Top
MOVIS
one for all, all for one
Will Be Next to ...
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 1st season
  • LIE TO ME 嘘の瞬間 2nd season
  • アマルフィ 女神の報酬
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st season
  • ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 2nd season
  • インセプション
  • 最近のエントリ
    検索
    カテゴリ
    タグ
    タイトル別カテゴリ
    ■ 音順カテゴリ


    ■ 特集
    映画で音楽を聴く

    ■ 公開年度別カテゴリ

    sorry...
    restorin' soon ...
    最新のトラックバック
    ワンピースのこのセリフに..
    from 脳挫傷による見えない障害と闘..
    252生存者あり(テレビ..
    from 単館系
    Blu-ray バックド..
    from VAIOちゃんのよもやまブログ
    FRINGE シーズン1
    from piece of life ..
    コラテラル(55点)評価:△
    from 映画批評OX
    『ある日どこかで』観てほしい
    from 映画のブログ
    ps3TERMINATO..
    from 家電逸品
    アルマゲドン
    from Addict allcine..
    ターミネーター2
    from 映検つながるブログ
    バンテージ・ポイント
    from 映画、言いたい放題!
    救命病棟24時
    from 救命病棟24時
    ハッピーフライト
    from ピースのAMEBLO CA..
    ハッピーフライト
    from 映画、言いたい放題!
    バッファロー'66
    from Addict allcine..
    『ジャンパー』を観たぞ〜!
    from おきらく楽天 映画生活
    ジャンパー(感想120作..
    from 別館ヒガシ日記
    スパイダーウィックの謎
    from 映画、言いたい放題!
    真夏のオリオン
    from Diarydiary!
    真夏のオリオン
    from 橋本甜歌 前略 画像
    グラン・トリノ
    from Diarydiary!
    最新のコメント
    > ムーさん なか..
    by movis at 03:46
    私も、そのブログの読みま..
    by mnstr_movie at 20:47
    > ムーさん ども..
    by movis at 14:32
    どうもどうも!山形の遊び..
    by mnstr_movie at 12:57
    > 台湾人さま は..
    by movis at 00:09
    リチャード・チェンバレン..
    by 台湾人 at 00:16
    > 鍵コメントさま ..
    by movis at 03:42
    > samurai-ky..
    by movis at 01:23
    「眼下の敵」を筆頭に"潜..
    by samurai-kyousuke at 09:34
    > Jimさん は..
    by movis at 12:19
    一年ほど前に飛行機の中で..
    by Jim at 22:51
    > ならぢゅん さん ..
    by movis at 06:39
    Youth-Kさま、トラ..
    by ならぢゅん at 12:06
    > samurai-ky..
    by movis at 02:02
    基本的には娯楽作品が好き..
    by samurai-kyousuke at 23:08
    > samurai-ky..
    by movis at 15:52
    ロイ・バッデイ(ルトガー..
    by samurai-kyousuke at 01:03
    > samurai-ky..
    by movis at 23:33
    さすがにフランク・ダラボ..
    by samurai-kyousuke at 20:30
    > samurai-ky..
    by movis at 00:14
    フォロー中のブログ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
    リンク
    タグ:□ 音楽/ダンス ( 4 ) タグの人気記事
    ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー / High School Musical 3: Senior Year
    ● ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー /
        High School Musical 3: Senior Year [アメリカ / 2008年]

    b0055200_0315349.jpg我が道をゆく、どストレートなウォルト・ディズニー社らしい青春ミュージカル作品。メランコリーは一切なく、パワー・プレイで押し切られてしまうが気分の高揚は隠せない。上映期間が重なったあのミュージカル大作よりも爽快だったというのが正直な胸の内。



    監督は、"ハイスクール・ミュージカル"シリーズのケニー・オルテガ。「トロイ・ボルトン」役には、「ヘアスプレー」のザック・エフロン。「ガブリエラ・モンテス」役には、「サンダーバード」のヴァネッサ・ハジェンズ。「シャーペイ・エヴァンス」役には、アシュレイ・ティスディル。「ライアン・エヴァンス」役には、ルーカス・グラビール。「チャド・ダンフォース」役には、コービン・ブルー。「テイラー・マッカーシー」役には、モニーク・コールマン。「ケルシー・ニールセン」役には、オリシア・ルーリン。

