R2-D2」や「チューバッカ」の声から、ライトセイバーの効果音にいたるまで、音響界では巨匠と呼ばれるような功績を残してきた。スタントンは最新型ロボットという設定を与えた「EVE」のデザインを、iPodのデザインを担当したジョナサン・アイヴに依頼し、彼も快諾したという。加えて、スティーヴ・ジョブスを巡るピクサー社とアップル社の深い関係性は、「WALL・E」の起動音がマッキントッシュの効果音であったり、「WALL・E」がiPod nanoを使っているシーンにも表れている。物語はさておき、製作の背景が面白い一作でもある。

      さすがはピクサー製作とアンドリュー・スタントン、「WALL・E」と「EVE」を筆頭として劇中に登場するロボットの所作は、思わず目を細めんばかりに可愛らしい。「トイ・ストーリー」は例外として、スタントンはロボットというモチーフを初めて採用したが、無機質なキャラクターにも温かい感情を与え、彼のファンの期待を裏切らない出来であると言えよう。ところが、これまでのスタントンの作品と比較すると、不思議な違和感を得る作品である。爽やかなファンタジーであって、余韻には文句なく感動や解放感が帯びているにも関わらず、どこかでアンニュイが禁じえない。ある意味では、スタントンが製作総指揮を担当し、本作と同時上映される「マジシャン・プレスト」のほうが余程"らしい"とさえ思ってしまうのである。

      例えば、"BNL(Buy N Large)社"の創設者「シェルビー・フォースナイト」は、アニメーションでなく、フレッド・ウィラードその人の演技、つまり作品には唯一であるものの、生身の人間が登場すること。例えば、ようやくお家芸の"人間らしさを捨てた人間"が登場するものの、その造形に思わずギョッとしてしまったこと。「WALL・E」が生きる街はファンタジーらしからず荒廃していて埃っぽく、キャラクター動作の神がかったテンポも潜んでしまっている。この、これまでのスタントン作品との"何かが違う"という違和感は、現実味を持って地球の行く末を絶望的に暗示されているからのように思えてならないのだ。

      臆病で内気な「WALL・E」は、短い時間ながらも「EVE」と過ごした時が新鮮で、ひとりぼっちには戻りたくなくて彼女を懸命に追いかける。「EVE」は時々任務の邪魔をする「WALL・E」を疎ましく思いながらも、次第に彼の純心に惹かれていく。目標を失った未来人たちは、変わり映えのしない一定の生活を送っている中、この「WALL・E」と「EVE」の純愛に、忘れていたはずの何かを蘇らせていくのだ。違和感のあるどこか現実味のある世界観の絶望の中で、ロボットの純愛があまりに眩しく、やがて希望となっていく。『生き残るより、生きたいんだ』という台詞が心を掴んで離さない。

      絶望と希望のコントラストは見事なほど鮮やかに映えていたが、観賞後に感じた最後の違和感は、これほどメッセージが鋭い作品がスタントンやピクサーの作品にあっただろうか、という点だ。地球環境の悪化や世界情勢の傾斜が憂鬱な昨今、そこに希望や深慮を与えんとする作品が増えてきているなか、スタントンやピクサーにおいても新境地を開拓し、人々に活力を与えんとしているのか。それが図星か、私の過慮なのか、そこに答えはないが、絶対であるのは「WALL・E」と「EVE」の純愛に、身が震えたということ。本作は、もしかすると子供には少し難しいかもしれないし、もしかすると大人にはもっと難しいかもしれない。しかし、観て損は有り得ないはずだ。お世辞なし、正直な胸の内、本作は傑作だ。

    ● 関連作品 ※レビュー対象外
    マジシャン・プレスト [2008年]
     → 「ウォーリー」と同時上映。ショートアニメーション。

    ● 製作代表 : Pixar Animation Studios
    ● 日本配給 : Walt Disney Studios Motion Pictures
    ● 世界公開 : 2008年06日23日 - アメリカ(ロサンゼルス/プレミア)
    ● 日本公開 : 2008年12月05日
    [PR]
    by movis | 2009-01-24 12:35 | アニメーション
    P.S. アイラブユー / P.S. I Love You
    ● P.S. アイラブユー / P.S. I Love You [アメリカ / 2007年]

    b0055200_1295456.jpg嫌味なく切ない人間模様を織り成している点が好印象。ヒューマン・ドラマの色が強く、ロマンスは期待しすぎないほうがよい。ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラーの仕事っぷりがいい。控えめではあるが強い存在感のある"追伸"のような性格があって、私的に秀作だ。



