Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    タグ:□ 著名な原作(書籍) ( 2 ) タグの人気記事
    ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険
    ● ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険 [日本 / 2003年]

    言わずと知れた大人気コミックのスピンオフ第4作目は初の単作公開。本編でも観られる「ONE PIECE」の魅力がコンパクトにまとまっており、「ONE PIECE」を知らない人には入門編としても最適。コアなファンには少し物足りないかも…?それでも、エピローグに向けて開放的に見せてくるあたりはさすが!
     
    b0055200_6222081.jpg
     
    監督は、「銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー」の宇田鋼之介。「モンキー・D・ルフィ」の声の担当には、田中真弓。「ロロノア・ゾロ」の声の担当には、中井和哉。「ナミ」の声の担当には、岡村朋美。「ウソップ」の声の担当には、山口勝平。「サンジ」の声の担当には、平田広明。「トニートニー・チョッパー」の声の担当には、大谷育江。「ニコ・ロビン」の声の担当には、山口由里子。「シュライヤ・バスクード」の声の担当には、宮本充。「ビエラ」の声の担当には、永井一郎。「アナグマ」の声の担当には、酒井美紀。「ガスパーデ」の声の担当には、石田太郎。「ニードルス」の声の担当には、小杉十郎太。
     
    "生き残れるか!? 大海賊が競う史上最悪のレース!!"
    時は大海賊時代。いまや伝説の海賊王「ゴールド・ロジャー」が遺した"ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)"をめぐって、幾人もの海賊達が旗をかかげ戦っていた。"偉大なる航路(グランドライン)"、ハンナバル。「モンキー・D・ルフィ」率いる"麦わらの一味"は、彼と「チョッパー」の大喰らいが原因で慢性的な金欠病に陥っていた。優秀な航海士であり"麦わらの一味"の金庫番でもある「ナミ」は、金の匂いを嗅ぎつける。それは、ハンナバルで不定期に開催される、海賊の海賊による何でもありの『デッドエンド・レース』への参加であった。その頃、とある海賊蒸気船のボイラー室。病に蝕まれ咳き込む老いたボイラーマンと、彼を"じいちゃん"と慕い、病状を心配する少年の姿があった…。

     
      尾田栄一郎が描くコミック「ONE PIECE」は、史上最速で1億冊を売り上げ、60巻発表によって2億冊を突破、初版発行部数、初動週間売上部数では国内出版史上最高記録を樹立し、世界30カ国以上で翻訳販売されている大人気少年漫画。本作は、スピン・オフ劇場作品としては4作目に当たるが、単作での公開は初めてであり、上映時間も60分を超えた。本筋のストーリーでは描かれない、完全なオリジナルのシナリオであるが、「ルフィ」が呟くかつて戦闘したキャラクターの名前や、懸賞金をめぐる一連のエピソードから"アラバスタ編"と"スカイピア編"の中間に時間軸が設定されていることがうかがえる。メディアミックスの観点では「BUMP OF CHICKEN」の"sailing day"が公式タイアップされたほか、女優の酒井美紀が「アナグマ」役で声の出演を果たしているといった話題がある。

      90分強という短かい尺ではあるが、2011年4月現在、単行本61巻にも及ぶ「ONE PIECE」の"良さ"が網羅された、凝縮された作品であった。作者の尾田栄一郎は、単行本のライナーノーツの中で「ONE PIECE」に対するポリシーを語っており、同作は"少年漫画"であることを強調しながら、多少カタストロフィや殺戮は描きながらも「ルフィ」は絶対に敵を殺さないし、キャラクターの心情の移ろいは描きながらも明示的な恋愛は描かない、としている。ある意味で物語を盛り上げる上での"制約"と言えるのかもしれないが、それでも単行本が2億冊以上も売れてしまう"魅力"がある。作品に対しての思い入れは人それぞれであろうが、大きくは、細やかな伏線の張り方と丁寧な回収の仕方、感動と悲壮のエピソードの描き方が上手いというズルさ、そして、さまざまな過去に囚われるキャラクターが救いを見出す「ルフィ」の無邪気な仲間意識、といったところであろうか。そういった魅力が、本作にギュッとコンパクトに詰まっていた。
      