    "high school graduation"
    イースト高校の最上級生であり、同校のバスケットボール・チーム"ワイルド・キャッツ"を率いる「トロイ」と「チャド」は、高校生活最後のゲームに臨んだ。しかし、強豪を相手に前半戦はリードを許してしまう。物語はここから始まった。最後の16分間を目前に、彼らは悔いのないプレーを誓い、奇跡のような逆転劇で見事に勝利したのであった。達成感と勝利の余韻に浸る間もなく、イースト高校の最上級生たちには"卒業"の2文字が迫る。「トロイ」はバスケットボールの腕を買われ、アルバカーキ大学への内定が決まっていたが、彼の最愛の恋人「ガブリエラ」の志は、凡そ1,600キロも離れたスタンフォード大学にあった。バスケットボールを続けるか、演劇の道を歩むか、恋人「ガブリエラ」の傍に居るか、「トロイ」の心は定まらなかった…。


      "ハイスクール・ミュージカル"は、アメリカのウォルト・ディズニー社が運営する「ディズニー・チャンネル」というケーブルテレビ・チャンネルにて、オリジナル・ムービーとして放送されたミュージカル作品シリーズである。2006年に「ハイスクール・ミュージカル」、2007年に「ハイスクール・ミュージカル2」が放送され、本作はその続編として劇場公開されるに至った。物語は「ハイスクール・ミュージカル2」のエピローグ、「トロイ」や「チャド」が"ワイルド・キャッツ"所属での高校最後の試合に臨み、前半をリードされて、後半に向けて闘志を燃やすというシーンから始まる。

      「トロイ」を演じるザック・エフロンや、「ガブリエラ」を演じるヴァネッサ・ハジェンズをはじめとした出演陣の顔ぶれは、恥ずかしながら大半が初見であったが、端麗な容姿は基よりも、ダイナミックでキレのあるダンスや、透き通って力のある歌唱力に魅了されるに時間は必要なかった。もともと、ミュージカルというジャンルはあまり得手ではないのであるが、楽曲のグルーブが心地よく、青春ものを描くには長尺と思われる113分という上映時間も疾風の如く駆け去ってしまった。シリーズ作品を観ていなくても、世界観にすんなりと浸ることができるシンプルな演出に終始している点も好印象である。

      "青春"というテーマを直走り、ルックスに、勉学に、スポーツに、芸術に非凡なキャラクターたちの生活は嫉妬しか覚えないくらい充実しているし、メランコリックな描写は一切ないと言っていい。何事にもオールマイティな彼らにも唯一上手くいかない恋愛をセンチメンタルに描きながら、魅せ場にむけてしっかりと観る者の高揚を煽ってくる辺りは、さすがはウォルト・ディズニー作品であるといえよう。エンターテイメントとしての作品の質は、文句のつけようもない。ミュージカル映画というジャンルをみれば、フィリダ・ロイドの「マンマ・ミーア!」と上映期間が重なった。メリル・ストリープやピアース・ブロスナンといった豪華出演陣、「ABBA」の楽曲の完全タイアップなど、話題は完全にさらわれた形となったが、個人的には本作のほうが爽やかなカタルシスを与えてくれたように思う。素直すぎるが隙のないミュージカル作品。レゾンデトールはそれだけで十分だ。

      2月の上旬、都内某所のシネマには外国人の子供たちが所狭しと腰掛けていた。彼らはタイトルロールが始まるや否や、揃いも揃って拍手をしたのである。マズい作品を選択してしまったか、と恥ずかしささえ覚えたが、スタッフロールで再度鳴った拍手には思わず納得してしまった。彼らの眼には、「トロイ」や「ガブリエラ」はどれほどかっこいいおにいちゃん、おねえちゃんと映るのだろうか。10代の若き力が心底羨ましいと思ったものの、不思議と活力がみなぎってくる純心無垢な作品であった。スッキリ。

