Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    タグ:□ 未来描写 ( 3 ) タグの人気記事
    ブレードランナー / Blade Runner
    ● ブレードランナー / Blade Runner [アメリカ / 香港 / 1982年]

    b0055200_473380.jpg荒んだ近未来を先駆的に描き、愛や命の尊厳を語り、業界内外に大きな影響を与えたSF作品のひとつ。陰鬱で暗調な作品のムードゆえ、賛否を生み、観る人を選ぶ可能性も否めないが、情緒を揺さぶる物語の奥行きが見事。個人的な作品の心象は"美しい"に尽く。



    監督は、「エイリアン」「グラディエーター」のリドリー・スコット。原作は、フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』。「リック・デッカード」役には、"インディ・ジョーンズ"シリーズのハリソン・フォード。「ロイ・バッティ」役には、「ヒッチャー」のルトガー・ハウアー。「レイチェル」役には、「追いつめられて」のショーン・ヤング。「ガフ」役には、「落ちこぼれの天使たち」のエドワード・ジェームズ・オルモス。「ブライアント」役には、「新・猿の惑星」のM・エメット・ウォルシュ。「プリス」役には、「スプラッシュ」のダリル・ハンナ。「リオン」役には、「48時間」のブライアン・ジェームズ。

    "Man Has Made His Match... Now It's His Problem"
    地球環境の悪化により、人類の安住のため宇宙開拓が進む。遺伝子工学の分野では技術躍進が巻き起こり、"レプリカント"と呼ばれるヒューマノイドの開発に成功していた。人間と見分けが付かないが、肉体を強化され、感情を排除された彼ら"レプリカント"は宇宙開拓の前線で過酷な作業を強いられる。しかし、技術の誤算は、時の経過と共に"レプリカント"にも感情が芽生えてしまうことであり、時として人間に牙を向く"レプリカント"も現れた。この"レプリカント"問題を受け、地球に潜伏し、人間に危害を与える恐れのある"レプリカント"を処罰するため、"ブレードランナー"が結成された。2019年11月、ロサンゼルス、"ブレードランナー"をリタイアした「デッカード」が、過去に彼の上司であった「ブライアント」から突然召還される。"レプリカント"開発に深い関連のあるタイレル社にて、"ブレードランナー"である「ホールデン」が、従業員にフォークト・カンプフテストを実施の際、突然、その従業員「リオン」に殺害されてしまったのであった…。


      原作は、「トータル・リコール」で映画化された『追憶売ります』、「マイノリティ・レポート」で映画化された『少数報告』など、数々の名SF小説を生んできたフィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』。成功とは言えぬ公開初期の興行結果もあって、カルト・ムービーと称される一方で、1993年にはアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。荒んだ近未来を先駆的に表現し、メランコリックな未来都市というモチーフは様々な作品に応用されることになる。

      本作が業界では高い評価を受けていながらも、リドリー・スコットが展開した世界観や作品に与えたテーマ性は、数あるSF作品の中でも特異であり、観賞者レベルでは賛否両論が巻き起こっている点が面白い。本作の世界観は、陰鬱で暗調であり独特の雰囲気を醸成しているものの、見方によっては不気味だ。ヒューマノイドと人間の対峙が大筋であるものの、愛や命の尊厳に焦点を当てたメッセージ性の強い作品となっているため、スリルやアクションを期待していると肩透かしを喰らったような印象を抱く可能性も否めない。こうして、感受の表裏一体と言うべきか、本作は独特のバランス感覚で描かれた作品なのである。

      個人的な作品に対する心象は、"美しい"という言葉に尽きる。それは、優美であり悲壮美でもある。優美は、世界観に帯びている。前述の通りに、本作が描く未来都市は陰鬱で暗調であり、例えば清潔さや鮮麗さといった、いわゆるクリーンなイメージとは一線を画した描き方をされている。しかし、この雨の重たい湿気のような身体にまとわり付く息苦しさは、エピローグにいたるまで一貫されており、奇奇怪怪で、ある意味では不気味なのだが、グイグイと引き込まれるような不思議な優雅さがある。