    監督は、「フィッシャー・キング」や「マディソン郡の橋」の脚本で有名なリチャード・ラグラヴェネーズ。原作は、セシリア・アハーンの『P.S. アイラブユー』。「ホリー」役には、「インソムニア」「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンク。「ジェリー」役には、「オペラ座の怪人」「幸せの1ページ」のジェラルド・バトラー。「デニース」役には、海外ドラマ"フレンズ"シリーズのリサ・クドロー。「シャロン」役には、「バウンド」のジーナ・ガーション。「パトリシア」役には、「ミザリー」のキャシー・ベイツ。「ダニエル」役には、「メンフィス・ベル」のハリー・コニック・Jr.。「ウィリアム」役には、ジェフリー・ディーン・モーガン。

    "Sometimes there's only one thing left to say."
    大柄で豪快な「ジェリー」と繊細で実直な「ホリー」のケネディ夫妻は、マンハッタンの住まいでよくケンカした。原因は些細なことばかりであったが、ひとしきり胸の内をぶちまけた後は、互いの愛を感じ、「ホリー」は「ジェリー」の温もりに支えられた。しかし、幸せは永くは続かず、「ジェリー」がこの世を去ってしまう。「ホリー」の心に空いた穴は何であっても埋められず、アパートで引き篭もる日々が続く。3週間が過ぎ、「ホリー」の誕生日が訪れた。彼女を驚かせようとアパートを訪れた「パトリシア」、「キアラ」、「デニース」、「シャロン」、「ジョン」が目にしたのは、変わり果てた「ホリー」の姿だった。そこに突然、大きなケーキが届く。送り主は「ジェリー」だった。「ホリー」は箱に添えられたテープレコーダをおそるおそる再生する。懐かしい「ジェリー」の声が蘇る。『これからいろんな方法で僕から手紙が届く。君は引き篭もるだろうと思って誕生日まで待ったんだ。1通目は明日だ。手紙の内容に従えよ。いいね?』


      「フィッシャー・キング」、「マディソン郡の橋」や「モンタナの風に抱かれて」など壮大で優美なドラマの脚本を手掛けてきたリチャード・ラグラヴェネーズがメガホンを執った。原作は、セシリア・アハーンの処女作である同名小説である。「ジェリー」は歌が好きなアイルランド人、という設定であるが、彼女もまたアイルランド出身であり、アイルランド第10代首相バーティ・アハーンの娘であることも有名である。

      亡き夫から手紙が届く、というどこかで使われたような、一方で新鮮なアイデアが効いている。ロマンスの性格を讃えていながらも、主人公が共にハッピーエンドを迎えるべきパートナーがおらず、虚無感をともなって作品は進行していく。結末を予想させない構成がおもしろい。「ホリー」はどうなってしまうのか、彼女は幸せになれるのか。そういった心配や不安を抱きながらの観賞となるが、それほどに「ホリー」の傷心がありありと表現されている。

      そんな彼女を演じるは、「ミリオンダラー・ベイビー」では果敢なボクサーを演じ、「ブラック・ダリア」では「マデリン」役を怪演したヒラリー・スワンクである。男勝りで気の強い演技の多い彼女だが、繊細でか弱い「ホリー」という役を与えられても表情は活き活きとしている。「ジェリー」の声が聴きたくて、「ホリー」がとった行動には思わず涙腺が緩んだ。「ジェリー」を演じるジェラルド・バトラーは、脳梗塞で死んでしまう「ジェリー」という役柄を与えられて我が身を振り返り、禁煙を決意したというほど演技に入れ込んだようであるが、豪傑で歌が好きで陽気なアイリッシュ男を見事に演じ上げた。実生活はろくでもないものだよ、との告白もしているが、劇中はロマンチストそのもの。「300<スリーハンドレッド>」や「幸せの1ページ」と性格の違う仕事をこなしてきた彼だが、私的にはヒュー・グラントよろしく、ロマンスというジャンルが似合っていると思う。

      いささか、観賞前の期待と観賞後の余韻が異なった作品ではあった。タイトルよろしく"手紙"が強調され、亡き夫と悲しみの妻の最期のコミュニケーションを仲介するわけであるが、実際はストーリーに抑揚をつけるためのスパイスにすぎない。「ホリー」は最愛の夫を失って、代わりに本当の自分を見つけていく。作品はロマンスというよりもヒューマン・ドラマの色が強い。お涙頂戴な演出も諸所垣間見えるものの、ロマンス路線を突っ走らなかったために嫌味がなく、ニュートラルに切なさを誘う。エピローグを目前にそれまでの独特のテンポが緩やかになってしまい、物足りないとも思ったが、なかなかの秀作。それは本作に"追伸"という言葉が持つような、控えめでしとやかであるが、強い存在感があるからだ。