    ● 関連作品 ※レビュー対象外
    ハイスクール・ミュージカル [TVCS/2006年]
     → シリーズ第1作、TVムービーとして放送
    ハイスクール・ミュージカル2 [TVCS/2007年]
     → シリーズ第2作、TVムービーとして放送

    ● 製作代表 : Borden and Rosenbush Entertainment
    ● 日本配給 : Walt Disney Studios Motion Pictures
    ● 世界公開 : 2008年09月28日 - スウェーデン(ストックホルム/プレミア)
    ● 日本公開 : 2009年02月07日

    (2009/06/21: 関連作品情報更新)
    [PR]
    by movis | 2009-03-02 00:37 | ドラマ
    マンマ・ミーア! / Mamma Mia!
    ● マンマ・ミーア! / Mamma Mia! [イギリス / アメリカ / 2008年]

    b0055200_243481.jpg同名人気ミュージカルの映像化。本作の制作陣は舞台版成功の仕掛け人たちが名を連ね、「ABBA」の名曲を美しい映像の中に楽しく散りばめた。メリル・ストリープのはしゃぎ振りなど、作品にはたくさんの見所があるが、ストーリーに癖がある。映像と音楽に身を委ねるが吉。



    監督は、フィリダ・ロイド。「ドナ・シェリダン」役には、「ディア・ハンター」「マディソン郡の橋」のメリル・ストリープ。「ソフィ・シェリダン」役には、「ミーン・ガールズ」のアマンダ・セイフライド。「ロージー」役には、"ハリー・ポッター"シリーズのジュリー・ウォルターズ。「ターニャ」役には、「シカゴ」のクリスティーン・バランスキー。「サム・カーマイケル」役には、"007"シリーズのピアース・ブロスナン。「ハリー・ブライト」役には、「ブリジット・ジョーンズの日記」のコリン・ファース。「ビル・アンダーソン」役には、「レッド・オクトーバーを追え!」のステラン・スカルスガルド。「スカイ」役には、ドミニク・クーパー。

    "Take a trip down the aisle you'll never forget"
    エーゲ海に浮かぶギリシャの美しいリゾート地、カロカイリ島。「ソフィ」は、この島でホテル"Villa Donna"を経営する「ドナ」のひとり娘であり、婚約者「スカイ」との結婚を控えた活発な女の子だ。しかし、彼女は母親「ドナ」と2人で生きてきたために、自分の父親が誰だか分からないという憂鬱があった。日々『パパと一緒にヴァージン・ロードを歩きたい!』とい夢を募らせてきたのだ。そんな折、彼女は若き日の「ドナ」の日記を見つける。20年前の「ドナ」の恋の相手に挙げられた男性は「サム」、「ハリー」、「ビル」の3人。一目逢えば、きっと誰が父親だかピンと来るはず。そう思った「ソフィ」は、「ドナ」に内緒で彼らに結婚式の招待状を送ってしまったのであった…。


      世界10都市で公演されている人気同名ミュージカルを、イギリスで活躍する演劇、ミュージカル、オペラの演出家のフィリダ・ロイドが映画化した。ポップなサウンドで世界中に親しまれてきた「ABBA」のヒット曲で構成され、公演の為に楽曲を書き下ろすのではなく、既存の楽曲を使用する"ジュークボックス・ミュージカル"と呼ばれるスタイルを確立した作品でもある。本作は、「ABBA」のヒット曲24曲をフューチャーし、エーゲ海の美しいリゾート地で「ソフィ」と「ドナ」を中心に巻き起こる恋騒動を、おもしろおかしく描く。

