Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    タグ:□ 自動車 ( 3 ) タグの人気記事
    頭文字D The Movie / Initial D
    ● 頭文字D The Movie / Initial D [香港 / 中国 / 2005年]

    b0055200_1303910.jpg漫画家、しげの秀一による同名コミックシリーズを"インファナル・アフェア"のキャストとスタッフが実写化。映像技術に頼ることなく、実際のカーアクションによる公道バトルの様相は期待以上のもの。しかし、どうしても短尺で描かれるためにジレンマがある。



    監督は、"インファナル・アフェア"シリーズのアンドリュー・ラウとアラン・マック。原作は、"頭文字D"シリーズのしげの秀一。「藤原拓海」役には、ジェイ・チョウ。「茂木なつき」役には、鈴木杏。「藤原文太」役には、"インファナル・アフェア"シリーズのアンソニー・ウォン。「高橋涼介」役には、"インファナル・アフェア"シリーズのエディソン・チャン。「中里毅」役には、"インファナル・アフェア"シリーズのショーン・ユー。「立花樹」役には、"インファナル・アフェア"シリーズのチャップマン・トー。「立花祐一」役には、ケニー・ビー。「須藤京一」役には、ジョーダン・チャン。「岩城清次」役には、リュウ・ケンホン。「健二」役には、阿部力。

    "It's not what you drive, it's what drives you"
    "藤原とうふ店"を営む「藤原文太」を父に持つ高校生「藤原拓海」。家業を助けるため、「拓海」は毎日早朝から「文太」の車を駆り、"秋名山"の頂上にある旅館に豆腐を届けた。豆腐は脆く、壊れやすい。「拓海」は常々「文太」から豆腐を崩すな、と忠告を受けた。「拓海」は父の忠告を守りながら、それでも早く帰宅したい一心で、配達に要する時間を削っていく。それが「文太」の"教育"であることなど彼は知る由もなかった。「拓海」と友人「樹」がアルバイトをしているガソリン・スタンドに、"妙義山"をテリトリーとする走り屋集団"妙義ナイトキッズ"の「中里毅」が駆る日産・R32スカイラインGT-Rが現れる。「中里毅」の挑発に乗った「樹」は、「拓海」を助手席に乗せ、"秋名山"で公道バトルに挑むが結果は惨敗。意気揚々の「中里毅」であったが、その晩、峠を信じがたい速度で攻め込むトヨタ・AE86スプリンタートレノに遭遇する…。


      漫画家、しげの秀一による原作"頭文字D"は、公道での自動車レースに凌ぎを削る若者たちを描いた作品。走り屋の行為に興味のなかった平凡な高校生「藤原拓海」が、ひょんな出来事から公道バトルに魅了され、やがて"公道最速"を志していく。「拓海」が駆るトヨタ・AE86スプリンタートレノ、通称"ハチロク"は、非力でありながらも、癖のない優れたレスポンスと、軽量な車両重量による抜群のスタビリティによって、ダウンヒルでは、パワーのある自動車を相手にしない。このコミックの影響もあって、"ハチロク"は80年代後期のモデルであるにも関わらず、一部の自動車ファンたちの間では根強い人気を誇っている。実写化に挑むのは、"インファナル・アフェア"シリーズのアンドリュー・ラウとアラン・マック。加えて、本作にはアンソニー・ウォン、エディソン・チャン、ショーン・ユーら、"インファナル・アフェア"シリーズの主演陣が集った。
     
      まず、原作のファンを安心させる、もしくは彼らの期待に応えてくれそうな本作の要素は、公道を攻め込む自動車が原作に忠実に、そして圧倒的なスピード感と迫力を帯びて描かれている点であろう。「拓海」の"ハチロク"、「中里毅」のR32スカイラインGT-R、「高橋涼介」のマツダ・RX-7(FC3S)、「須藤京一」の三菱・ランサーエボリューションIIIGSRなど、原作でも存在感たっぷりに描かれる自動車がほぼそのままに登場する。こうした名車が劇中で魅せるテクニックは、映像技術に頼ることなく「タカハシレーシング」による実際のカーアクションであるというのだから、その驚愕の挙動には原作のファンのみならず、自動車ファンには悦喜の極みに違いない。また近接、遠隔と切り替わるカメラワークが巧妙で、めまぐるしいレースシーンもただ疾走感に身を任せていられるのが快い。ガードレールをなでるようにテールを流す"ハチロク"の様子は、躍動感がある原作を読むとき以上にハラハラとした。レースの舞台となる、夜の帳が降りた峠の描写も幻想的で美しい。目に映るものは、申し分なく楽しめる。
      