    ● 製作代表 : Alcon Entertainment
    ● 日本配給 : 東宝東和
    ● 世界公開 : 2007年12月20日 - チェコ/ハンガリー/オランダ
    ● 日本公開 : 2008年10月18日
    [PR]
    by movis | 2008-11-09 01:42 | ドラマ
    僕の彼女はサイボーグ
    ● 僕の彼女はサイボーグ [日本 / 2008年]

    b0055200_5275532.jpg「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」に次ぐ、クァク・ジェヨンの"彼女"シリーズ第3弾作品。ストーリーに強引さも見え、清楚なロマンスを期待していると失望するかもしれないが、綾瀬はるか、小出恵介の演技は、おそらくクァク・ジェヨンの期待に応えている。



    監督は、「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨン。「彼女」役には、綾瀬はるか。「北村ジロー」役には、小出恵介。他キャストには、桐谷健太、竹中直人、田口浩正、遠藤憲一、小日向文世、吉行和子、吉高由里子、ドロンズ石本ら。

    "ねぇ、ジロー。あなたと過ごした大切な一日。私は何度生まれ変わってもあなたに恋をするよ。"
    2008年11月22日、この日は「北村ジロー」の21歳の誕生日。これまでは、誰にも誕生日を祝ってもらえなかった彼であったが、1年前は違った。誕生日を祝ってくれた"彼女"が確かにいたのだった。2007年11月22日、「ジロー」の20歳の誕生日。デパートで自分への誕生日プレゼントを購入した「ジロー」は、彼に笑顔を振りまく1人の女性に出会う。「ジロー」はそんな彼女を怪訝に思いながらも、いきつけのレストランで食事をする。すると、そこにも"彼女"は現れた。『私も今日、誕生日なの』。"彼女"の勢いに「ジロー」は何も言えず…。


      「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨンによる"彼女"シリーズの第3弾作品。2003年に開催されたゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、ヤング・ファンタスティック・グランプリ部門の審査員を務めたクァク・ジェヨンと山本又一朗の出会いが、本作が生んだといえるかもしれない。日本のみでのロケ、日本人のみの起用を実現しているが、これは"あずみ"シリーズや「クローズ ZERO」をプロデュースした山本又一朗の提案のようである。そうとは言え、例えば喜怒哀楽の表現の鋭さといったような韓国作品に見られる独特の特徴が、必然ながら本作にも反映されている。

      その最たるものとしては、序盤は主演の姿を追うだけで理解が可能なストーリーを見せておきながら、終盤に向けてドラマ性が頭をもたげてくるプロットの持ち方である。安直に、歪に思えるようであっても、最終的にその部分はストーリー上で補われていく。これはなかなかいやらしい構成の打ち方であると思う。それは、プロローグではほのぼのとさせる惚気のエピソードを見せ付けておきながら、エピローグでは伏線の意味を解き明かしながら、観賞者の気持ちの八方を塞ぎ、やり場のないセンチメンタルを与えていくからである。

      本作もこうしたプロットをたたえておきながら問題であるのは、ストーリーが強引に展開していく点、二転三転と転ぶ結末の予感を何度と見せておきながら結局は予定調和を歩んでしまっている点だろう。これはサイボーグとのロマンスというテーマが難しいからなのであるが、ロマンスは自然な流れで観たい、去り際は潔くみせてほしい、という自分のわがままである。こうした上で、作品の見所は、やはり綾瀬はるかと小出恵介両名の演技に落ち着くだろうか。特に綾瀬はるかに関しては、おおよそ容姿とは相容れない設定を受けながらも、無表情をベースにしっかりとサイボーグを表現してみせてくれた。小出恵介も心は優しいがどこか情けないダメ男っぷりを見事に演じた。女性を力強く描き、男性を滑稽にみせるクァク・ジェヨンの作風に対して、両名の演技は立派に応えたと思う。

      ストーリーには強引さも見えるがゆえに、清楚なロマンスを期待すると失望してしまう可能性も示唆しておきたいが、綾瀬はるかと小出恵介の魅力は引き出されていようか。彼らのファンであるならば必見だろうが、ファンならずとも両名の演技あって見て損というわけでもないだろう。