      フィリダ・ロイドや脚本家のキャサリン・ジョンソンは、同名舞台ミュージカルを成功させた要員でもある。プロダクション・ノートを読む限り、プロデューサのジョディ・クレーマーが持つ舞台版「マンマ・ミーア!」へのこだわりは強い。フィリダ・ロイドやキャサリン・ジョンソンなど、舞台版の仕掛け人を起用を以っての映画化に合意したようで、彼女たちにとっては本作が映画演出デビュー作となった。フィルム・ロケーションはギリシャを中心に行われ、光を反射する砂浜や優雅な夕焼けなどの自然美があり、キャラクターの衣装や小道具にも華美がある。フィリダはカメラワークにも探究心を見せたようだが、さすがは礼賛されたる演出家らしく、舞台からスクリーンに活躍の場を移しても、映像の美しさ、華やかさは文句のつけようがなかった。

      こうした映像美や誰もが耳にしたことがあろう「ABBA」の名曲が次々に登場する様も本作の大きな見所だが、個人的な心象に強いインパクトを残したのは「ドナ・シェリダン」を演じる、メリル・ストリープのはしゃぎ振りだった。1949年生まれの彼女にとって、1970年代から1980年代にかけて活躍した「ABBA」の存在は青春の真っ只中にあったのか、「ギャラなんていらない」という冗談を口にするほど、現場ではノリノリであったという。リハーサルは歌唱とダンスを併せて3週間という短い期間で行われたようだが、キビキビとした動きと瑞々しい表情を観れば、彼女の年齢を疑わずにはいられなかった。映像を通じて、楽しさや気分の高揚を煽ってくるのは、メリル・ストリープの演技に限らないが、総じて日頃の憂鬱や悩みを『どうでもいい』と思わせるような解放感が本作に帯びているのは間違いがなく、"Thank You for the Music"よろしく、感情をコントロールする音楽の影響力に改めて気付かされた。

      ところで、物語のストーリーという観点から本作を眺めてみると…。画竜点睛に欠くと言えば痛言かもしれないが、決してスマートなものではない。「ソフィ」が3人もいる父親候補を結婚式に呼ぶ、というプロローグにも予感はあるのだが、プロット自体に出口がなく、そこを大目に見たとしても、文字通りのバカ騒ぎで収束してしまう。本作の観賞において、ストーリーの持つ癖が気になってしまうと、一気に距離を開けられてしまうだろう。兎にも角にも、エネルギッシュな映像や音楽の流れに身を委ねてしまうべき。思わず身体を動かしてみたいという衝動に駆られたなら、本作の魅力を堪能することができるだろう。

    ● 製作代表 : Universal Pictures
    ● 日本配給 : 東宝東和
    ● 世界公開 : 2008年06月30日 - イギリス(ロンドン/プレミア)
    ● 日本公開 : 2009年01月30日
    [PR]
    by movis | 2009-02-23 02:50 | コメディ
    奇跡のシンフォニー / AUGUST RUSH
    ● 奇跡のシンフォニー / AUGUST RUSH [アメリカ / 2007年]

    b0055200_1471725.jpgこれはいい。最高だ。終始、スクリーンから流れるクラシック、ロック、ゴスペル、ジャンルを問わない多種多様の音楽。音楽のもつ力を、納得できるほど力強い楽曲と表現力を備えている。心で感じる、という言葉が相応しい珠玉の音楽映画だ。疲れが癒された…。



    監督は、カーステン・シェリダン。「エヴァン・テイラー/オーガスト・ラッシュ」役には、「ネバーランド」「スパイダーウィックの謎」のフレディ・ハイモア。「ライラ・ノヴァチェク」役には、「ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた」のケリー・ラッセル。「ルイス・コネリー」役には、「ベルベット・ゴールドマイン」のジョナサン・リス=マイヤーズ。「リチャード・ジェフリーズ」役には、「Ray レイ」のテレンス・ハワード。「マックスウェル・"ウィザード"・ウォラス」役には、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のロビン・ウィリアムズ。「トマス・ノヴァチェク」役には、ウィリアム・サドラー。「アーサー」役には、レオン・トマス三世。「ホープ」役には、ジャマイア・シモーヌ・ナッシュ。