      悲壮美は、物語に帯びている。"レプリカント"対"ブレードランナー"という構図の中で、愛や命の尊厳が描かれているが、この語り口が切なくも美しい。"レプリカント"の登場たるものは凶悪性が先行して描かれ、勧善懲悪のシンプルな活劇かと思いきや、次第にその境界線が滲み出し、やがて有耶無耶になっていく。「デッカード」はなぜ"ブレードランナー"をリタイアしたのか、「ロイ」を筆頭とした"レプリカント"達はなぜ地球に帰還したのか、「レイチェル」が流す涙の意味とは何か。非現実的な物語でありながらも、作品の主張は観る者の心に訴えかけ、その解釈を委ねてくる。人間の傲慢さや技術発展の憂鬱などといった皮肉はなく、純粋に"生"の意味の問うてくる。完全なSFでありながらも、哀愁や深慮を作品に与えるという芸当は、リドリー・スコットだから成しえるのだろう。

      こうして作品は情緒を揺さぶる奥行きを持っている一方で、「ディレクターズカット/ブレードランナー 最終版」や「ブレードランナー ファイナル・カット」と再編集が施されている。、ユニコーンは何を意味するのか、本作とキューブリックの意外な接点とは何か、妖しげな日本食屋台で「デッカード」は何を注文し、店主から『2つで十分』と説得されているのか、物語の背景を根底から覆すような推測が成り立ったり、マニアックなディテールの謎が解き明かされたりと、再編集作品をまたいで伏線が張り巡らされていることも興味深い。本作が投じた水滴は大きな水紋となって、今後も永く語り継がれていくように思う。

    ● 関連作品 ※レビュー対象外
    ディレクターズカット/ブレードランナー 最終版 / Blade Runner: The Director's Cut
    ブレードランナー ファイナル・カット / Blade Runner: The Final Cut

    ● 製作代表 : The Ladd Company
    ● 日本配給 : Warner Bros.
    ● 世界公開 : 1982年06月25日 - アメリカ
    ● 日本公開 : 1982年07月03日
    [PR]
    by movis | 2009-01-12 04:16 | SF
    僕の彼女はサイボーグ
    ● 僕の彼女はサイボーグ [日本 / 2008年]

    b0055200_5275532.jpg「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」に次ぐ、クァク・ジェヨンの"彼女"シリーズ第3弾作品。ストーリーに強引さも見え、清楚なロマンスを期待していると失望するかもしれないが、綾瀬はるか、小出恵介の演技は、おそらくクァク・ジェヨンの期待に応えている。



    監督は、「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨン。「彼女」役には、綾瀬はるか。「北村ジロー」役には、小出恵介。他キャストには、桐谷健太、竹中直人、田口浩正、遠藤憲一、小日向文世、吉行和子、吉高由里子、ドロンズ石本ら。

    "ねぇ、ジロー。あなたと過ごした大切な一日。私は何度生まれ変わってもあなたに恋をするよ。"
    2008年11月22日、この日は「北村ジロー」の21歳の誕生日。これまでは、誰にも誕生日を祝ってもらえなかった彼であったが、1年前は違った。誕生日を祝ってくれた"彼女"が確かにいたのだった。2007年11月22日、「ジロー」の20歳の誕生日。デパートで自分への誕生日プレゼントを購入した「ジロー」は、彼に笑顔を振りまく1人の女性に出会う。「ジロー」はそんな彼女を怪訝に思いながらも、いきつけのレストランで食事をする。すると、そこにも"彼女"は現れた。『私も今日、誕生日なの』。"彼女"の勢いに「ジロー」は何も言えず…。


      「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨンによる"彼女"シリーズの第3弾作品。2003年に開催されたゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、ヤング・ファンタスティック・グランプリ部門の審査員を務めたクァク・ジェヨンと山本又一朗の出会いが、本作が生んだといえるかもしれない。日本のみでのロケ、日本人のみの起用を実現しているが、これは"あずみ"シリーズや「クローズ ZERO」をプロデュースした山本又一朗の提案のようである。そうとは言え、例えば喜怒哀楽の表現の鋭さといったような韓国作品に見られる独特の特徴が、必然ながら本作にも反映されている。

      その最たるものとしては、序盤は主演の姿を追うだけで理解が可能なストーリーを見せておきながら、終盤に向けてドラマ性が頭をもたげてくるプロットの持ち方である。安直に、歪に思えるようであっても、最終的にその部分はストーリー上で補われていく。これはなかなかいやらしい構成の打ち方であると思う。それは、プロローグではほのぼのとさせる惚気のエピソードを見せ付けておきながら、エピローグでは伏線の意味を解き明かしながら、観賞者の気持ちの八方を塞ぎ、やり場のないセンチメンタルを与えていくからである。