    ● 製作代表 : Amuse Soft Entertainment
    ● 日本配給 : GAGA Communications
    ● 世界公開 : 2008年03月20日 - 日本(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2008)
    ● 日本公開 : 2008年05月31日
    [PR]
    by movis | 2008-05-11 06:02 | 邦画
    大停電の夜に / UNTIL THE LIGHTS COME BACK
    ● 大停電の夜に / UNTIL THE LIGHTS COME BACK [日本 / 2005年]

    b0055200_0412856.jpg綺麗な映像には魅力があるし、雰囲気も美しい。さえぎるもののない緩さも手伝って、クリスマスのムードを楽しむ意味では、打ってつけの作品。こう評価してしまえば、それに続ける言葉が難しい。少なくとも、物語に浸りたい、という思いをとってみれば物足りなくて…。



    監督と脚本には、「東京タワー」の源孝志。「木戸晋一」役には、豊川悦司。「佐伯遼太郎」役には、田口トモロヲ。「佐伯静江」役には、原田知世。「叶のぞみ」役には、田畑智子。「草野美寿々」役には、井川遥。「李冬冬」役には、阿部力。「大鳥銀次」役には、吉川晃司。「杉田礼子」役には、寺島しのぶ。「国東義一」役には、宇津井健。「国東小夜子」役には、淡島千影。「田沢翔太」役には、本郷奏多。「梶原麻衣子」役には、香椎由宇。

    "光が消える。あなたを感じる。"
    12月24日、クリスマス・イヴ。夜の帳が降り始めた頃、東京を中心とした関東広域を大規模の停電が襲った。少し訳ありな12人の男女、それぞれが灯した想い。こんな夜だからこそ、語りたくなる真実がある…。


    12人の男女が繰り広げる6つのショート・ストーリーが、クリスマス・イヴの東京が大停電に見舞われたら、という設定の下、次第にリンクしていく群像ロマンス。キャンドル・ショップの店主「叶のぞみ」が、その晩に閉店すると噂される向かいのジャズ・バーのマスター「木戸晋一」に話かける、という展開を以って、映像美が加速する。うっとりするようなキャンドルの灯りの魅力は映像を通しても活き活きとしており、観ている人間にも言葉にしがたい高揚感を与えてくれる。登場人物の個性や台詞は知的で品があり、語り口も優美であるので、クリスマスのムードを楽しむための作品としては非常に優秀な作品である。

    そう評価してしまえば、物語への言及は不要なのかもしれないが…。とにかく、爽やかではない。ビターなロマンスとも言い切れず、何とか円満たる結末を、とストーリーの展開を当たり障りない方向へと強引に導いているようにも思う。こういう偶然性のある人間関係も、狭い世の中には有り得るかもしれない、と6つのショート・ストーリーのプロローグを眺め見ているうちが最も華がある。それぞれが不思議な接点でリンクしていくわけであるが、若干の消化不良を来たしており、中にはほぼ蔑ろにされてしまっているストーリーがある点は非常に悲しい。最後に、いささか作品の去り際は良いタイミングを逃してしまっているように思う。あのエピローグはムードぶち壊しだ…。

    ● 製作 : Asmik Ace Entertainment
    ● 配給 : Asmik Ace Entertainment
    ● 公開 : 2005年 (日本)
    [PR]
    by movis | 2007-12-25 08:09 | 邦画
    幸せのレシピ / No Reservations
    ● 幸せのレシピ / No Reservations [アメリカ / 2007年]

    b0055200_620882.jpgドイツ映画『マーサの幸せレシピ』のリメイク。孤高な女性が、周囲の影響で自身の生き方や考え方を変えていく様を、楽天的に、感傷的に描く。喜怒哀楽に鋭く、人間関係に不器用な女性を表現しきった、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの演技に注目。



    監督は、「ヒマラヤ杉に降る雪」「アトランティスのこころ」のスコット・ヒックス。「ケイト」役には、「エントラップメント」「シカゴ」のキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。「ニック」役には、「エリン・ブロコビッチ」「ザ・コア」のアーロン・エッカート。「ゾーイ」役には、「サイン」「リトル・マイ・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリン。「ポーラ」役には、「エデンより彼方に」のパトリシア・クラークソン。

    "Life isn't always made to order."
    厨房こそが人生。そんな気構えで孤高に生きる「ケイト」は、マンハッタンの高級レストラン "ブリーカー22" の料理長を務める。多忙をきわめるディナー・タイムにあっても、俊敏な動きで次々と注文をこなし、かつ妥協を許さず、デリケートに料理を仕上げていく。反面、彼女の完璧主義は感情表現の激しさと、人間関係の不器用さを生んでいる。そんな彼女の日常に変化が訪れた。突然やってきた9歳の同居人「ゾーイ」と、料理人「ニック」。「ケイト」はとまどいを隠せないが…。