    "An incredible journey moving at the speed of sound"
    ニューヨーク州児童福祉局員「リチャード・ジェフリーズ」が、養護施設にどれくらいいるのか、と尋ねると「エヴァン」は11年と16日だと答えた。生まれつき鋭い音感をもつ「エヴァン」は、日常のあらゆる音が旋律として結びついて聴こえた。施設の仲間からは変な奴だといじめを受けたが、「エヴァン」は音楽こそが、未だ見ぬ両親の元へと導いてくれるのだと信じてやまなかった。彼の耳に流れる音楽の源流は11年前まで遡る。それは綺麗な満月が浮かぶ夜だった…。


      監督のカーステン・シェリダンは、「マイ・レフトフット」「父の祈りを」を築いた巨匠ジム・シェリダンを父に持つ。彼女は父親の監督作「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」で脚本を担当し、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞のノミネートを受けている。本作は、日本での公開作品としては、彼女の初の監督作品である。好調フレディ・ハイモアを主演に迎え、「M:i:III」で顔を合わせているケリー・ラッセルとジョナサン・リス=マイヤーズ、「ハンティング・パーティ」ではリチャード・ギアと共演したテレンス・ハワードなど、フレッシュな面々が脇を固めている。

      本作の特徴は、音楽にある。クラシック、ロック、ゴスペルと、多種多様の音楽がひっきりなしに流れている。音楽のないシーンを見つけるほうが難しい。そもそもが本作は40曲以上の楽曲をフューチャーしているのだ。"音楽映画"と称しても違和感がないほどに、作品がメロディアスな仕上がりになっている。本作は、映像化よりも先に音楽を完成させるという独創的なアプローチを以って製作されたようだが、重圧的なプレッシャーを耐え抜いて、作品を"音楽映画"という方向性へと導いたのは、ブロードウェイ・ミュージカル「ライオン・キング」で一部楽曲の作曲、編曲を担当したマーク・マンシーナの実力だ。スラッピングが印象的な"Bari Improv"や"Dueling Guitars"などの楽曲が至極心地よい。

      マーク・マンシーナのみならず、ジェフリー・ポラック、ジュリア・マイケルズ、アナスターシャ・ブラウンといったアドバイザーが参加していること、ジョン・レジェンドやデヴィッド・クロスビーなどのアーティストが協力していること、ギターや指揮を勉強したフレディ・ハイモアと、本作で初めてチェロに触れたケリー・ラッセルなど、音楽に関しては話題が尽きないのであるが、ジョナサン・リス=マイヤーズの歌声はとりわけ驚愕するほどに美しかった。自分自身、悲壮感を得ているとき、テンションを上げたい時に音楽に頼り、音楽には感情をコントロールできる力があると信じてやまないのだが、本作はそんな音楽の力を語るに相応な楽曲と表現力を備えている。喜怒哀楽をメロディーで表現しながら、勢いのある演者の演技が加味されるので、文句のつけようもない。物語の中には、ニューヨーク市にある名門ジュリアード音楽院が登場する。実は、ロビン・ウィリアムズはこの大学の演劇部を卒業している。若手俳優がひしめく本作にあって、クセのある「マックスウェル・"ウィザード"・ウォラス」を演じた彼の堂々とした、安定した演技には、安心感すら感じえた。

      一方で、あまりに映画の構成を音楽に頼ってしまったがために、ロジックを欠いてしまった。運を頼ったストーリーであり、好転が繰り返される状況は現実的に不自然である。しかし、個人的には、淡白なエピローグに勿体なさを感じただけで、大いに感銘を受けた。「奇跡のシンフォニー」というレトロな心象の邦題が付いているものの、スピーディで、幻想的で、初々しい作品である。とにかく、スクリーンから流れてくる旋律を楽しむべき。『心で感じる』という言葉が実に相応しい。日常の疲れが吹き飛んだ。