      作品として本作を観る。"インファナル・アフェア"のキャスト、スタッフによる実写化であるから、物語の舞台が日本であるにも関わらず、日本語が聞こえてこないという違和感を訴えるのは野暮だろうが、長編の原作を短尺で映像化する作品にありがちなジレンマは本作にもある。例えば「拓海」と「茂木なつき」のエピソードなどは、もう少し核心が語れるべきであった。しかしながら、そうしたエピソードに対する説明や説得の不足感を禁じえないにしても、「文太」や「樹」に見られるように原作のキャラクターの性格を大幅に変更してみたり、原作のキーマンのひとりであり「高橋涼介」の弟である「高橋啓介」を登場させない、といった大胆な設定がありながら、"頭文字D"という作品のおいしいところは上手く表現されたか。

      著名な原作が映像化されるときほど、作品の評価は厳しくなりがちであるが、本作は映像の迫力を以ってファンの期待に応えてくれるだろう。加えて、原作を知らなくてもそこへの興味を煽っていくだけの魅力も兼ねているように思う。苦言を呈せば、後者は良くても、前者、原作のファンに二度三度と観賞させたいと思わせる、映画作品としての独自性やレゾンデトールには乏しい。アイデア自体を原作に踏襲した上で、全く独立した物語を見せてくれれば…。キャストとスタッフを眺め見て、勿体なさを禁じえなかった。何がそれほど不満かと言えば、正直な胸の内は、サンバーストイエローのマツダ・RX-7(FD3S)が見たかっただけなのだけど…。
       
    ● 製作代表 : Media Asia Films
    ● 日本配給 : GAGA Communications
    ● 世界公開 : 2005年06月23日 - 中国/香港/シンガポール
    ● 日本公開 : 2005年09月17日
    [PR]
    by movis | 2009-06-28 01:37 | アクション
    グラン・トリノ / Gran Torino
    ● グラン・トリノ / Gran Torino [アメリカ / 2008年]

    b0055200_20324767.jpg…完璧。うまく言葉で表現できないが、この作品に出会えたことが心から良かったと思えた。出会いが人を変えていく。その過程には笑いもあれば涙もある。エピローグに漂う不思議な優しさや温かさ。きっと観た人それぞれの心に何かを与えてくれる。本作の何もかもが愛しい。



    監督、製作、「ウォルト・コワルスキー」役には、「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド。「タオ・ロー」役には、ビー・ヴァン。「スー・ロー」役には、アーニー・ハー。「ヤノヴィッチ」役には、クリストファー・カーリー。「ミッチ・コワルスキー」役には、「ディパーテッド」のブライアン・ヘイリー。「スティーブ・コワルスキー」役には、「幸せのちから」のブライアン・ホウ。「カレン・コワルスキー」役には、「ロッキー・ザ・ファイナル」のジェラルディン・ヒューズ。「アシュリー・コワルスキー」役には、ドリーマ・ウォーカー。「デューク」役には、コリー・ハードリクト。「マーティン」役には、ジョン・キャロル・リンチ。「トレイ」役には、スコット・リーヴス。「ビュー」役には、ブルック・ジア・タオ。「スパイダー(フォン)」役には、ドゥーア・ムーア。「スモーキー」役には、ソニー・ビュー。「ウィリアム・ヒル」役には、ティム・ケネディ。「ユア」役には、チョウ・クー。