      『本編の魅力がコンパクトに閉じ込められた』という印象は、もしかするとズバリ制作サイドの狙いかもしれない。分かりやすい部分では、"麦わらの一味"がそれぞれの船員としての役割をこなす描写が必ず含まれているし、海軍との対峙もあるし、特徴に富んだ海賊が登場するし、といった具合だ。「ガスパーデ」をやっつける、という単純な活劇に終わらず、「シュライヤ」を巡る、ミスリードを誘うような感動的なエピソードも含まれていて、さながら本編に見られるドラマ性も保っている。「ONE PIECE」入門編とも言えるか、万人に観賞がやさしい作品だ。コアなファンに向けたケアも含まれているのか、登場する人物のセリフが、後に"麦わらの一味"が訪れることになる舞台を予感させたりもする。エピローグを開放的に見せてくるあたりもさすがである。
      
      しかし、本編が10巻程度のボリュームでひとつの舞台をまとめあげるのに対して、90分という時間で新しい舞台を描き切ってしまうので、淡泊な印象も否めない。「ルフィ」と「シュライヤ」が強調して描かれるので、必然的に"麦わらの一味"の連携のとれた大暴れは影を潜めてしまうし、強靭な敵を相手に「ルフィ」はどう攻略していくのか、という状況打開のスリルにも乏しい。「ONE PIECE」の魅力がコンパクトにまとまっている代わりに、本編にあるような奥深さが伴わず「観た!」という満足感は得難い点だけは残念であった。それでも、親子が同じテンションで観られる作品がどれほどあるだろうか、と考えると、本作しかり本編しかり、子供も楽しめる活劇の分かりやすさと、大人も楽しめる物語の奥の深さが、絶妙なバランスで描かれている点は改めてすごい。

      「ONE PIECE」好きで有名な「さまぁ~ず」三村マサカズ。某番組で相方の大竹一樹に対して「お前は、イースト・ブルー止まりだな!」と真顔で突っ込むが、理解してもらえず失笑を買う。分かる人には分かるんだけどなあ!
      
    ● 製作代表 : 東映アニメーション
    ● 日本配給 : 東映
    ● 世界公開 : 2003年3月1日 - 日本
    ● 日本公開 : 2003年3月1日
    [PR]
    by movis | 2011-04-30 06:32 | アニメーション
    頭文字D The Movie / Initial D
    ● 頭文字D The Movie / Initial D [香港 / 中国 / 2005年]

    b0055200_1303910.jpg漫画家、しげの秀一による同名コミックシリーズを"インファナル・アフェア"のキャストとスタッフが実写化。映像技術に頼ることなく、実際のカーアクションによる公道バトルの様相は期待以上のもの。しかし、どうしても短尺で描かれるためにジレンマがある。



    監督は、"インファナル・アフェア"シリーズのアンドリュー・ラウとアラン・マック。原作は、"頭文字D"シリーズのしげの秀一。「藤原拓海」役には、ジェイ・チョウ。「茂木なつき」役には、鈴木杏。「藤原文太」役には、"インファナル・アフェア"シリーズのアンソニー・ウォン。「高橋涼介」役には、"インファナル・アフェア"シリーズのエディソン・チャン。「中里毅」役には、"インファナル・アフェア"シリーズのショーン・ユー。「立花樹」役には、"インファナル・アフェア"シリーズのチャップマン・トー。「立花祐一」役には、ケニー・ビー。「須藤京一」役には、ジョーダン・チャン。「岩城清次」役には、リュウ・ケンホン。「健二」役には、阿部力。

    "It's not what you drive, it's what drives you"
    "藤原とうふ店"を営む「藤原文太」を父に持つ高校生「藤原拓海」。家業を助けるため、「拓海」は毎日早朝から「文太」の車を駆り、"秋名山"の頂上にある旅館に豆腐を届けた。豆腐は脆く、壊れやすい。「拓海」は常々「文太」から豆腐を崩すな、と忠告を受けた。「拓海」は父の忠告を守りながら、それでも早く帰宅したい一心で、配達に要する時間を削っていく。それが「文太」の"教育"であることなど彼は知る由もなかった。「拓海」と友人「樹」がアルバイトをしているガソリン・スタンドに、"妙義山"をテリトリーとする走り屋集団"妙義ナイトキッズ"の「中里毅」が駆る日産・R32スカイラインGT-Rが現れる。「中里毅」の挑発に乗った「樹」は、「拓海」を助手席に乗せ、"秋名山"で公道バトルに挑むが結果は惨敗。意気揚々の「中里毅」であったが、その晩、峠を信じがたい速度で攻め込むトヨタ・AE86スプリンタートレノに遭遇する…。


