Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    タグ:□ 元気がでる ( 3 ) タグの人気記事
    ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険
    ● ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険 [日本 / 2003年]

    言わずと知れた大人気コミックのスピンオフ第4作目は初の単作公開。本編でも観られる「ONE PIECE」の魅力がコンパクトにまとまっており、「ONE PIECE」を知らない人には入門編としても最適。コアなファンには少し物足りないかも…?それでも、エピローグに向けて開放的に見せてくるあたりはさすが!
     
    b0055200_6222081.jpg
     
    監督は、「銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー」の宇田鋼之介。「モンキー・D・ルフィ」の声の担当には、田中真弓。「ロロノア・ゾロ」の声の担当には、中井和哉。「ナミ」の声の担当には、岡村朋美。「ウソップ」の声の担当には、山口勝平。「サンジ」の声の担当には、平田広明。「トニートニー・チョッパー」の声の担当には、大谷育江。「ニコ・ロビン」の声の担当には、山口由里子。「シュライヤ・バスクード」の声の担当には、宮本充。「ビエラ」の声の担当には、永井一郎。「アナグマ」の声の担当には、酒井美紀。「ガスパーデ」の声の担当には、石田太郎。「ニードルス」の声の担当には、小杉十郎太。
     
    "生き残れるか!? 大海賊が競う史上最悪のレース!!"
    時は大海賊時代。いまや伝説の海賊王「ゴールド・ロジャー」が遺した"ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)"をめぐって、幾人もの海賊達が旗をかかげ戦っていた。"偉大なる航路(グランドライン)"、ハンナバル。「モンキー・D・ルフィ」率いる"麦わらの一味"は、彼と「チョッパー」の大喰らいが原因で慢性的な金欠病に陥っていた。優秀な航海士であり"麦わらの一味"の金庫番でもある「ナミ」は、金の匂いを嗅ぎつける。それは、ハンナバルで不定期に開催される、海賊の海賊による何でもありの『デッドエンド・レース』への参加であった。その頃、とある海賊蒸気船のボイラー室。病に蝕まれ咳き込む老いたボイラーマンと、彼を"じいちゃん"と慕い、病状を心配する少年の姿があった…。

     
      尾田栄一郎が描くコミック「ONE PIECE」は、史上最速で1億冊を売り上げ、60巻発表によって2億冊を突破、初版発行部数、初動週間売上部数では国内出版史上最高記録を樹立し、世界30カ国以上で翻訳販売されている大人気少年漫画。本作は、スピン・オフ劇場作品としては4作目に当たるが、単作での公開は初めてであり、上映時間も60分を超えた。本筋のストーリーでは描かれない、完全なオリジナルのシナリオであるが、「ルフィ」が呟くかつて戦闘したキャラクターの名前や、懸賞金をめぐる一連のエピソードから"アラバスタ編"と"スカイピア編"の中間に時間軸が設定されていることがうかがえる。メディアミックスの観点では「BUMP OF CHICKEN」の"sailing day"が公式タイアップされたほか、女優の酒井美紀が「アナグマ」役で声の出演を果たしているといった話題がある。

      90分強という短かい尺ではあるが、2011年4月現在、単行本61巻にも及ぶ「ONE PIECE」の"良さ"が網羅された、凝縮された作品であった。作者の尾田栄一郎は、単行本のライナーノーツの中で「ONE PIECE」に対するポリシーを語っており、同作は"少年漫画"であることを強調しながら、多少カタストロフィや殺戮は描きながらも「ルフィ」は絶対に敵を殺さないし、キャラクターの心情の移ろいは描きながらも明示的な恋愛は描かない、としている。ある意味で物語を盛り上げる上での"制約"と言えるのかもしれないが、それでも単行本が2億冊以上も売れてしまう"魅力"がある。作品に対しての思い入れは人それぞれであろうが、大きくは、細やかな伏線の張り方と丁寧な回収の仕方、感動と悲壮のエピソードの描き方が上手いというズルさ、そして、さまざまな過去に囚われるキャラクターが救いを見出す「ルフィ」の無邪気な仲間意識、といったところであろうか。そういった魅力が、本作にギュッとコンパクトに詰まっていた。
      
      『本編の魅力がコンパクトに閉じ込められた』という印象は、もしかするとズバリ制作サイドの狙いかもしれない。分かりやすい部分では、"麦わらの一味"がそれぞれの船員としての役割をこなす描写が必ず含まれているし、海軍との対峙もあるし、特徴に富んだ海賊が登場するし、といった具合だ。「ガスパーデ」をやっつける、という単純な活劇に終わらず、「シュライヤ」を巡る、ミスリードを誘うような感動的なエピソードも含まれていて、さながら本編に見られるドラマ性も保っている。「ONE PIECE」入門編とも言えるか、万人に観賞がやさしい作品だ。コアなファンに向けたケアも含まれているのか、登場する人物のセリフが、後に"麦わらの一味"が訪れることになる舞台を予感させたりもする。エピローグを開放的に見せてくるあたりもさすがである。
      