    "俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。"
    アメリカ、ミシガン州ハイランドパークに朝鮮戦争の帰還兵「ウォルト・コワルスキー」が住んでいる。月に一度「マーティン」のいる床屋へ行き、古くなった自宅を修繕し、愛犬「デイジー」を伴ってバルコニーで煙草を燻らせながらビールを呑む。長年フォード社で自動車工を務めた彼の一日は、そうして過ぎ去っていく。妻「ドロシー」に先立たれ、子供や孫たちとも疎遠、顔なじみだった隣人たちも去り、「ウォルト」は孤独だった。自動車産業発展期のハイランドパーク一帯の栄光を知る「ウォルト」にとっては、通りを練り歩くギャングたち、荒廃した住宅街、姿をかえた人間や街並みの全てが気にいらない。隣の家には、東南アジア系移民が越してきたようだが、そのことも鬱陶しい。かつて妻は「ウォルト」に懺悔を勧めたが、毎日のように訪ねてくる神父「ヤノヴィッチ」に告白することなど何もない。すべてが漫然だった。ある日、「ウォルト」宅のガレージに何者かが忍び込んだ。そこには彼の愛車"グラン・トリノ"が眠っている。「ウォルト」が今も大事に磨き上げているM1ライフルの銃口が捕らえたのは、隣家の少年「タオ」の姿だった…。


      タイトルの"グラン・トリノ"とは、アメリカの大手自動車メーカー、フォード・モーター・カンパニーが1968年から1976年にかけて生産販売したインターミディエイト、"トリノ"シリーズの一車種。1972年、"フォード・トリノ"シリーズのフルモデル・チェンジを受けて世に登場した"グラン・トリノ"は、当時のアメリカ自動車市場の中で大きな成功を収めた。本作には、ヴィンテージ・カーと位置づけられている"グラン・トリノ"の製造ラインでステアリングを取り付けていたのが他ならぬ「ウォルト」だった、という設定がある。また、"グラン・トリノ"に加えて本作における重要なキーワードは"モン族"である。ラオス、ベトナム、タイ、ミャンマーなど、東南アジア域に散在する少数民族のことだが、ベトナム戦争後、アメリカに移住した"モン族"には様々な苦難、苦境が待ち構えていた。それを乗り越えてきた逞しき"モン族"は"モン族"に演じさせたい、というイーストウッドの意向から、数多くのオーディションを経て、ビー・ヴァン、アーニー・ハーらに白羽の矢が立った。また、イーストウッドの息子である、スコット・リーブスが「トレイ」役で出演していること、カイル・イーストウッドが音楽を担当していることにも注目。

      「ミリオンダラー・ベイビー」の「フランキー・ダン」を彷彿とさせるような堅物「ウォルト」が、些細な出来事をきっかけに隣家のアジア系住民と心を通わせていくさまを描いたドラマ。哀愁が漂い、格調の高い趣を備えた作品ではあるが、思わず噴き出してしまうようなユーモアも伴っている。「ハリー・キャラハン」や「フランク・モリス」などの名役を演じつづけてきたクリント・イーストウッドが、俳優業最後の仕事とも語る。それが真の決断だとすれば、「ウォルト」という名の偏屈で頑固なじいさんが、彼のキャリアの集大成ということか。そこに抱く特別な感情は別にしても、本作は総じて完璧。もう私にとっては、これ以上ない宝物のような作品に出会ったような気分だ。

      「ウォルト」が唸り声を上げる。彼の子供や孫の内疎外親で滑稽な言動、行動。言葉の壁を超えた"モン族"とのコミュニケーション。こじんまりとしたコミュニティの中で出来事が展開されるにも関わらず、物語に壮大な奥行きを感じ得るのは、登場人物たちの心の移ろいが繊細に描かれているからであろうか。「ウォルト」の孤独感や近寄りがたさ、はたまた一見すると人種差別者かと思えるほど汚い言葉を口にしていた彼が、「タオ」や「スー」との出会いによって、次第にほぐれていくさまがありありと描かれている。その面白おかしい交流に思わず笑ってしまうことも少なくなかった。こうした温かいドラマが終盤に向けて暗調となっていくが、ハッピーエンドやバッドエンドという言葉では語れない不思議な余韻が身体を襲う。これぞ、イーストウッドの作品。ただ映像を追っても感泣ものだが、タイトルの"グラン・トリノ"が象徴するものとは、「ウォルト」がアジア人を毛嫌いする理由とは、「ウォルト」の愛用のジッポに刻まれている模様とは、「ウォルト」の懺悔とは、作品の節々に散りばめられたアイテムやエピソードの意味が解き明かされたとき、更なる哀歓がじわじわと滲み出してくる。