      漫画家、しげの秀一による原作"頭文字D"は、公道での自動車レースに凌ぎを削る若者たちを描いた作品。走り屋の行為に興味のなかった平凡な高校生「藤原拓海」が、ひょんな出来事から公道バトルに魅了され、やがて"公道最速"を志していく。「拓海」が駆るトヨタ・AE86スプリンタートレノ、通称"ハチロク"は、非力でありながらも、癖のない優れたレスポンスと、軽量な車両重量による抜群のスタビリティによって、ダウンヒルでは、パワーのある自動車を相手にしない。このコミックの影響もあって、"ハチロク"は80年代後期のモデルであるにも関わらず、一部の自動車ファンたちの間では根強い人気を誇っている。実写化に挑むのは、"インファナル・アフェア"シリーズのアンドリュー・ラウとアラン・マック。加えて、本作にはアンソニー・ウォン、エディソン・チャン、ショーン・ユーら、"インファナル・アフェア"シリーズの主演陣が集った。
     
      まず、原作のファンを安心させる、もしくは彼らの期待に応えてくれそうな本作の要素は、公道を攻め込む自動車が原作に忠実に、そして圧倒的なスピード感と迫力を帯びて描かれている点であろう。「拓海」の"ハチロク"、「中里毅」のR32スカイラインGT-R、「高橋涼介」のマツダ・RX-7(FC3S)、「須藤京一」の三菱・ランサーエボリューションIIIGSRなど、原作でも存在感たっぷりに描かれる自動車がほぼそのままに登場する。こうした名車が劇中で魅せるテクニックは、映像技術に頼ることなく「タカハシレーシング」による実際のカーアクションであるというのだから、その驚愕の挙動には原作のファンのみならず、自動車ファンには悦喜の極みに違いない。また近接、遠隔と切り替わるカメラワークが巧妙で、めまぐるしいレースシーンもただ疾走感に身を任せていられるのが快い。ガードレールをなでるようにテールを流す"ハチロク"の様子は、躍動感がある原作を読むとき以上にハラハラとした。レースの舞台となる、夜の帳が降りた峠の描写も幻想的で美しい。目に映るものは、申し分なく楽しめる。
      
      作品として本作を観る。"インファナル・アフェア"のキャスト、スタッフによる実写化であるから、物語の舞台が日本であるにも関わらず、日本語が聞こえてこないという違和感を訴えるのは野暮だろうが、長編の原作を短尺で映像化する作品にありがちなジレンマは本作にもある。例えば「拓海」と「茂木なつき」のエピソードなどは、もう少し核心が語れるべきであった。しかしながら、そうしたエピソードに対する説明や説得の不足感を禁じえないにしても、「文太」や「樹」に見られるように原作のキャラクターの性格を大幅に変更してみたり、原作のキーマンのひとりであり「高橋涼介」の弟である「高橋啓介」を登場させない、といった大胆な設定がありながら、"頭文字D"という作品のおいしいところは上手く表現されたか。

      著名な原作が映像化されるときほど、作品の評価は厳しくなりがちであるが、本作は映像の迫力を以ってファンの期待に応えてくれるだろう。加えて、原作を知らなくてもそこへの興味を煽っていくだけの魅力も兼ねているように思う。苦言を呈せば、後者は良くても、前者、原作のファンに二度三度と観賞させたいと思わせる、映画作品としての独自性やレゾンデトールには乏しい。アイデア自体を原作に踏襲した上で、全く独立した物語を見せてくれれば…。キャストとスタッフを眺め見て、勿体なさを禁じえなかった。何がそれほど不満かと言えば、正直な胸の内は、サンバーストイエローのマツダ・RX-7(FD3S)が見たかっただけなのだけど…。
       
    ● 製作代表 : Media Asia Films
    ● 日本配給 : GAGA Communications
    ● 世界公開 : 2005年06月23日 - 中国/香港/シンガポール
    ● 日本公開 : 2005年09月17日
    [PR]
    by movis | 2009-06-28 01:37 | アクション