      本作もこうしたプロットをたたえておきながら問題であるのは、ストーリーが強引に展開していく点、二転三転と転ぶ結末の予感を何度と見せておきながら結局は予定調和を歩んでしまっている点だろう。これはサイボーグとのロマンスというテーマが難しいからなのであるが、ロマンスは自然な流れで観たい、去り際は潔くみせてほしい、という自分のわがままである。こうした上で、作品の見所は、やはり綾瀬はるかと小出恵介両名の演技に落ち着くだろうか。特に綾瀬はるかに関しては、おおよそ容姿とは相容れない設定を受けながらも、無表情をベースにしっかりとサイボーグを表現してみせてくれた。小出恵介も心は優しいがどこか情けないダメ男っぷりを見事に演じた。女性を力強く描き、男性を滑稽にみせるクァク・ジェヨンの作風に対して、両名の演技は立派に応えたと思う。

      ストーリーには強引さも見えるがゆえに、清楚なロマンスを期待すると失望してしまう可能性も示唆しておきたいが、綾瀬はるかと小出恵介の魅力は引き出されていようか。彼らのファンであるならば必見だろうが、ファンならずとも両名の演技あって見て損というわけでもないだろう。

    ● 製作代表 : Amuse Soft Entertainment
    ● 日本配給 : GAGA Communications
    ● 世界公開 : 2008年03月20日 - 日本(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2008)
    ● 日本公開 : 2008年05月31日
    [PR]
    by movis | 2008-05-11 06:02 | 邦画
    タイムマシン / THE TIME MACHINE
    ● タイムマシン / THE TIME MACHINE [アメリカ / 2002年]

    b0055200_21552175.jpg第一声として、CGをフルに駆使した映像美には脱帽。思わず目を見開いた。しかし、問題は映像美以外にある。物語としての軸は確固たるものがあるだろう。その軸の表現がマズい。映像に物を言わせて、ブンブンと振り回された。「見せて」くれるだけじゃダメだ。「魅せて」くれ。



    1959年に映画化されたH・G・ウェルズの衝撃作「タイムマシン」。それを2002年、彼の曾孫であるサイモン・ウェルズがリメイクした。ゴア・ヴァービンスキーとの共同監督。「アレクサンダー」役には、「メメント」のガイ・ピアース。「ウーバー」役には、「ヴェニスの商人」「キングダム・オブ・ヘブン」のジェレミー・アイアンズ。「エマ」役には、「バイオハザードII アポカリプス」のシエンナ・ギロリー。「マーラ」役には、サマンサ・ムンバ。

    "0 to 800,000 years in 1.2 seconds."
    1890年代、ニューヨークで大学教授を務める「アレクサンダー」。彼は恋人「エマ」を突然の出来事で失う。「エマ」を救うため、現実をかえるため、彼はタイムマシンの開発に没頭する…。


      何にもましてCGをフルに駆使した映像美、世界観には心を奪われた。レトロでファンタスティックなタイムマシンのデザインから、小道具の細部まで、非常に完成度の高さを感じた。予測が困難な遠い未来の世界を描いた点も斬新さを感じた。

      タイムマシンの完成で万事が上手くとは限らない。タイムトリップ、それ自体を恨む作品も少なくない。この作品には、こんなセリフがある。「人は誰しもがタイムマシンを持っている。過去にいざなうは記憶。未来にいざなうは夢」。この作品が持つメッセージは、まさにこのセリフに込められている気がする。つまりは、「生きろ」とも言えようか。思わず、うなってしまいそうな軸である。

      しかし、それを彩るストーリーが破綻している。映像美に物を言わせて、右往左往、ブンブンと振り回される。短絡的で、いたく一方通行だ。ここで告白すると、H・G・ウェルズの原作はまだ未読だ。必ず読みたい。この作品で抱いたアンニュイなステレオタイプを払拭したい。そんな願いを込めて…。

    ● 製作代表 : Warner Bros. Pictures, DreamWorks SKG
    ● 日本配給 : Warner Bros. Pictures
    ● 世界公開 : 2002年3月4日 - アメリカ(プレミア)
    ● 日本公開 : 2002年7月20日
    [PR]
    by movis | 2004-10-31 21:00 | SF