      ある意味では、近代のアメリカを包括的に象徴しているとも捉えられるが、実直でいること、相手を思い遣ること、人を愛すること、時代の変化を受け入れること。個人個人に人生のヒントのようなものを与えてくれるようにも思う。ピカピカに磨かれた"グラン・トリノ"が、「デイジー」を乗せて颯爽と駆けていく。優しくて温かい。本作の良さが言葉にし尽くせないことが悔しいが、私はこの作品に出会えたことが幸せとも思える。本作の何もかもが愛しい。ヒューマン・ドラマの傑作だ。
      
    ● 製作代表 : Matten Productions
    ● 日本配給 : Warner Bros.
    ● 世界公開 : 2009/01/09 - アメリカ
    ● 日本公開 : 2009/04/25

    (2009/06/02: 一部追記)
    (2009/06/05: 出演者情報追加)
    [PR]
    by movis | 2009-05-31 20:50 | ドラマ
    激突!/ DUEL
    ● 激突!/ DUEL [アメリカ / 1973年]

    b0055200_10252415.jpg巨匠スティーヴン・スピルバーグの足跡を辿る。シンプルな構図に、斬新な着眼点を得たアイデアが強烈に効いている。現実味を捨て切っていない点もいい。しがない男が不意に感じた命の危機。あなたなら、"Duel"に立ち向かえる覚悟はあるか…。



    監督は、スティーヴン・スピルバーグ。原作、脚本は、リチャード・マシスン。「デイヴィッド・マン」役には、テレビ映画で活躍したデニス・ウィーヴァー。

    "Terror in your rear view mirror."
    サウス・ストリートの混雑を抜け、カリフォルニアを南へ走る。国勢調査の世帯主は妻でもいいのか。ラジオのバラエティに笑い声をあげる。爽やかなドライブの予感がした。「デイヴィッド」は排気ガスを撒き散らす40トンの大型タンクローリーを、ただ追い抜いただけであった。それが彼の長い1日の始まりであることなど露知らず…。


      もともとはテレビ映画として製作された作品であり、本国アメリカでの劇場公開はテレビ放映の10年以上も後のこと。しかし、この作品こそ、業界から世界へ、無名であったスピルバーグの存在感を一気に高めたのである。とかく低予算であったことが有名だが、チープ感を感じる隙がなく、むしろダイナミズムに満ち溢れている。ファンタジー・サイコスリラー作品を対象としたフランスの映画祭、アボリアッツ・ファンタスティック映画祭の第1回グランプリに選ばれた。

      一度追い越しただけでタンクローリーに追われ続けるはめになった、不運な男の物語。それだけで説明がついてしまうほどの至極シンプルな作品なのだが、これが面白い。相手が見えない、動機が分からない、というアイデアが強烈に効いているからだ。恐怖の対象は、運転手から、やがてタンクローリーそれ自体へと変わっていく。バックミラーに映るタンクローリーが、まるで意志を持っているかのように威圧感を寄せてくる。

      作品が現実味を捨て切っていないという点もいい。煽られる、という日常で有り得るシチュエーションも然ることながら、デニス・ウィーヴァーの演技が非常にニュートラルである。水をがぶ飲みし、被害妄想だと自身に言い聞かせる。道中、カフェでの一コマは、この作品に不可欠である。

      逃げられぬ絶望感にさいなまれる「デイヴィッド」と、人間味を失った無情の暴走タンクローリー。対極の立場を見事に描き分け、シンプルな攻防の中にも奥の深さがある。全てのシーンに無駄がない。ラジオに笑う「デイヴィッド」もまた、妻の尻にしかれたしがない男なのだ。平凡なる暮らしの中で、予期せぬ危機と対峙したとき、あなたなら"Duel"に闘争心を揺り起こせるだろうか。

    ● 製作 : Universal TV
    ● 配給 : Cinema International Corporation
    ● 公開 : 1971年11月10日 - カナダ(TV放映)、 1973年1月13日 - 日本(劇場公開)
    [PR]
    by movis | 2004-11-14 21:00 | パニック