    ストレートで正統派なラブ・ロマンスか、と思いきや、心温まるストーリーのなかで哀愁も漂う、秋の季節のような作品であった。原作は、ドイツ人女性監督サンドラ・ネットルベックの処女作『マーサの幸せレシピ』だ。食欲をそそられる映画といえば、真っ先にラッセ・ハルストレムの『ショコラ』を浮かべるが、この作品はさほど "料理" に焦点はあたらない。それでも、夕食を抜いて観ると痛い目をみるほどのスパイスは効いている。

    キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、喜怒哀楽のメリハリがハッキリとしている「ケイト」を、まるで『こんな人いるよな…』と思わせるほどに自然と演じる。彼女の演技には、今更ながら感銘をうけた。『"幸せ"は、ほんのちょっとのさじ加減』とは、原作に添えられたタグ・ラインなのだが、この作品においても、なかなか核心をついた言葉だ。「ゾーイ」という "愛を与える存在" と「ニック」という "愛を与えてくれる存在" のバランスによって、「ケイト」が自身をみつめ直していくのだが、メディアで謳われているほど女性向けでもない。これを観てハッとする男性も多いのでは。

    ● 幸せのレシピ / No Reservations 公式サイト(日本)

    http://wwws.warnerbros.co.jp/noreservations/
    [PR]
    by movis | 2007-09-19 21:00 | ドラマ
    コールドマウンテン / COLD MOUNTAIN
    ● コールドマウンテン / COLD MOUNTAIN [2004年]

    b0055200_17373357.jpg「たった1つの地名。本当の地名でもないのに胸が痛くなる。彼女がいるから。だから、あそこに帰りたい…。」情景描写は文句の付け様がないほど美しい。ストーリーも自分好みで、要所要所で胸が熱くなった。しかし、不満として残る点もないわけじゃなくて…。



    監督は「イングリッシュ・ペイシェント」や「リプリー」で知られる、アンソニー・ミンゲラ。主人公「インマン」役には、新作「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」で製作、出演し、「スターリングラード」「A.I.」にも出演したジュード・ロウ。「エイダ・モンロー」役には、言わずと知れた大女優ニコール・キッドマン。また、「ルビー役」レニー・ゼルウィガー、「セーラ役」ナタリー・ポートマンと、第一線で活躍する俳優陣も出演。

    "Find your way home"
    時は、南北戦争末期の1864年。南軍の兵士として戦場に狩り出された「インマン」は、故郷コールドマウンテンと、そこに街から移り住んで来た牧師の娘、「エイダ」のことが忘れられずに、重罪を覚悟で脱走する。一方で「エイダ」も「インマン」のことが忘れられずに、悶々とした日々を送くり、碌に生計も立てられない状況に追い込まれる。こうして、2人の長く切ない日々が幕を開けた…。

    まず第一声として、自然を背景にした描写はお見事。「イングリッシュ・ペイメント」でも同じことが言えるが、ミンゲラ監督の「魅せる」腕は流石だ。強引な「インマン」「エイダ」の思い惹かれるシーンから幕を開けるものの、「インマン」の「エイダ」を一貫して思い続ける気持ちには格好良さを感じる。

    ただ、不満な点を挙げるとすれば、単刀直入に長い。中盤シーンはダラダラと続き、色んな方の感想で見かける「眠ってしまった」は頷ける。そして、何よりも終盤の重要なシーンでは観賞者の期待を大きく裏切る盛り上がりの無さ。これには興ざめだ。「インマン」と「エイダ」の人柄をもう少し視覚的に観て、理解が易いシーンをもっと盛り込んで欲しかった。

    一方で、街娘「エイダ」に農村での生きる術を説く「ルビー」に扮するレニー・ゼルウィガー、また、「インマン」と出会う「セーラ」に扮するナタリー・ポートマン両者の演技力には脱帽だ。人や動物が冷徹に殺されていくシーンが続く中で、「インマン」「エイダ」が出会っていく人の温かみ、優しさが心に心地良く感じられた点も良かった。ストーリー自体に大きなカラクリがあるわけではないが、自分としてはこういう作品は決して嫌いではない。

    ● DVD

    コールドマウンテン (Amazon.co.jp)
    [PR]
    by movis | 2004-11-07 18:00 | ラブ / ロマンス