      しかし、本編が10巻程度のボリュームでひとつの舞台をまとめあげるのに対して、90分という時間で新しい舞台を描き切ってしまうので、淡泊な印象も否めない。「ルフィ」と「シュライヤ」が強調して描かれるので、必然的に"麦わらの一味"の連携のとれた大暴れは影を潜めてしまうし、強靭な敵を相手に「ルフィ」はどう攻略していくのか、という状況打開のスリルにも乏しい。「ONE PIECE」の魅力がコンパクトにまとまっている代わりに、本編にあるような奥深さが伴わず「観た!」という満足感は得難い点だけは残念であった。それでも、親子が同じテンションで観られる作品がどれほどあるだろうか、と考えると、本作しかり本編しかり、子供も楽しめる活劇の分かりやすさと、大人も楽しめる物語の奥の深さが、絶妙なバランスで描かれている点は改めてすごい。

      「ONE PIECE」好きで有名な「さまぁ~ず」三村マサカズ。某番組で相方の大竹一樹に対して「お前は、イースト・ブルー止まりだな!」と真顔で突っ込むが、理解してもらえず失笑を買う。分かる人には分かるんだけどなあ!
      
    ● 製作代表 : 東映アニメーション
    ● 日本配給 : 東映
    ● 世界公開 : 2003年3月1日 - 日本
    ● 日本公開 : 2003年3月1日
    [PR]
    by movis | 2011-04-30 06:32 | アニメーション
    ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー / High School Musical 3: Senior Year
    ● ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー /
        High School Musical 3: Senior Year [アメリカ / 2008年]

    b0055200_0315349.jpg我が道をゆく、どストレートなウォルト・ディズニー社らしい青春ミュージカル作品。メランコリーは一切なく、パワー・プレイで押し切られてしまうが気分の高揚は隠せない。上映期間が重なったあのミュージカル大作よりも爽快だったというのが正直な胸の内。



    監督は、"ハイスクール・ミュージカル"シリーズのケニー・オルテガ。「トロイ・ボルトン」役には、「ヘアスプレー」のザック・エフロン。「ガブリエラ・モンテス」役には、「サンダーバード」のヴァネッサ・ハジェンズ。「シャーペイ・エヴァンス」役には、アシュレイ・ティスディル。「ライアン・エヴァンス」役には、ルーカス・グラビール。「チャド・ダンフォース」役には、コービン・ブルー。「テイラー・マッカーシー」役には、モニーク・コールマン。「ケルシー・ニールセン」役には、オリシア・ルーリン。

    "high school graduation"
    イースト高校の最上級生であり、同校のバスケットボール・チーム"ワイルド・キャッツ"を率いる「トロイ」と「チャド」は、高校生活最後のゲームに臨んだ。しかし、強豪を相手に前半戦はリードを許してしまう。物語はここから始まった。最後の16分間を目前に、彼らは悔いのないプレーを誓い、奇跡のような逆転劇で見事に勝利したのであった。達成感と勝利の余韻に浸る間もなく、イースト高校の最上級生たちには"卒業"の2文字が迫る。「トロイ」はバスケットボールの腕を買われ、アルバカーキ大学への内定が決まっていたが、彼の最愛の恋人「ガブリエラ」の志は、凡そ1,600キロも離れたスタンフォード大学にあった。バスケットボールを続けるか、演劇の道を歩むか、恋人「ガブリエラ」の傍に居るか、「トロイ」の心は定まらなかった…。


      "ハイスクール・ミュージカル"は、アメリカのウォルト・ディズニー社が運営する「ディズニー・チャンネル」というケーブルテレビ・チャンネルにて、オリジナル・ムービーとして放送されたミュージカル作品シリーズである。2006年に「ハイスクール・ミュージカル」、2007年に「ハイスクール・ミュージカル2」が放送され、本作はその続編として劇場公開されるに至った。物語は「ハイスクール・ミュージカル2」のエピローグ、「トロイ」や「チャド」が"ワイルド・キャッツ"所属での高校最後の試合に臨み、前半をリードされて、後半に向けて闘志を燃やすというシーンから始まる。

      「トロイ」を演じるザック・エフロンや、「ガブリエラ」を演じるヴァネッサ・ハジェンズをはじめとした出演陣の顔ぶれは、恥ずかしながら大半が初見であったが、端麗な容姿は基よりも、ダイナミックでキレのあるダンスや、透き通って力のある歌唱力に魅了されるに時間は必要なかった。もともと、ミュージカルというジャンルはあまり得手ではないのであるが、楽曲のグルーブが心地よく、青春ものを描くには長尺と思われる113分という上映時間も疾風の如く駆け去ってしまった。シリーズ作品を観ていなくても、世界観にすんなりと浸ることができるシンプルな演出に終始している点も好印象である。