    ● 製作代表 : CJ Entertainment
    ● 日本配給 : 東宝東和
    ● 世界公開 : 2007年10月06日 - アメリカ(HATCHfest Film Festival)
    ● 日本公開 : 2008年06月21日
    [PR]
    by movis | 2008-06-16 01:55 | ドラマ
    レッスン! / Take the Lead
    ● レッスン! / Take the Lead [アメリカ / 2007年]

    b0055200_1144156.jpgニューヨークのスラム街に位置する公立小学校で、生徒に社交ダンスを教えたピエール・デュレインという男の実話に想起を得た作品。意外や意外、社交ダンスって格好良い。さらに、それが子供たちを救えるのだとしたら、すごく素敵なことなのではないだろうか。



    監督は、リズ・フリードランダー。「ピエール・デュレイン」役には、「デスペラード」「マスク・オブ・ゾロ」のアントニオ・バンデラス。「ロック」役には、「小説家を見つけたら」「コーチ・カーター」のロブ・ブラウン。「ラレッタ」役には、ヤヤ・ダコスタ。「オーガスティン・ジェームス」役には、「クロスクリーク」「フォーガットン」のアルフレ・ウッダード。「モーガン」役には、「Shall We Dance?」にも出演し、社交ダンス界の実力派であるカティア・ヴァーシラス。「ラモス」役には、「フック」のダンテ・バスコ。「エディ」役には、マーカス・T・ポールク。「サーシャ」役には、「ステップ・アップ」のジェナ・ディーワン。「ティナ」役には、ローラ・ベナンティ。

    "Never Follow."
    ニューヨークのとあるスラム街。社交ダンス・コンテストを終え、自転車で帰路を行くダンス・スクール講師「ピエール・デュレイン」は、自動車を破壊している黒人の少年と遭遇する。少年は「デュレイン」の姿をみとめて逃げ去ってしまうが、握っていた自動車の駐車IDを落としていく。翌日、IDの持ち主を訪ねる「デュレイン」。彼女は、問題児が多いことで有名な高校で校長を務める「オーガスティン・ジェームス」であった。強気な「オーガスティン」の姿勢に、終始押されっぱなしの「デュレイン」であったが、彼女の生徒に対する愛情を知って…。


    1994年、社交ダンス界では著名なピエール・デュレインがニューヨークの公立小学校で社交ダンスを指導するプログラムを開始し、やがて各地の中学校や高校にも影響の幅を広げたという。この作品は、そんな実話をモチーフに製作され、彼と同名の社交ダンス講師をアントニオ・バンデラスが演じる。HIP-HOPにウーハーが鳴くクラブに高校生が集うシーンと、煌びやかで上品な雰囲気に包まれる社交ダンス・コンクールのシーンが心地よく切り替わるオープニングにも窺えるが、カメラ・ワークや映像の流れが巧妙で、なかなかスタイリッシュであった。

    「デュレイン」が荒くれ高校生たちに社交ダンスを教えるキッカケに始まり、社交ダンスを揶揄していた彼らが徐々に「デュレイン」の指導に乗ってくる物語の紆余曲折などは、117分という尺の割にしっかりと描かれている。「ティナ」、「ケイトリン」、「モーガン」などの脇役と織り成すサイド・ストーリーも主張が過ぎず、程よいバランスを保っている。「デュレイン」の人間が出来すぎていたり、と登場人物に現実感が伴わず、淡白な印象を受けた点が気になるところではあるが、劇場作品に初挑戦したリズ・フリードランダーは評価されてしかるべきだろう。

    音楽やダンスで第三者が良い影響を与えていく青春ドラマといえば、思わず「天使にラブソングを2」を浮かべてしまったが、ストーリーに対しては"ありがち"な印象が否めない。だが、ドラマとして手堅い作品に仕上がっている理由は、"社交ダンス"という教育テーマが説得力を持っているからか。なぜ教育に社交ダンスであるのか……それは是非、作品を通して納得して頂きたい。

    ● 製作 : New Line Cinema
    ● 配給 : GAGA Communications
    ● 公開 : 2006年 (アメリカ)
    [PR]
    by movis | 2008-01-19 15:14 | ドラマ