      "青春"というテーマを直走り、ルックスに、勉学に、スポーツに、芸術に非凡なキャラクターたちの生活は嫉妬しか覚えないくらい充実しているし、メランコリックな描写は一切ないと言っていい。何事にもオールマイティな彼らにも唯一上手くいかない恋愛をセンチメンタルに描きながら、魅せ場にむけてしっかりと観る者の高揚を煽ってくる辺りは、さすがはウォルト・ディズニー作品であるといえよう。エンターテイメントとしての作品の質は、文句のつけようもない。ミュージカル映画というジャンルをみれば、フィリダ・ロイドの「マンマ・ミーア!」と上映期間が重なった。メリル・ストリープやピアース・ブロスナンといった豪華出演陣、「ABBA」の楽曲の完全タイアップなど、話題は完全にさらわれた形となったが、個人的には本作のほうが爽やかなカタルシスを与えてくれたように思う。素直すぎるが隙のないミュージカル作品。レゾンデトールはそれだけで十分だ。

      2月の上旬、都内某所のシネマには外国人の子供たちが所狭しと腰掛けていた。彼らはタイトルロールが始まるや否や、揃いも揃って拍手をしたのである。マズい作品を選択してしまったか、と恥ずかしささえ覚えたが、スタッフロールで再度鳴った拍手には思わず納得してしまった。彼らの眼には、「トロイ」や「ガブリエラ」はどれほどかっこいいおにいちゃん、おねえちゃんと映るのだろうか。10代の若き力が心底羨ましいと思ったものの、不思議と活力がみなぎってくる純心無垢な作品であった。スッキリ。

    ● 関連作品 ※レビュー対象外
    ハイスクール・ミュージカル [TVCS/2006年]
     → シリーズ第1作、TVムービーとして放送
    ハイスクール・ミュージカル2 [TVCS/2007年]
     → シリーズ第2作、TVムービーとして放送

    ● 製作代表 : Borden and Rosenbush Entertainment
    ● 日本配給 : Walt Disney Studios Motion Pictures
    ● 世界公開 : 2008年09月28日 - スウェーデン(ストックホルム/プレミア)
    ● 日本公開 : 2009年02月07日

    (2009/06/21: 関連作品情報更新)
    [PR]
    by movis | 2009-03-02 00:37 | ドラマ
    ベッカムに恋して / Bend It Like Beckham
    ● ベッカムに恋して / Bend It Like Beckham [2002年]

    b0055200_21293758.gifブレア英国首相に「この作品を誇りに思っている」、ベッカム本人に「ものすごく気に入った」とまで言わしめた作品。全国の恋愛に、日々の生活にお悩みの女性の方々。この作品を観れば元気が湧いてきますよ !! …たぶん。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    世の女性達がワールドカップに、そして、何よりもベッカムに酔いしれた2002年。まるで、ベッカム旋風が吹き荒れることを予想したかの様に姿を現したのがこの作品。主人公で、サッカーが大好きなインド系イギリス人の女の子「ジェスミンダー・バームラ(以下愛称:ジェス)」役には、パーミンダ・ナーグラ。そして、ジェスの才能に惚れ込み、彼女を自分が所属する地元の女子サッカーチームに引き抜こうとする「ジュリエット・パクストン(以下愛称:ジュールズ)」役には、「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」にも出演経験のあるキーラ・ナイトレイ。

    サッカーとベッカムをこよなく愛する「ジェス」は、インドの慣習に厳しい両親から「女の子がサッカーをするなんて」と叱咤されているが、その目を盗んで地元の男の子達と公園でサッカーをするのが日課となっている。そして、彼女のボール捌きに見惚れた地元女子サッカーチームの「ジュールズ」は「ジェス」を自分のチームに引き抜こうと説得を試みて…。

    単刀直入に感想を述べるなら、可もなく不可もなく、と言ったところでしょうか。何の気負いもなく観ることの出来るホーム・ドラマならぬホーム・ムービー、と言った印象です。が、決して詰まらない映画ではないと思います。ストーリー展開も淡々と進むし、ピッチの芝の緑とユニフォームの色とのコントラストも映えているし、音楽もアップテンポで軽快で。観ていて楽しい気分になってきます。映画に温かみ、ハッピーエンドを求めている方にオススメします。

    自分はサッカーが好きなので、それをキッカケに観た作品なのですが、残念な点を挙げるとすれば、あまりに予想通りに展開が進んでしまう点でしょうか。もう少しどんでん返しな要素があっても面白かったかな、とも思います。が、キャラクターの設定もしっかりなされていますし、この作品の世界観は自分は決して嫌いではありません。また、リネカーやハンセン、バーンズと言ったイギリス屈指の名プレイヤー達も出演していますので、夜中の欧州リーグ観戦まで時間を持て余しておられるサッカー好きな方々も是非一度ご覧になっては如何でしょうか。

    「ここまで長々語っておいて、ベッカム様には触れないのかよ !!」とお怒りの女性の方々。お待たせしました。ベッカムは…映画を観てのお楽しみ、ということにしておきましょうか。(笑

    ● ベッカムに恋して / Bend It Like Beckham 公式サイト(日本)

    http://www.albatros-film.com/movie/beckham/

    ● DVD

    ベッカムに恋して (Amazon.co.jp)
    [PR]
    by movis | 2004-11-03 21:00 | ドラマ - 青春